笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰安婦像全豪設置計画と多文化主義の弊害

2014/03/06 16:00|海外から見た日本の領土問題TB:0
ニューサウスアジアにビクトリアジア、豪人口に占める移民の率も四分の一を超え、アジア人率は全体の12%、NSW州では18.97%、ビクトリア州では15.47%と二大州では全国平均よりも高い数字になっています。(2011年センサス)
しかし、体感するにそんな数ではないでしょう。
センサス(国勢調査)でマトモに答えていないか、嘘をついているか、無視しているか、不法滞在か、とにかく理由は知りませんが、ここビクトリア州全体では30%くらい、シティーでは60%、グレンウェーバリーの飲食街では90%くらいでしょう。
しかもものすごい勢いで増えているように感じます。
特に中国人が。
昨日も中国資本の不動産投資がトップというニュースがありました。
その額は過去一年でほぼ$6ビリオン、過去七年では$24ビリオン、さらに向こう七年で$44ビリオンの投資が予想されているとのこと。
PC_narrow_4Mar-overseas-investors-in-Aussie-prop-300x0.jpg
過去一年の豪不動産国別投資額(記事下参考、中国資本豪不動産買漁り記事より)

このままではさらにますますどんどん中国人が増え続けるに違いありません。
もう10年もすれば、ニューサウスチャイナにビクトリーチャイナになってしまいます。
一体どこで間違ってこんな風になってしまったのでしょう。
そもそもの発端は、マルチカルチャリズム(多文化主義)というお花畑的政策に始まります。
この政策は1975年白豪主義廃止以降の豪政府が国家的汚名返上と経済的発展を軸に推進したのですが、元々の趣旨は移民者の出身国の文化を尊重しつつ、豪人としてのアイデンティティーを確立していくというものでした。
それがいつの間にか前者が幅を利かし、後者が完全に置き去りにされました。
つまり、自国の文化を持ち込み、自国人で固まり、自国語で話し、自国人の繁栄を最優先し、自国の有利に工作してもOK。
と、いう風に歪めて理解されてしまったのです。

そのせいで豪国内には、大っぴらにはなっていませんがコミュニティー間の勢力争いが多々あります。
排他的ユダヤ教とイスラム教の確執。イスラム教徒の一部などは、イスラム教徒は独自のシャリア法で裁かれるべきだと唱えてます。その両方とも豪人にはこっぴどく嫌われています。またギリシャ系とトルコ系、セルビア系とクロアチア系など豪に来てまで仲が悪い。さらにご存知の通り中国人と韓国人は不動産を買い漁るだけでなく、大量植民させ露骨に自国のために図っています。
最近ニュースになっている中韓による『慰安婦像全豪設置計画』などはその一例でしょう。
まったく「終わった事をいつまで言うとんじゃ!恥を知れ!」と思いますが、中韓政府は国交正常化の意味を分かっているのでしょうか。
しかもその時に過去を放棄し、莫大な補償金(経済援助金)を受け取っているにも拘らずです。
どこの世界に二国間の問題を第三国に持ち込もうとする考えの人がいるのでしょう。
また当事者でも無い子供たちに憎しみを植え付けて一体どんなメリットがあるのでしょう?
人生を暗く歪めてしまうだけでしょう!
世界中から移民者が新たな夢と希望を持ってアメリカや豪の新天地にやってきます。
その人達と前世紀のその前半の慰安婦とやらと一体何の関係が有るのか!!!
アメリカのグレンデール市など、それを認めるほうも認めるほうです。
狂っています。それともキムチの媚薬に酔いすぎているのでしょうか。
でもそんな不条理がまかり通ってしまう。
昨今の人類は、がんじがらめの法律と、偽善主義者の世迷言によって物事を正しく判断するために必要な、コモンセンスとモラルが欠如してきています。
それに多文化主義の悪用が相まって、中韓等非道の跳梁を助長し、その狂騒的独善主義が暴走しているのです。

とにかく私は豪に移民して以来ほば四半世紀、多文化主義というものを見てきました。
結論から言うと、豪における多文化主義は大失敗です。
最低です。
やるならば統一主義だったでしょう。
どこの国から来ても、どんな肌の色でも、どんな宗教でも、オーストラリア人として生き、オーストラリア人として待遇され、オーストラリアの旗の下に団結する。
そうでなければ国は国として成り立ちません。
賢明なリーダー、ジョン ハワードは1988年野党党首時代にその愚かさに気付き、ワンオーストラリアポリシーなるものを掲げたものの逆風で頓挫しました。
またジュリアギラード、トニーアボットも“マルチカルチャリズム”を死語化し極力忌避しています。
しかし市民の間には生きています。特に馬鹿の間には。

今の豪は一見平和に見えますが内実はバラバラです。
豪で生まれた二世でさえ、サッカーワールドカップの時などは豪チームではなく、自分の血統国を応援します。
豪だけではありません、何年か前、ドイツとイギリスの首相がマルチカルチャリズムは大失敗と宣言しましたが、その他の欧州国でも相次いで失敗宣言と懸念が表明され、オランダとデンマークでは国家政策がモノカルチャリズムに回帰されました。
豪のような元々英国移民によって立国した国でさえ、また民族移動の絶えなかった欧州でさえそうなのです。
元来単一民族で、たかが60万人ほどの在日にさえやられ放題の日本が、やれ移民受け入れだのTPP加盟だの上手くいくと思いますか?
日本はどうかフラワーファンタシーの連中に惑わされる事無く、安易に移民を受け入れたり色違いのブロックに嵌め込まれたりしないようにしてください。

参考
中韓団体 慰安婦全豪設置記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140214-00000028-yonh-kr
http://the-liberty.com/article.php?item_id=7463
豪移民記事
http://www.abc.net.au/news/2014-01-27/an-australia27s-foreign-born-population-on-the-rise-as-record-/5221196
http://en.wikipedia.org/wiki/Asian_Australian
中国資本豪不動産買漁り記事
http://www.theage.com.au/business/property/locals-priced-out-by-24b-chinese-property-splurge-20140305-346hd.html
スポンサーサイト
トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/738-bf17bbf6

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。