笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの子と自閉症9 

2014/03/03 10:00|自閉症.AUTISMの真相TB:0
話は随分前後するが、そんな事を気にしていてはブログなんて書けない。
今回の分は『自閉症.AUTISMの真相』http://melozy.blog.fc2.com/blog-category-9.html
に綴られている『うちの子と自閉症8』の続きである。
どの辺が真相なのかは知らないが、とにかく事実を回想したものである事は確かである。
そこには自閉症の子供の特徴、対処、医療などがふんだんに盛り込まれている…はず。
だから、読め。


ウチでは、高機能自閉症、アスパーガスシンドロームであるうちの息子の事をアスパーガンと呼んでいた。
「お前はアスパーガンやからのう…」
と。
専門書等ではアスパージアン(Aspergian)とか書かれているが言いにくいのでウチではアスパーガンにしている。
アメリカ人をアメリカンと呼ぶようなもので、日本語にすればアスパーガー人である。

さて、そのアスパーガンのマッシュは中学二年になった。
相変わらず残忍な不良のキャメロンとの争いは続いていたが、既に豪は白人絶対優位の国では無い。
キャメロン一派はすべてアンサク系白人で、アジア人黒人をはじめ全ての移民系、加えて白人でもデブは差別するといった具合であったから、その系列がすべてマッシュの味方についた。
体育の時間に争いになってもマッシュ側の応援が数で圧倒し、キャメロン一派を駆逐した。
そういう学校生活が続いていたが、マッシュの成績のほうは常に理数ではトップ、総合でも一位か二位だった。
二位のときは決まって同じクラスの中国系の女の子がトップだった。
数学は小学校高学年から元高校数学教師の家庭教師についてもらっていたが、その先生が病気で入院した為、中学一年からは元大学数学教授についてもらっていた。
ギリシャ系で今の世なら間違いなくアスパーガンと診断されるような変わり者の先生であった。
声が馬鹿でかく、同じく声の馬鹿でかいウチの子とは変人同士ナイスマッチだった。
声音の調節が出来ないのはティピカルなアスパーガンの特徴で、同じく史上のアスパーガンと推察されている織田信長も声が馬鹿でかかったと記録されている。
マッシュはその先生のもとで中二でありながら高校の数学をやっていた。
「中三などやる必要は無い。飛ばして優秀高の試験を受けなさい」
中二の後期に入ってすぐその先生が言った。

豪の教育システムでは普通中高一貫で6年間を同じ学校で過ごすのだが、優秀生の多くはセレクティブスクールと呼ばれるエリート高に9年生前後から進学する。
ここビクトリア州にはその政府セレクティブスクールが六つある。そのうちの一つにと先生は勧めるのだ。
私もその意見には賛成だった。
私はこれでもTAFEで落ちこぼれ用の高校教育を受けた。イヤー10,11,12であるが、そのイヤー10のあまりのレベルの低さには絶句したものだった。
とくに数学のレベルはひどいものだった。
日本の高校ではハクション大魔王(数字を見るとじんましんが出る)と自他共に認め、数学のテストでは赤点すれすれであった私が、クラスでアインシュタインと呼ばれNSW州でトップだったのだから。(もっともイヤー11,12では化けの皮が剥がれトップではなかったが)
イヤー10でそうであるからイヤー9は推してしかるべきであろう。
「おう、イヤー9なんか飛ばせ!時間の無駄じゃわ!」
と私も大いにプッシュした。
セレクティブスクールの情報に関しては在籍中の高校は優秀生を逃さないために極力秘匿する傾向にある。
であるからその情報収集は基本的に自分でしなければならない。
ウチの場合は全てマッシュが勝手にやった。

そして春、彼はその優秀高の入学テストを受け難なく合格した。
一年遅れで小学校をスタートした彼は、この時点でその一年の遅れを取り戻したのである。

参考
http://www.characterlibrary.com/handy/320_1.html
スポンサーサイト
トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/736-75a901c7

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。