FC2ブログ

笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Finding Dory 星5つってマジ?

2016/06/20 18:29|メルボルンライフTB:0
私は滅多なことで映画館には行かない。
最後に行ったのは5年前の事だ。
今時映画なんかなんぼでもネットで見られるのになんでわざわざ映画館に行って椅子に座ってじっとして見なければいけないのか。
それにみたいと思う映画が殆どない上に映画自体が年々面白くなくなってきているというのも理由だ。
特にディズニーは嫌いだ。
昔っから嫌いだったが今はもっと嫌いだ。ディズニーの映画と聞いただけで虫唾が走る。
そんなディズニーを憎悪する私がなぜディズニーの映画を見てしまったのか。
それには深い理由が。。。あるわけないじゃん。
がしかし、たいした理由ではないがそれなりの些細な小市民レベルの理由があるのだ。

私の家には、一年以上ホームステイしている18歳の少女がいる。
彼女が初めてうちに来たのは17歳の時。
その彼女と私の間に、愛が芽生えた。。。わけではない。
そんなことになったらヘラルドサン(メルボルン1の新聞)の表紙になってしまうし、今後ホームステイが来なくなってしまうからね。あ、その前に嫁に殺されるわ。
だから私も自重はしている。
せいぜい青空にひらめく若々しいパンツを見て、「ああ生まれてきてよかった。。。」と両親に感謝する程度だ。

そのホームステイの彼女がついに我が家を出ることになった。
私がヨバッタ。。。からではない。
やはりホームステイは高いし、友達とシェアして新たな環境に暮らしたいというのが理由だが、もしかしたら彼氏ができたのかもしれない。
もしそうだったら残念だ。そして悔しい。
なぜこんな気持ちになるのか。
実はこの子の前のホームステイも20歳の女の子で、その子も半年ほどうちにいたのだが、彼氏ができたとたんうちを出ていった。
家を出る前に彼氏を連れてきたのだが、その時も胸の焼けるような不快感に襲われた。
私はその子が特別可愛いと思ったこともないし、ましてやズリネタにしたことも一度もないのだが、何とも言えぬ切なさを感じたのを覚えている。
なんだこの不快感は?とその時は分からなかったが、後から考えてみると、あれぞまさに父親の気持ちだったのだろう。
「よくもワシの娘をこんなクソ野郎に!」
娘を持つ父親は皆こう心の中で叫ぶのだ。
もっともその娘が30歳を超えたらガラリと態度も変わるだろうがね。
「捨てたら殺すぞ!」
みたいに。

さて話を戻すが、その一年以上うちに住んでいる18歳の少女のお別れ会をすることになった。
最初は家でパーティーをという話だったのだが、はにかみ屋の彼女は、そんな事されたらはずかしいと言うのでレストランにいくことにした。
メンツはうちの家族三人と、これもうちに一年以上いるホームステイの25歳の男、そして彼女の5人だけだ。
グレンウェーバリーのキングスウェイスクエアの漢字(かんじ)という日本食レストランに行った。最初は和屋(わや)というレストランに行く予定だったのだが、満席且つ行列ができていたのでやめた。
私は絶対並ばない主義でね。すぐに座れてそこそこ見栄えのいい店ということで「漢字」という二階にある店にしたのだ。

その店、スタッフは殆どが中国人だったようだが味は悪いとは思わなかった。値段もそこそこだったし、まあいいんじゃないのと言った印象だったのだが、前菜を皆が食べ終わった後、18歳の少女が、やや思いつめた顔をして席を立った。
(かわいそうに。。。うんこなんだな。。。)
私は素直にそう察し、そんな彼女からそっと視線を離した。
その後彼女が席に戻ってきて皆メインミールを食い終わった後、うちの子と(もう大人だが)、ホームステイの男が「たこ焼きを食いたい」と言ったので、追加でそれを頼むことにした。
するとウェイトレスが。。。
「支払いはもう終わっていますが。。。」
と言ったのだ。
「何っ!?どういうことだ!?」
と私が言うとウェイトレスは、18歳の少女を見た。
「私が払ったんです。これまでお世話になったお礼です。。。」
彼女は涙ながらに言うではないか!
彼女はあの席を立った時に誰にも言わず支払いを済ませていたのだ。
ああなんという可憐!何という奥ゆかしさ!
私は感動した。
そして恥じた。
そんな彼女の純情(こころ)を知らず。。。うんこだと、自分のレベルで決めつけてしまっていたのだから。。。
ああ、私は何というダサい男なのだろう。ダサいダサすぎる。
こんなことじゃいけない。
私は18歳の少女に人の道を教えられ、自らを深く反省した。

「いやあわりいなー、おごってもらって、ありがとー」

ってやったら、私は人間失格だろう。
もちろんその分は、後で彼女に払った。

さて店を出てから、まだ時間も早いし、どこかへ行こうということになった。
男のホームステイがカラオケを主張し息子がそれに同意したから、最初はカラオケ屋に行くことになったのだが、どうも女二人は乗り気でない。
道を歩いていると「Finding Dory」の映画の宣伝板が映画館の外に立っていた。
「あ、これ見たい」
18歳の彼女がそう言った。
今日の主役は彼女だ。彼女がそう言えば、みな従わなければならない。
「お、いいね!」
私は心にもないことを言った。
心の底では死んでも見たくねと思いつつも、彼女の優しさに打たれた今、そんな態度はおくびにも出せない。
映画は3Dだった。
実は3D映画を見るのは初めてで、その映像は、まあすごいんじゃないのと思ったが、内容は予想通りカスだった。
特別なメガネを1ドルで買わされて見たのだが、その立体感。映画の間中ずっと私は、これもしかしてAV女優も仕事が無くなるんじゃねえの?と彼女らの心配ばかりしていた。

映画を見た後、嫁が「キュートな映画だったねえ」と満足げな声で言う。
18歳の少女も「うん」と笑顔で頷いた。
その笑顔に嘘はなかった。
「あんたもよかったと思うでしょ?」
今度は嫁が私に聞いた。
「おおお、おうっ」
私は歯をにっと見せ満面を皺にして笑った。
その笑顔は全て嘘と言ってもいいだろう。
25歳の男ホームステイが私のそばにつつつと近づいて耳元で
「本気でそう思う?」
と囁いた。
「んなわけねーよ」
二人は目をニカッと合わせて頷いたのだった。

家に帰ってから、私はネットでFinding Dory のレビユーをチェックした。
「え、嘘?」
どれもこれも、4スター、もしくは5スターになっているではないか!?」
世の中どこか狂ってる!
最近こう思うことが多いのは私だけだろうか。
もっとも少女の純情をうんこと勘違いするような奴が言っても説得力はないがね。
スポンサーサイト
トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/779-e779b124

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。