笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数の思いで

2013/02/20 00:00|未分類TB:0CM:4
私は永住権を取ってからTAFEという職業専門学校に通ったが、そこには落ちこぼれ用に、高校卒業資格が取れるコースがあった。
そのコースは一年目が高一レベル、二年目は高二高三レベルで、高一レベルのほうは入学試験はなかったと思う。
で、私はまず高一コースに入ったのだが、そこは他のコースの連中からZOOというニックネームで呼ばれていて、その名の通り動物園のような雰囲気だった。
特に驚いたのは数学のレベルの低さだった。
私は小さい頃から数字に弱く、母親も「あんたは物心ついた時から計算ができんかった」と太鼓判を押し、実際高校でも数学は特に出来なかった。
ところがそのZOOでは…なんと私はアインシュタインと異名を取ることになってしまったのだ。

ところで今日ネットで2ちゃん系のパクリブログを見ていると
7+7÷7+7×7-7=? の答えは? 
と言う記事があった。

ご丁寧に下の選択肢から選べとのことだが

a:00
b:08
c:50
d:56


なんと、その正解率がたったの8%であったという。
つまり92%が間違えたと…。

こんなの小学生レベルじゃないか!
と私は思い、えーっと、7たす7は14、それを7で割って2、それに7をたして9、9かける7は63、それから7をひくと56か…Dだー!……な~んて、いくら私でもそこまで馬鹿では無い。
足し算引き算よりも、掛け算割り算が先って、そのくらいは知っている。

ということで答えはCなのだが、その私でも分かる算数の問題をまさか92%の人が間違えるとは思えない。
多分ネットだったからじゃないかなと思うのだが、では
「じゃあなんで掛け算割り算が先なの?」
と聞かれたら皆さんはどうお答えになりますか?
「え?それは小学校の時、そう教えられたから…」
では、どうも説得力がない。

実は私は子供にこれを聞かれたことがある。
そこでガレージから実際に、クリケットボール1つ、ゴルフボール3個入り箱2つ、テニスボール4個入り缶3つ、卓球ボール6個入りケース2つ持ってきて、そのボールの総数を数え、
31だよな?
と確認し、
1+3✖2+4✖3+6✖2=?
と式で表し、
それを左から順に計算すると…84。
ほら掛け算を先にしないと31にならないじゃないか!
と強引な、どうも分かったような分からないような説明をしたのだが、私の頭ではそれが限界だった。

その程度の私が、TAFEの高一コースではアインシュタイン、テストではダントツのトップで置物までもらったのだ。
ではそのテストでどういう問題がでたのか?
いやあそれが…あはははははは、今思い出しても笑いが込み上げてくるのだが…

【問い】
熊がいました。
その熊は南へ10Km、東へ10Km、北へ10Km歩きました。
そして熊は「おや、これは元の場所じゃないか」と言ったのです。
熊の毛の色は何色?


もう古い問題でご存知の方も多いかと思われるが、もちろん答えは白、ホッキョクグマである。
しかし後で話したクラスメートの答えは…
「ブラウンだ。熊と言や茶色にきまってんじゃねえか!」
「グレーだよ。ここはオーストラリアだからね。コアラベアーのことさ」
「白黒パンダ。勘よ勘…」
などと、彼らは真面目な顔で言っていたのだ。
それは何とも微笑ましい光景であった。

私は上の算数式を92%が間違ったと聞いてつい、あいつらだったら…と昔のクラスメートの事を思い出してしまったのだ。
そのコースは今はあるのかどうか知らないが、私が通っていたのは92、93年、学費はフルタイム年間$70だった。
しかもオージーの中にはそれを「高い!金があったら学校なんか来るか!」とごねて結局払わなかった奴もいた。
今思えば古き良き時代だったよ。


2ちゃん算数パクリ記事元
http://news.livedoor.com/article/detail/7421552/
スポンサーサイト
Switch-On!! #-|2013/02/20(水) 06:59 [ 編集 ]
問題のレベルはさて置き、
英語で授業が受けられて
回答出来ることが凄いですやんかぁ~(^O^)

僕やったら、絶対ちんぷんかんぷんに
なりますわ(^^;)
寒苦鳥 #5vEEFD82|2013/02/20(水) 08:50 [ 編集 ]
おかえりなさい!熊の問題、なんで白なのか分かりましぇん!
Melozy #-|2013/02/20(水) 16:30 [ 編集 ]
いやあ、でもそのコースでは本来苦手な数学と理科におんぶにだっこでしたよ。
得意であった歴史は低レベルであるにもかかわらずちんぷんかんぷん。
こっちは、1192鎌倉みたいに何年に何があったかとか言うのではなく、大昔の資料を見てその時の状況を説明せよと文章で答えなきゃいけないんですよ。
「今の英語もわからんのに、昔の英語なんかわかるかい!」
と時には問題の意味すら分かりませんでしたね。
でも楽しかったですよ。
おちこぼれってほら、物事に拘らないから…彼らとは今は付き合いはありませんが、当時は仲が良かったですよ。
Melozy #-|2013/02/20(水) 16:44 [ 編集 ]
その正直さ、私は心より敬愛致します。
やはりあなたとは何か意気通じるものがあるようですね。
実は私も最初わからなかったんですよ。
「問題が間違ってるんじゃねーの?」
とかね。
ほら、南10Km,東10Km,北10Kmで同じ場所に戻るのは地球上で北極点だけですよね。
だからそこにいるのはシロクマ、そういうことですよ。

それから私まだ本調子じゃないんですよ、いまブログを書いてテストしてるようなもんですわ。
やっぱり二日も連続で書くとちょっとウプッときますねえ。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/693-55e135ed

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。