笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーホリの覚醒3色違いのチェリーブロッサムズ14

2012/12/15 01:05|連載小説ワーホリの覚醒3TB:0CM:6
望詩はその後もライクハートの公衆便所に住んでいた。
世間一般にはホームレスと言われる存在であるが彼女の場合は少し違った。
週末は例のBBQビジネスが繁盛している。
電気代も水道代もかからず、激安で肉とパンを仕入れ、今ではケトルをゴミ捨て場から二つ拾ってきてコーヒー、紅茶も$1で売っていた。
売り上げは多いときは一日$1000もあり、彼女の貯金は早くも$5000に迫ろうとしていたが彼女はこの生活様式を変えようとはしなかった。
障害者用トイレは今や彼女のワンルームマンションと化し、必要な家具、テレビ、オーディオもゴミ捨て場で調達し隅に並べてある。
手洗いは湯が出るし、蛇口にこれも拾ってきたホースとシャワーヘッドを繋げば気持ちよいシャワーを浴びる事が出来た。
匂いさえ我慢すれば快適で、何よりもいかなる請求書も送られてこないのが嬉しい。
夜、時には怪しい輩がドアを叩くがその時はオリュンポスが吠え立てれば恐れてどこかへ消えて行った。
「素晴らしい生活だわ!オリュンポス、あなたのお陰よ」
犬を連れて出てきて本当に良かったと思っている。
一人ではさすがに怖くてここに長くは住めなかっただろう。

もう12月である。
サマータイムでシドニーの夜は8時過ぎまで明るく、望詩は夕暮れのアイロンコーブに釣り糸を垂らしていた。
平日はもっぱら釣りをして過ごしている。
主にチヌ、テンコチ、テイラー、マレット、フグ、エイ、カレイ等がつれるが、小さいのや食えないのは逃がし、それ以外は自分と犬で食うか近くの東南アジア料理屋へ持っていった。
料理屋ではそれをすり身にしてフィッシュボールにするらしく、御礼に客の残した残飯を大量に分けてくれた。
お蔭で犬は毛色も肉付きもよく、望詩もまた健康そのものだった。
竿もテグスも針も水辺に放棄されていたのを拾って使っている。
竿は先が少し折れているが十分使えるものだった。
餌は主にゴカイを掘って使っているが、時には小エビ、小魚も使った。
小エビは料理屋でもらったザルに飯粒を入れ紐を繋いで前夜に岸から吊るしておけば翌朝には30匹ほど入っていた。

「ジョンドリでも釣れないかしら…」
と望詩は赤く染まっていく水面に向かって呟いた。
ジョンドリは一見グロテスクであるが味はチヌやコチよりずっと上で、オージーにも人気があり、めったに釣れないが、シドニー湾にも生息する。
今の望詩の望みはジョンドリが食いたい―ただそれだけであった。
何の義務もなく釣り糸を垂れ、腹が減ったら食い、眠くなったら寝る気儘な生活―。
真面目に働いている奴が馬鹿に見えるようになってきたが、このライフスタイルに慣れきっていく自分が怖くもあった。
もう日本へ帰る気は全く無く、つい半年前の日本での生活が遠い昔の事のように感じられた。
コツンコツンと手に当たりを感じた。
焦らずゆっくりとあげて見るとそれは待望のジョンドリだった。
「やった、オリュンポスやったわよ!」
と隣に控えている犬の頭をかき回すように撫でた。
tipsikanjohn_dory.jpg

「その魚お前そっくりだな…」
ぬっと現れた影に顔を上げるとそこには英語学校のクラスメートであった力崎貫斗が立っていた。
〈なんでこいつがここに…〉
二度と会いたくない奴トップ10の一人である。
望詩は彼が前から嫌いだった。
英語学校では徹底的にブス扱いされ、事ある毎に仲間はずれにされた。
その忌まわしい記憶が再び望詩の脳をかすめた。
彼女はツンと横を向いて彼を無視した。

すると今度は、
「ほんと、似てるわね…きゃはははは…」
と隣に立っている茶髪の女が遠慮会釈無く笑った。
〈なによこの女、ごあいさつね…〉
このケバイ女とは初対面である。
望詩はキッと女を睨みつけると
「あなたの方が似てるわ…ご先祖はジョンドリ?」
と顎の当たりを意識して見ながら言った。
その女は美人と言えばそうだがエラがかなり張っていた。
「何ですって!行きましょ、こんなブスほっといて―」
女は気にしている所を衝かれ不機嫌な顔で貫斗の腕を引っ張った。
「貫斗君、なんでこんなとこいるの?」
望詩は詰るように言った。
雰囲気からして彼はこの女とできているようである。
「この近くに住んでんのさ」
と言い捨て貫斗は女と腕を組んで歩き去って行く。
「幸ちゃんとはどうなったのよ?」
「あの男女(おとこおんな)か…ま、乾かない程度に可愛がってるさ―」
貫斗は望詩に背を向けたまま言い、隣の女が肩でクスッと笑った。
二人はオレンジ色のBMWクーペに乗りエギゾーストを響かせタイヤから煙を上げて去っていった。
「嫌な奴ら…事故って死ねばいいのよ…」
と声に出してからふと首をかしげた。
「男女ってどういうことだろう?…」
望詩の知る限り、幸は背の低いかわいい顔をした少女だった。
声も仕草も可愛く、また姉小路財閥の令嬢で金もある。
望詩と違って大いにモテルタイプだった。
それが何故男女なのか…実は性格が男勝りとか…?
と疑問ではあったが深くは考えなかった。
所詮望詩にはどうでもいいことである。
貫斗ほど露骨ではなかったが幸も望詩には冷たかった。
彼女が男に捨てられたところで自分の知った事ではない。
スポンサーサイト
えびこ #ENFLnLwY|2012/12/16(日) 08:52 [ 編集 ]
更新楽しみにしておりました。登場人物の名前がなんとも。Ζガンダムでシャアの偽名をクワトロ ヴァジーナとした制作者にも通ずるMelozy先生のセンスを感じます。頑張れ望詩ちゃん。
Melozy #-|2012/12/16(日) 23:59 [ 編集 ]
分かっていただけてましたか。
嬉しいです。
でも続きが…
こ、これはいくらなんでも…というの、載せるかどうか迷ってるんですよね…トホホ…
seiji #-|2012/12/17(月) 09:17 [ 編集 ]
嫌な予感が。。
Melozy #-|2012/12/17(月) 20:53 [ 編集 ]
ノーウォーリーズ!
えびこ #ENFLnLwY|2012/12/17(月) 21:27 [ 編集 ]
と言う事はワトア ヒデオス 以上のシャレの気いた何かですか?
Melozy #-|2012/12/18(火) 18:39 [ 編集 ]
いやいや、内容が…ほら昔のLPってカスみたいな曲入ってたでしょ。
「こんなもん入れるな!¥2700も払ったのに!」
と憤りを感じていたのは私だけではありますまい。
ですからそういうカスエピソードは省きたいんですが、省くと話がワヤになってしまう。
ま、趣味のタダブログなんだからいいじゃん…とも思うのですが、いやいやそれでは読者の方に失礼…とも思い、心の中で葛藤しているのであります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/672-ba461667

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。