笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


中国人は嫌われない

2016/12/22 10:08|メルボルンのニュースTB:0
年々豪に増え続ける中国人。
企業を乗っ取り、不動産を買い漁り、メディアを裏で操り、近年は政治家も続々と輩出し、まさに豪を乗っ取らんとの勢いにある華僑の膨張。
普通ならば「出ていけ!」の大声が聞かれても良さそうなものだが、多少の非難が出る程度で、大々的なアンチチャイニーズの運動は起こっていない。

なぜか。
それにははっきりとした理由がある。
中国人よりも下がいるからだ。
いや失礼、言い方が悪かったかな。
中国人よりも目障りな存在がいるからだ。
それはどんな奴らか。

それは。。。ジャパーニーズだっ!

なーんちゃって

そんなもん、モスリムと黒人に決まってるじゃないか。

そのダブルネガティブの黒人モスリムなんてメディアは極力報道しないが、巷ではもう毛虫のように忌み嫌われている。
もちろん黒人やアラブ系モスリムの全員が悪いというわけではない。
ただ白人、アジア人(インド系を含む)に対して極悪の率が極端に高いのは巷の常識である。
しかも彼らは集団で極悪する。
そして前述のとおりメディアはその問題をほとんど扱わないだけでなく、極左偏向ABCなどは、未だにその極悪の母体とも言うべき難民を受け入れようとか血迷ったことをほざいている。
それもあって多くの善良な豪住民(サイレントマジョリティー)は、自分や家族の生活が脅かされ、税金が無駄遣いされ、民度が低下し、将来に不必要な禍根を残すことに叫び狂いたいほどの憤りを感じているのだ。
だがみんな公にそう叫ぶことはできない。
でも安全な同胞だけの会合、ほら日本人同士でそのバックグラウンドも知り尽くしている者が集まった時、皆本音で盛り上がるだろ、その状況下において少し前まではアラブ系モスリム、今はアフリカ系黒人がボロカスに言われているのだ。

近年増加の一途にあるアフリカ系黒人。
そしてここメルボルンではその黒人集団による犯罪も増加の一途をたどっている。
サンシャインなど西地区を担当する知り合いの警察官がスーダニーズ系の黒人は最低だ!と怒りを込めて言っていたが、そのズーダン系をメインとするAPEXと呼ばれるギャングが近年台頭し、殺人、レイプ、強盗、車盗など数多の極悪非道事件を引き起こしている。
この間話した弁護士も「奴らは簡単に人を殺す!」と憎々しげに言っていた。
彼らは西地区のサンシャイン周辺、西郊外のターネイト、東南のダンデノン周辺に固まる傾向にあり、それらの地区は最近ヘラルドサンで報道された通り治安が大幅に悪化している。
それだけではない。
彼らが多く入ってくると、当然のごとく白人が逃げ出す。
よって不動産が下がる。且つ地区がスラム化し、学徒の質も下がり学校の成績が落ちる。
先週のVCE(ビクトリア州統一テスト)の結果を見ても、その傾向は如実に出ている。
上記地区周辺の公立校でVCE平均30を超えている高校は無かったと記憶している。
さらに黒人は身体的にも大きく、敏捷で、夜はステルス、肉体的に脅威を感じる人も多いだろう。
おまけに難民系が多く、その多くは働かない。
つまり彼らが増えると、治安が悪化し、不動産が下落し、学業が低下し、地域の負担が増し、暗闇が恐怖となってしまう、それがメディアの伝えない巷の実態なのだ。

逆に中国人はどうか。
私の住んでいるモナッシュ地区には中国人が大変多い。
夕暮れ時には多くのアジア人が夫婦で散歩しているが、ヘラルドサンの統計にもあったように治安は良い。
彼らは私と同じくチビで貧弱で見るからに弱そうだ。
よって肉体的脅威を感じない。
かつ現時点で中国人は金がある。
彼らが増えると不動産が暴騰する。
グレンウェーバリーやマウントウェーバリーなどは大した地区ではないが彼らのせいで今やミリオンダラーサバーブだ。
不動産が上がると家主は心が大きくなり安心して金を使う。それが地域のビジネスに恩恵をもたらす。
また中国人の子弟は勤勉であると評判である。
学校によっては意図的に中国系生徒を誘致しているところもあるが、とにかく彼らが来ると学校の成績が上がる。
さらに彼らはがめつく働く。
オージーの店が朝9時から夕5時の間のみ開店して「客来ん」とぼやいて潰れていくのに、彼らの食品店は朝七時から夜八時くらいまで開いている。日曜日も休まない。(衛生上の不安は大いにあるが)
つまり全てのカテゴリーにおいて黒人増加地区と対照をなすのだ。
治安は良好、不動産は暴騰、学業は優秀、仕事は勤労、おまけに地域経済の活性化。
だから中国人は嫌われない。


奴らがいなかったら。。。そりゃあ嫌われるさ!
目障りな存在ナンバーワンになるからね。
家を買えない人は現時点で殺したいはず。
スポンサーサイト
トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/785-6d655997

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.