笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーホリの覚醒3公衆便所に住む女4

2012/08/24 21:54|連載小説ワーホリの覚醒3TB:0CM:0
公衆便所に住んで三日たった。
昨夜は変質者と思われる男が望詩の眠る障害者トイレに侵入しようとしたが、オリュンポスが吠え立てて撃退し、お陰で事無きを得た。
公衆便所はウォーターフロントにあった。
目の前にはアイロンコーブの水観が広がり、その湾の中央にRodd I という小島が浮かんでいる。
空には当たり前のようにペリカンが飛んでいた。
iron_cove_boats2.jpg

「さてこれからどうするか…」
と考えながら望詩は犬と一緒にアイロンコーブ沿いの歩道を歩いている。
水際からは広々とした芝生の公園が続いている。
少し先にはグランドもあって若者達がラグビーの試合をしているのが見えた。
その回りには多くの見物人がいて総勢で200人は優にいるだろう。
「そう言えば今日は土曜日だわ…」
と曜日の感覚が無くなっている自分に呆れながら彼らの方に歩いていった。
ラグビーに興味は無いが、男には興味がある。
間抜け面のオリュンポスが僕のように彼女の後ろに続いた。

近くで見ると若い男が殆どで、大柄で筋肉質の者が多かった。
中には随分とハンサムな男もいる。
〈誰か声をかけてくれないかしら…〉
と淡い期待を胸にさりげなく彼らの隣に立つ。
しかし誰も見向きもしなかった。
思わせぶりに彼らの周りをちょろちょろしながら、ルールも分からないラグビーを見ていると、コーチと思われる男が
「すまんが、ドリンク買ってきてくれないか」
と若い男にお金を渡した。
日本の先輩が後輩のように
「買って来い!」
と命令調ではなく、温和で気遣いのある言い方に望詩は国民性の違いを感じた。
男は札を手に駐車場まで歩いて行き車に乗った。
「ふ~ん…」
と望詩は首を一回転させて周りを見渡した。
広い公園である。
すぐ側にはBBQ台はあるが、目に見える範囲に売店は無いようだった。
人が集うのは週末だけで平日は閑散として商売にならないからだろう。
「でも…」
と望詩は考えた。
「ここには200人以上がいる。仮にその内の半分にホットドッグを$2で売れば$200、ステーキサンドを$4で売れば$400、合計$600か…」
望詩は後ろにあるBBQ台のところまで歩いていった。
どうやって使うんだろう…と説明を読んでみるとボタンを20秒押せとのみ書いてある。
コインを入れるスロットはどこにも無かった。
どやらタダで使えるらしく試しに20秒押してみると鉄板からじわりと熱が伝わってきた。
望詩は腕時計を見た。
時間はまだ9時である。
天気は快晴で雨の心配はまず無い。
「やってみようかしら…急げば間に合うはず―」
昼時に売り出せば儲けは確実―と望詩は踏んだ。

彼女とオリュンポスは駆けた。
行き先はまずショッピングセンターである。
ここでまずATMで有り金全部おろしBBQソース、ケチャップ、トングスその他とテックスタを買い、押しつぶしたダンボール箱数箱とショッピングカートをかっぱらった。
それをガラガラと押してアンドニオの働く精肉工場に向かう。
場所は何度か忘れ物を届けた事があったから知っている。
中で働いているアンドニオには会わなかったがそこで肉とソーセージを捨て値で仕入れた。
その隣は都合のいいことにパン工場である。
そこでも出来立てのローフをサンドイッチ用に切ってもらってステーキサンド、ホットドッグそれぞれ100個分買った。
それをカートに積み公園のBBQ台へと急ぐ。
それだけの仕入れで全財産は完全に使い果たした。
もはや1ドルも残っていない。
BBQ台が誰かに使われてしまっては万事休すであるから望詩はあせっていた。
「見てらっしゃい、$105の資本で$600の売り上げ。あたしには商才があるのよ!」
と叫びながら、肉とパンでいっぱいのカートを押し、犬を従え、バックパックを背負い、望詩はダウンタウンを全速力で駆けていた。
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/611-a1236f78

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。