笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


ワーホリの覚醒3色違いのチェリーブロッサムズ16

2012/12/31 00:00|連載小説ワーホリの覚醒3TB:0CM:0
今日はクリスマスである。
だが乗馬学校は閑散としていた。
学校は2ヶ月間の休暇に入り、殆どの生徒は卒業し、馬もホリデーに出された。
馬にホリデー?
と思われるかもしれないが、馬も気分転換に別の放牧地に移さないとストレスが貯まるらしい。
だから牧場もまた閑散としていた。
ただし映画に出演する馬は残っている。
それと同じく人間も映画に出演する者だけがこの寮舎に寝起きしていた。
従って今は路男磨、クレイグ、エマ、それにヒラリーだけが広壮な寮舎にいるだけである。
ヒラリーの夫で校長のオリバーは撮影の協力に張り切りすぎたためか再び持病の腰痛が悪化し、動けなくなって三日前から病院に入院していた。

「あのうるさいのどこ行ったんだろうな…」
キューを握ったクレイグがブレイクの姿勢で言う。
彼は既にプロダクション側と短期ではあるが契約を結んでいて、この映画の撮影だけでなくモデルとしてデビューしていた。
ほんの3ヶ月前、ホモ姦の兄ネイサンとアデレードのボロビルに住んでいた頃とは随分な境遇の変化である。
「さあ…まだ寝てるのかな…」
路男磨は短パンにランニングといったラフな格好で錆びの浮いた鉄製扇風機の前に立っている。
昨夜は撮影スタッフとのパーティーがこの寮舎の食堂で持たれ、遅くまで飲み、起きたのは二人とも昼過ぎだった。
外は真夏の太陽が照りつけ、気温は高地のサザンハイランドでも35度を越え、とてもホワイトクリスマスと言う雰囲気ではない。
ましてこの田舎のミタゴンでは店は全て閉まっているし、用も無いのに蒸し暑い外に出るのも億劫だったから二人はプレイルームでビリヤードをして暇をつぶしていた。

本来ならばこのクリスマスは麗蘭と一緒に過ごすはずだった。
しかし彼女はまだ日本にいる。
同時に両親をなくした彼女…とてもメリークリスマスって気分じゃないだろうなあ…と思いながら白い球を突く。
彼女が弟と一緒に安アパートに引っ越したのまでは聞いている。
そこには電話がなく、彼女は近くの公衆電話からかけてきた。
引越し後彼女からかかってきたのはその一度だけで、以来連絡は途絶えている。
当時国際電話は今とは比べ物にならないほどに高かったから、公衆電話から国際電話一本かけるのにも気を使わねばならぬほど彼女は逼迫しているのだろう―とは容易に憶測する事ができた。

ギイッと音がしてプレイルームのドアが開いた。
「よう、起きたのかい?」
8番ボールを狙うクレイグがその声に背を向けたまま話しかけた。
「メリークリスマス、ロオマ」
そこには、エマではなくヒラリーが立っていた。
彼女とクレイグは仲が悪い。
だから彼女はクレイグを無視して路男磨にだけ声をかけたのだ。
「何だあんたか。エマはまだ寝てるのかい?」
クレイグは馬鹿にしたようにケツを振りながら、白い球をはじき8番ボールをコーナーポケットに落とした。
「エマはね、ここにはいないわ。知らなかったの?」
「ああ、知らないね。昨夜のパーティーの時はいたじゃないか?」
「ウフフ、そうかあなた達酔いつぶれてたからね。あの後彼女ザッキーと一緒にシドニーに向かったのよ。花火を一緒に見るんだってさ―」
「花火?それってニューイヤーだろ?」
クレイグは怪訝な顔でヒラリーを見た。
「知らない。ニューイヤーまでザッキーと一緒にいるんでしょ。あの二人親子のように仲がいいから…」
ヒラリーは他人事のように言った。
彼女はエマとも仲が悪いからむしろいなくなってせいせいしているようだった。
「あ、そうそうロオマ、夕飯の支度手伝ってくれない?」
彼女はがらりと口調を変え、路男磨にほとばしるような笑みを向けた。
「夕飯?昨日のパーティーの残りもんがいっぱいあるだろ。それ食やいいじゃねえか馬鹿だなあ」
横からクレイグが口を挟んだ。
確かにその通りで、朝食時に覗いた大型冷蔵庫の中は、昨夜の残りで隙間も無いほどだった。
ヒラリーは不機嫌な顔で部屋を出て行った。
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/678-6376fbb9

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.