笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


トニー アボットがまともな事言ってるぞ!(難民編)

2014/01/24 14:00|オーストラリアのニュースTB:0
さて、次のニュースもまたトーニーだった。
今度は救助されたアサイラムシーカー(ボート難民)が豪の海軍兵の扱いが悪くて火傷した-と大げさに訴えているものであるが、それについてまたABCが、さも自由党政府の難民スタンスを非難するかのようにトーニーにインタビューするのだが、トーニーは 
「その情報に関しては何一つ裏付けが取れていない。海軍側は扱いが悪くて火傷したとは一切発表していない。あんたならどっちを信じる?ボート難民か?オーストラリアの海軍兵か?私はもちろんオーストラリアの海軍兵を信じる!」
と断固として言い切ったのだ。
おお、またしても馬鹿面トーニーがまともなことを…
私の中でトーニーの株が一段と上昇した。

私はボート難民なんて一人も移民として受け入れるべきではないと思っている。
一時的に救助し、施設に収容し、速やかに本国へ送り返す。
それでいい。
そもそも私は彼らに声を大にして言いたいことがある。
「自分の国から逃げることに命をかけるなら、自分の国をまともにすることに命をかけろや!」
と。
そして自分の国をまともにしてから、私たちと同じように、正当な手続きを踏み、書類審査を経て合法的に移民すればいいのである。
日本だってイギリスだってフランスだって数々の内戦と革命を経て今日に至っているのである。
それを見倣うどころか同胞を置き去りにして自分達だけ安全な国へ逃げようなどと…。
しかも助けてもらっているのに感謝するどころか、「待遇が悪い!」とか「豪本土へ移せ!」とか不平不満を垂れ流し、挙句の果てには暴動に放火、ハンガーストライキなどとその恩を仇で返す行為の頻発には開いた口が塞がらない。
500423-villawood-detention-centre.jpg
ビラウッド収容施設の放火

そのような卑怯人間を受け入れるなど言語道断。社会秩序を乱す元である
であるのに先の労働党政府は、それら難民キュージャンパー(順番抜かし)を正規移民志願者よりも厚遇し、優先的にビザを与え住むところまで世話してやっていたのだ。
中には結婚しているのに何年も永住ビザを待たされる者もいる。学生はあれほど豪に金を落とし、勉学に励み、法令順守であるのに、ビザの延長さえ認められないこともある。オージーのホームレスだっていっぱいいる。
その彼らを差し置いてのあまりに理不尽な仕打ちに豪国民は心底辟易していた。
その心の怒りを馬鹿面トーニーは馬鹿そうな顔してよくわかっているらしい。
自由党政権になってアサイラムシーカーへの待遇が急硬化し、以前のようにほいほいと受け入れるようなことは無くなった。
そもそもボート難民の多くは、ピープルスマグラーと呼ばれるエージェントに高い金を払い、豪本土の生活を保証されて来るのだという。
それが本土で生活できないとなると直ぐに自国に帰る者も多いとニュースは伝えているが、現にその事実は以下の数字になって現れている。
ac12680c-c434-11e1-8928-8fec962a9a3b_03p5asylum-7457.jpg

この統計を見ればわかるように、ハワード自由党政権が2001年に離島プロセスを打ち出してからボート難民の数は激減し、2008年にラッド労働党政権が本土プロセスとビザの緩和を打ち出してから激増している。
要するに難民といってもどこまで本当かわからず、その真の目的は豪への不法移民である。
中には元殺人犯や強姦魔、ドラッグディーラーなども混在すると各民間メディアが過去何度も伝えている。
それを緑の党のセーラ ハンセン ヤング などは
「無条件で入国させ、ご近所に住ませてあげましょう」
などと、国会議員にあるまじき無責任なことを主張し、しかもそれに賛同するお花畑な連中がいて、 それをまたABCのような極左メディアがサポートする。
嘆かわしい限りである。
今回のトーニーの発言は、良識ある豪国民の嘆きを代弁してくれたものであった。
胸のすく思いがした人も多かったのではないだろうか。
「サンクス マイト」

今日はトーニーのいい面を二つも見た。
私は実はトーニーアボットが首相になってかなり心配していた。
まだ心配が完全に払拭されたわけではない。
彼には何かとんでもなく馬鹿なことをやらかすようなそんな危険な雰囲気がある。
でも今のところ、先の労働党よりはいいと思っている。


アボット、ボートピープルなんか信用できるか!記事
http://www.abc.net.au/news/2014-01-23/abbott-says-no-evidence-to-back-asylum-burns-claims/5214050
スポンサーサイト
トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/719-0096397a

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.