笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイ婚について思う

2015/06/01 19:11|未分類TB:0
私はホモではない。
正直言って男の裸を想像しただけで吐き気がする。
柔道をやっていた頃は、横四方固めで股をつかむ手にコリッと金玉の感触があっただけで寒気がした。
その代り女は大好きだ。
世界中の美女と寝技して、抑え込んであげたい。
だからホモの気持ちなんて全く理解できないし、男を見てちんぽが立つなんてことは天地がひっくり返ろうともありえない。

でも世の中にはそうでない人たちがいる。
それがゲイと呼ばれる同性愛者の人たちだ。
いったいどのくらいの割合で同性愛者がいるのだろう?と思いウィキで見てみると、豪2014年の統計で全体の3.1%。(男性1.9%、女性1.2%)となっている。ま、100人に3人の割合だ。
思ったより少ない。
しかし少数派だからと言って無視していては気の毒だ。ぐれるだろう。
例えばゲイでなくとも世の中には変わった趣向の奴がかなりいる。
セックスよりオナニーのほうが好きなやつ、まんこが見えるよりパンツが見えたほうが嬉しいというやつ、またはおっぱいを舐めるより足を舐めるほうが好きなやつ等、人間界に変態は多い。
そんないろんな少数派が集まって人間社会は成り立っているのだから、他人に迷惑さえかけなければ個々の変態的嗜好には寛大であるべきであると私は思う。
でなければこのルールだらけで世知辛い今の世の中人間息が詰まって窒息死してしまう。
がしかし、こと結婚となると。。。

今、豪ではアイルランドのゲイ婚リファレンダム是の結果を受け、ゲイ婚に関する議論が盛んになっている。
左派労働党リーダーのビル ショーテンや極左緑の党のセーラ ハンセン ヤングが待ってましたとばかりにプッシュしているが与党右派自由党のトニーアボットは乗り気ではない。
ビル ショーテンや セーラ ヤングは筋金入りのアホであるから、基本的にはこいつらの言う逆をやっていればまず間違いないのだが、この件もまた例外ではない。

私は個人的には、ゲイのカップルにMarriage(結婚)を認めるのはおかしいと思う。
結婚とはやはり男女の間でファミリーレイズを前提になされるものであって、仮に身体的理由、経済的理由、思想的理由により、子供ができなかったとしても近親関係にない男女というのは大鉄則であるべきであると思う。
でなければ、もしゲイカップルの結婚を認めた場合、好き同士なら誰でもいいという原則になって、今度は兄弟姉妹、親子、挙句の果てには「俺おばあちゃんに惚れた。結婚するぜ」とか「わしゃ孫娘が好きでのう。死ぬ前にはらませるのじゃ」みたいに、滅茶苦茶になってしまう。
ゲイカップルにはゲッ婚とか‟ENGAYGE”とか何か違った言葉で同等の権利を認めてあげればいいのではないかと思う。
それはそうと、私はこのゲイ婚議論を大々的にやっている神経には正直辟易している。
ゲイはゲイであって恥じる必要もないし隠す必要もないが、威張って言いふらしたり、パレードしたりするのはどうにも感心しない。

だいたい子供達にどう説明するのか。

よいこ:「ねえ、パパ、ゲイって何?」
パパ:「ゲイっていうのはね、男なら男同士、女なら女同士で愛し合うことなんだよ」
よいこ:「男同士で愛し合うって?」
パパ:「わかりやすく言うとけつの穴にちんぽを突っ込むんだ」
よいこ:「そんなあ。。。」

ほら、あまりいい影響を与えるとは言えんでしょう。

そもそも神は子孫を存続させるためにオスメスをつくった。
人間だけでなく生きとし生けるもの全てオスメスの交わりによって新たな生命が生まれ種族が存続していく。
ゲイはその神の意に反するのだ。
断っておくが私は神も仏も信じない。ついでに言うと死後の世界も信じないし、霊魂など無いと断言する。
証拠がある。
「もし霊魂があるなら、人間など牛や豚や魚やゴキブリやシロアリの霊魂にとっくに呪い殺されておるわ!」
私が神を語るのはいわば分かりやすく説明するためである。
ほら、ドラゴンボールで神様が緑色のハ虫類だっただろ。あれと同じで大した意味はない。
ともかくゲイの方がたは自然の意に反しているのだ。
だからと言ってゲイを差別するわけではない。
そんなふうに生まれたんだからそれは仕方ないことで、無理にへテロセクシャルになれなんて理不尽なことも言わない。
ただあまり大声で言わないんで欲しいんだ。
それだけさ。
オーストラリアで日本語で書いても全然意味ないけどよ。


ゲイ人口参考
http://en.wikipedia.org/wiki/Demographics_of_sexual_orientation
スポンサーサイト
トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/760-77410d7e

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。