笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーホリの覚醒4同居5

2013/03/10 21:52|連載小説ワーホリの覚醒4TB:0CM:3
路男磨がそのレストランに着いた時は3時過ぎで、丁度午後の中休みに入ったのかドアの掛札はCLOSEDになっていた。
試しにそのドアをドンドンと叩いたが誰も出てこない。
掛札の下に書かれてある営業時間を見るとディナーは6時からになっている。
「あと3時間か…いや5時になったらスタッフは準備に取りかかるはずだ」
路男磨は仕方なくドアの前に座り込み、時が過ぎるのを待った。

4時半を過ぎたが誰も現れない。
目の前を走るミリタリーロードが込み始め、少し前のバス停には市バスが3台連なってとまっている。
そのバスから二人の女の子が降りてこちらに向かってくるのが目に入った。
二人とも一目でわかる日本人で、近付いてみるとうち一人はなかなかの美人だった。
年恰好から見て路男磨と同世代のワーホリだろう。
「荒木優さんですね?」
路男磨はその美人な方に声をかけた。
NGプレスの簿津編集者から、なかなかの美人と聞いていたからである。
「ええ、そうですけど」
「ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」

そのまま立ち話で路男磨は彼女にお茶会のことを聞いた。
彼女は一回浴衣を着て給仕しただけでそれ以降はお呼びがかからなかったという。
だがその割には、会のことをよく知っていた。
なんでも先輩から色々と聞かされたのだという。
「場所はポイントパイパーだな?」
「ええ、早く行ったほうがいいわよ。その子何回目?」
「何回目って…さあ、二週間くらい前に話した時にそのこと言ってたから…」
「じゃあ今日が三回目かもしれないわね。だったらちょっとやばいわよ」
荒木優の声のトーンがあがった。
「やばいって?」
路男磨はバス停に向かおうとして、その声音に容易ならざるものを感じ彼女を振り返った。
「あのお茶会さ、別名なんて言われてるか知ってる?」
「知るわけ無いだろ、場所すら知らなかったんだから…」
「別名ね、よかったぜパーティーって呼ばれてるのよ」
「よかったぜパーティ!?」

路男磨はミリタリーロードを走るバスの中にいた。
5時を過ぎ、渋滞は一段とひどく、バスは遅々として前に進まない。
「早く、もっと早く走れよ!」
路男磨の頭の中にはさっき荒木優から聞いた『よかったぜパーティー』の話が駆け巡っていた。
なんでもそのお茶会は、豪有数の大金持ちの御曹司が主催者で、彼の趣味はお代官様となり、着物を着た日本人女性を手篭めにすることらしい。
彼はお茶にも日本文化にもまったく興味は無いが、日本の時代劇を見て以来すっかりお代官様に憧れ、
「おれも同じことやりたい!」とお茶会に事寄せて美女に着物を着せ、「よいではないか」と帯をぐるぐる回して押し倒し、最後に「よかったぜえ」と露な下腹部に札束を投げつける。
それが三度の飯よりも好きになってしまったらしい。
手口は、一回目で物色、二回目で懐柔、そして三回目で豪華な振袖を着用させ、海に面した豪邸の庭先に繋留されたクルーザーに乗せ本懐を遂げるという。
女はNGプレスで募集したり、何人かの日本人がエージェントになっていて、いい女をよかったぜ御曹司のところへ給仕として送り込むのだそうだ。

「そうか!貫斗はエージェントなんだ。だからあんないい車に…」
路男磨の不安は募る一方だった。
なんでも対象となる女は美人であるだけでなくインテリジェントでなければならないらしい。
それで高卒ワーホリの荒木優は一回目で却下され命拾いしたそうだが、彼女よりはるかに可愛くてインテリな麗蘭はどう考えても彼のよかったぜ対象としか思えなかった。
「ああ麗蘭、2回目であってくれ!振袖を着るんじゃない!」
路男磨はバスの窓から見えるシドニーハーバーの向こう岸、ポイントパイパーに向かって叫んだ。
スポンサーサイト
えびこ #ENFLnLwY|2013/03/13(水) 23:13 [ 編集 ]
頑張れ、ろおま、頑張れ、月は流れて東へ西へ。時間がないのか!謎解きと緊迫した空気がいいですね。
おーあお #-|2013/08/25(日) 22:53 [ 編集 ]
続き?どうしよう。。。どんな内容でしたっけ?
えびこ #ENFLnLwY|2013/09/12(木) 17:24 [ 編集 ]
おー青先生、
勝手に読者代表としてはろおまの恋路、ヒラリー体調変化、望詩とろおまの同居と彼女の彼への執着。アンドロギュニュス美少女のこれから、カントが誰かにぶっ飛ばされるかして痛い目みるか。あすおくんの果物屋通いが気になります。しかしながら先生のお体が一番です。ファンは気長に待ちます。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/699-54145e9e

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。