笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島に上陸した英雄達

2012/08/21 00:41|海外から見た日本の領土問題TB:0CM:2
素晴らしい事です。
口だけなく行動でもって「日本領尖閣諸島」を世界にアピールしたのですから。
よくやってくださいました。
有難う。本当に有難う。

ここ豪でも多少はニュースになっています。
日本の勇士が尖閣諸島に旗を立てたり、日の丸を掲げて泳いでいる姿がテレビに映し出されています。
しかし、それと同じく中国人が大規模デモを起こし日本車をひっくり返している映像も写っています。
そして、悲しい事にテレビではいつも最後に「双方が領有を主張している東シナ海の日本名SENKAKU、中国名Diaoyu」と付け加えられるのです。
それもこれも全て腰抜け日本政府が「遺憾」「粛々」「冷静」などと口だけ動かして何も行動しないからです。
竹島もそうです。
テレビでは韓国側の主張ばかりで日本側の主張は殆ど伝えられません。
政治家は日本では「間違いなく日本の領土、裁判になれば勝つ」と言っているそうですが、そこまではっきり日本のものならば、世界中にその正当性をアピールし、中韓の不当性を糾弾すべきでしょう。
であるのに事ある毎に「遺憾粛々冷静…」とヘタレに徹し、しかも衝突ビデオを流したり、尖閣に上陸した正義の勇士達も讃えるどころか、これまた「遺憾の意…」、そしてもちろん世界には何も発表しない。
あれでは、声の大きい方が「正しいのかなあ…」と事実を知らない世界の人は思ってしまいます。

もし…その日本政府の態度が敵を欺くためのものならば、私は黙っているでしょう。
遺憾粛々と下手に出つつ、裏で日本国家最大のガンである憲法九条をダマ破棄し、核ミサイルをコツコツと生産しているならば、どれほど頼もしい事か―。
「何?核?」
と日本ではそれを聞いただけで反対する人もいるようですが、私はその多くは中韓の手先、もしくは想像を絶する大馬鹿者と思っております。
アメリカと旧ソ連が何故戦争にならなかったか?
それは双方に核ミサイルがあったからです。
何故イラクや、アフガンがあんな一方的に攻められたのか?
それは両国に核ミサイルが無かったからです。
逆にイランや北朝鮮が何故攻められていないか。
それは核ミサイルを持っている可能性があるからです。
つまり、現時点では核ミサイルにこそ最大の戦争抑止力があり、優れた核ミサイルを所有する事が戦争せずして国際間の正当な主張を通し、国家の独立を維持するいわば最低条件なのです。

それを持たずして愚かにもNPT(核拡散防止条約)等に批准し、ヘコヘコと下手に出る。
アホですわ。
だから近隣諸国に鴨にされ、国土の保持奪還もままならないのです。
もしアメリカの後ろ盾が無ければ日本はとっくに中露の餌食なっていたかもしれない。
日本がアメリカの核ミサイルによって守られている事実は、当然誰もが認識しているでしょう?
そのアメリカ様にやれ沖縄から出て行けとか、オスプレイいらんなんてよくもまあ言えたものですわなあ。

それにしても日本人という奴は、一体いつからこんなビビリのヘタレになってしまったのか?
かつての人一倍努力し、リスクを厭わず、苦難を克服し、辱めには絶対に屈しない。
あの大ロシアに噛み付いた日露戦争の頃の大和魂はどこへ行ってしまったのか?
―と最近の反原発運動やオスプレイフォビアを見ては嘆かわしくなりますね。

中韓が何故最近、これほど強気に出ているか。
それは両国の経済状態が上向きで日本が没落の一途、加えて国民へタレ化というだけが理由ではありません。
かの両国は、これまで多くの国人をアメリカや豪等日本の同盟国、準同盟国に移民させてきました。
その移民数がいまや、両国の政局に影響できるほどに膨らんできたからであります。
アメリカに置ける韓国系の「慰安婦プロパガンダ」や、豪における親日ハワードの落選(彼の選挙区は中国系が多く、その票が親中ラッド率いる労働党候補に流れた)等はその一例でしょう。
その刻一刻と日本にとって悪化する状況に日本国民も一応は気付いていらっしゃるのでしょうが、日本政府の対応を見るにどうも危機感が感じられない。
領土問題などは長引けば長引くほど日本に不利であるのに、口だけ動かして行動を起さない。
もちろん奪還の為の準備裏工作は軍事的にも国際的にも何もしていない。
それを見るに見かねて、本来慎ましい性格である私も、メルボルンの片隅から叫ばずにはいられなくなっているわけであります。

日本の置かれている状況はイスラエルより悪いと言えるでしょう。
西側に中露朝韓の反日核大国を控え、頼りのアメリカはホワイトアメリカでは無くなって来ているわけですから―。
結局、自分の身は自分で守るしかないんですよ。

日本人尖閣上陸記事
http://www.theage.com.au/world/japanese-landing-turns-up-the-heat-in-island-dispute-20120819-24gi3.html
『米国下院 慰安婦決議 撤廃 ホワイトハウス請願』関連サイト(私は一応サインしました)
http://sakura.a.la9.jp/japan/

The Age記事掲載写真  カッコイイ!
art-kosaka-620x349.jpg
スポンサーサイト
#|2012/08/21(火) 10:53 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Melozy #-|2012/08/21(火) 18:12 [ 編集 ]
よのすけ殿、貴殿の仰る通りじゃ。
日本人ほどメディアに傀儡される民族は世界でも稀であろう。
政治家は世界的には幼稚園児じゃ。
加えて、大和魂を奉る靖国に参拝するのも他国の鼻息を伺う。
正気の沙汰とは思えませぬ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/609-74bf4638

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。