笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OVOサーカスはすごいのか!?

2013/03/05 18:12|メルボルンライフTB:0CM:2
私は瀬戸内のど田舎に育ったから、日本ではサーカスなるものを見たことがない。
だから日本のサーカスは知らないが、豪に住んでからは、近くに来ればたいてい見に行く。
私は、初めて豪でサーカスを見に行ってからその虜になってしまった。
あれはシルバースというサーカスだった。
その一座に若くて超美しい女の人がいて、その彼女がほとんどストリップ嬢みたいな格好で出てきて、大股開きで綱渡りや空中ブランコをやってくれた。
くらげのようにしなやかな体に、相撲取りより丸出しのケツ。
ああ、この女とならすごい体勢でやれるぞ!
私はその姿態を想像し、興奮し、彼女のまたぐらに惜しげもない拍手を送ったものだ。
以来、私の中でサーカスとはそうやって楽しむものと概念されている。

ところで今、メルボルンには太陽のサーカスなるものがカナダから来ている。
ショータイトルはOVO。
卵から生まれた昆虫をモチーフにしたパフォーマンスだ。
テレビやラジオで宣伝し、またバス停にもポスターが這ってあるからメルボルン在住の方ならご存知だろう。
先日私は、それを見に行った。
場所はドックランド。BOLTEブリッジの東側に見えるテントがそれだ。
P2050008.jpg

中に入り席に着くと、周りには虫のコスチュームを身にまとった人たちが歩いていた。
「ふ~ん、まさかブランコの女性もこんな格好なんじゃ…」
と嫌な予感がしていたのだが、その通り、出てくる女はみんな虫コスに身を固め、顔と手が露出されているだけだった。
ovo169-408x264.jpg

その時点でかなり失望したのだが、私も40過ぎの大人。
サーカスがストリップショーでないことくらいは理解している。
しかし…やはり私にとってそれは大きなマイナス点だった。
あんな凄いことする人があんな格好で…そこにえもいわれぬ興奮を覚えるのだ。
それは、もし高校の時ナンバーワンであった子がAVに出た―と聞いたら「あんな子がAVに出てあんなことを!?」と驚愕し、是が非でも見てえ…となる、その気持ちと似たようなものだろう。

それはともかく…前半は良かった。
アジア人4人組の足を使った曲芸、一輪車の綱渡り、太綱を体に巻きつけた女のエリアル…息を呑むシーンの連続だった。
しかし後半は…正直言ってがっかりだった。
虫コスの三人組みが出てきて、見てて恥ずかしいギャグを連発。
またその笑えないギャグに笑う客にもキモいものを感じた。
加えて私と息子が「はひふへほ…」と呆れている隣で嫁が笑って拍手していたのも怖かった。 
最後のとりはトランポリンで中にはオリンピック選手もいたようだけど、なんか…言っちゃあ悪いけどいまいちだった。
見る人が見れば凄いのかもしれないけど、やっぱりトランポリンで高く跳ねてもねえ。
マラソンで42.195キロ走るのはすごいけど、自転車で同じ距離走ったって言われても…そんな気分だったな。

でも全体的には一生懸命さが伝わってきて悪くは無かった…けど、値段が中席で大人125ドルだからね。
正直高すぎと思ったよ。
ライバルの豪国内を回っているシルバースやロヤールの約4倍だ。
カナダからわざわざ来てくれて本当に申し訳ないけど、個人的には30ドルでシルバースの露出軟体美人見ているほうがいいと思ったよ。

あ、ショーは3月末までやってるそうですよ。

http://www.cirquedusoleil.com/en/shows/ovo/default.aspx
http://www.silverscircus.com.au/
http://www.circusroyale.com/
スポンサーサイト
TUNA #-|2013/03/05(火) 19:28 [ 編集 ]
シルクドソレイユ世界一有名なサーカス団になった事もあり
今は常設で世界あちこちで上演しているので
その為チーム数を増やさなければならず必然的に
レベルが下がって来ているのは否めませんね。

十何年前にシルクの来日公演を見てびっくりしたのを覚えてますが
あれから来日公演がある度に質が下がってましたからね。

常設のラスベガスならきっと凄いはず!と思って行きましたが
ラスベガスだけで同じシルクの公演が5つもあり演出や舞台装置が凄いだけで
「真の身体を使った技」にびっくりする事は無かったです。

それよりユーチューブで青森大学新体操部見ている方がタダで楽しめますよ(笑)



Melozy #-|2013/03/05(火) 21:51 [ 編集 ]
> 演出や舞台装置が凄いだけで
> 「真の身体を使った技」にびっくりする事は無かったです。

それはまさに、私が感じた印象と同じです!
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/698-ca643a18

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。