笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


ワーホリの覚醒4同居4

2013/03/04 19:26|連載小説ワーホリの覚醒4TB:0CM:0
下に降りるとちょうど、オレンジ色のBMWクーペがガレージから出て行くところだった。
ふと中を見るとなんと、運転しているのは力崎貫斗ではないか!
「おかしい…絶対おかしい…」
路男磨の胸騒ぎは張り裂けんばかりになり、ダッシュでそのBMを追った。
「おい待て!待てよコラ!」
路男磨は後ろのブートの所にしがみつくような格好で叫んだが、BMは逆にアクセルを吹かし、路男磨を突き飛ばすように走り出した。
しかしバックストリートは狭くそんなに飛ばせない。
路男磨はあきらめずにその後を追った。
ジョンストンストリートに出る交差点の赤信号でBMは止まった。
路男磨はそこで追いつき助手席のドアを開けた。
ロックはかかっていない。
「お前、麗蘭と一緒に住んでいるのかっ!?」
路男磨は顔を中に突っ込んで言った。
「ああ、今日まではな…」
意味ありげに貫斗はニヤリとした。
「今日までは?…どういうことだ?」
「今夜からあの女は男と住むのさ…」
「お、男って…」
その時信号がグリーンに変わった。
「どけよ、貧乏人」
そういい残し、オレンジのBMは去っていった。

「男?…男は俺のはずだが…」
路男磨はBMのテールを見ながらボソッと呟いた。
ついこの間話した麗蘭の口調に間男の匂いは微塵も感じられなかった。
彼女の声音は自分への愛情に満ちていた…としか路男磨には思い出せない。
「とにかく…早く彼女を救い出さねば…」
貫斗と一緒に住むなど飛んで火にいる夏の虫、いつか必ず酷い目にあうのは目に見えていた。


路男磨はクレイグのバチュラーユニットに向かって歩いている。
そこに昨日置いてきたバックパックを取りに行くためである。
だがその途中、さっき貫斗が言った言葉が耳に蘇ってきた。
「待てよ…あいつ確か…今夜って言ったな…今夜?…普通に考えたら今夜他の男に抱かれるということか…?」
路男磨は街を目指して全力で駆け出した。
不安と焦燥が彼を錯乱させやみくもに走らせたのだ。
「畜生!やっぱり昨日行っとけば…レイラーッ!」


街の中心まで走った。
タウンホールの階段に腰を下ろした時には、汗が前髪の先からぽたりぽたりと落ちていた。
「いるはずがない…」
この広いシドニーの街をどんなに一生懸命走り叫んだところで、麗蘭が見つかるはずはなかった。
路男磨はそこで暫く息を整えていたが、麗蘭がどこにいるのかは皆目見当がつかなかった。
とそこへワーホリと思われる女の子が現れて隣に腰を降ろした。
彼女はちらりと路男磨の方を見た後、ナップサックの中から新聞を取り出した。
その新聞は、英字ではなく日本語で書かれていた。
その新聞に目を這わせながら彼女はまた路男磨のほうに視線を投げた。
「それNGプレスですか?」
路男磨は声をかけた。
「え、日本人の方なんですか~!」
女は黄色い声で仰々しく驚いた。
〈しらじらしい女…〉
路男磨は思わずウププとなりそうになったが堪えて、新聞の記事に目を移した。
求人のページが開かれている。
そのページにひときわ大きく『お茶会着物給仕募集』と書かれている。
〈そう言えば、麗蘭のやつ着物着て仕事するとか言ってたな…〉
と最後に電話で話したときの事を思い出した。
「あの、ちょっと見せてもらっていいかな?」

その番号を控えた路男磨は、早速公衆電話からそこへかけてみた。
三度ベルが鳴って男が出た。
どこかで聞いたことのあるような声だった。
「あの、お茶会の住所を知りたいんですが…」
だがその男は、暫く沈黙した後すぐに切った。
路男磨はもう一度かけた。
だが次もモシモシの後すぐに切られた。
三度目は繋がらなかった。
〈あの声、貫斗に似ていたな…〉

路男磨はなんとか住所を聞き出そうとNGプレスに電話した。
編集者の簿津という男と話したが、住所は分からないが、そこで働いていた女の子を知っているから、聞いてみれば?と言われた。
その子は今、ニュートラルベイの日本食レストランで働いているらしい。
電話番号は分からないがランチもやっているから多分いるだろうとの事で、仕方なく路男磨はバスでニュートラルベイに向かった。
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/697-8f8b07dd

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.