笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『韓国調査捕鯨再開か!?』―調査捕鯨に見る日本の致命的弱点

2012/07/05 18:00|調査捕鯨TB:1CM:1
二日前、パナマで持たれているIWC(国際捕鯨委員会)年次会合に置いて、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、南アフリカによる、南大西洋鯨保護区案が日本を始めとする捕鯨賛成国によって却下される―というニュースがあった。
その記事によると中国、ロシア、韓国も日本側に立ちその案に反対したとある。

そして今日、ABCではトップで伝えられているが、韓国代表は『韓国も調査捕鯨再開の予定』があると発表した。
理由は、ミンク鯨の頭数は回復している。鯨のみを保護すると生態系に破綻を来たし、人間の消費する魚種の減少に繋がる―というもので、韓国代表は捕獲頭数、海域、期間については触れなかったが再開するとすれば操業は日本海であろうと関係者は予想する。

1986年捕鯨モラトリアム採択後、韓国は1シーズンのみ調査捕鯨を行い、現在は“偶然”網にかかった鯨のみ食しているが鯨肉は蔚山(ウルサン)など沿岸地域では人気がある。

韓国発表に対し、豪は首相ギラード、最大野党自由党首アボット共に遺憾の意を表明、与野党の環境担当、緑の党は「時代に逆行するもの」と激しく非難し、シーシェパードも妨害すると声明したが同代表ポール ワトソンは韓国領海内であれば直接の妨害はしないと話している。

尚下の記事内に置いてSea Of Japan(日本海)に韓国ではEast Sea(東海)と呼ぶ―と注釈が付けられていた。

―というものであるが、私が何故この捕鯨記事に拘っているか? 中には『豪在住で自分が嫌な思いをするから…』とクソチンケな考えで読む人もいるだろう。
言っておくが私は日本と豪が戦争になっても一向に困らない人間であると伝えておこう。
捕鯨記事に拘るのはこれすなわち全て日本国の為である。

日本という国は、軍事的に米の庇護下にあり、豪とも日豪共同宣言、日米豪印対話等も取り沙汰され、上記3カ国は比較的利害の一致するいわば日本の味方である。
では日本の敵は…はっきりと敵対はしていないが、潜在敵国としては一に中国、次いで韓国、北朝鮮、ロシアであろう。
中国は尖閣強奪を目論み、韓国は竹島、ロシアは北方領土を不法に占有し、北朝鮮からはいつ核ミサイルが飛んできてもおかしくない。
その点沖縄を返還したアメリカと偉い違いである。

しかるに、この捕鯨問題を見るに、日本の同盟もしくは準同盟国は何れもIWCにおいて反捕鯨、逆に日本の潜在敵国は何れも捕鯨賛成、もしくは中立である。

これをどう見るか?
今回の韓国側の発表は非常に的を得たごく常識的な意見であると私は思う。
しかし、単純に文化価値観が似ているから…と納得してしまっていいものだろうか…。
もし私が韓国のトップであったら…。
「是が非でも日本に調査捕鯨を続けさせたい―」
果たして本当に韓国が調査捕鯨を再開するか、それとも日本に継続させる為だけの手か…それは定かでは無い。

ただはっきりいえるのは、日本は世界から孤立しているということである。
つまり、文化価値観、見た目、言語の似通った、いわば同種の中韓とは歴史的にわだかまりのある潜在敵対関係、味方であるはずの米豪とはその全てを異にする。
そのどっちつかずの中途半端が、日本の致命傷となりはしないか…。

この捕鯨問題が大きくとり沙汰された2007年以降、日本はどうなっているか?
近隣諸国の日本を舐めきった態度がそれを物語っているのでは無いだろうか…。

関連記事
http://bigpondnews.com/articles/TopStories/2012/07/05/Pollies_condemn_South_Korea_whale_move_768300.html
http://bigpondnews.com/articles/Environment/2012/07/03/Whaling_nations_defeat_ocean_sanctuary_767641.html
http://bigpondnews.com/articles/National/2012/07/05/Sea_Shepherd_to_harass_whalers_768352.html

NHK記事
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120705/t10013355371000.html
スポンサーサイト
#|2012/09/28(金) 11:28 [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/584-70a394c6
まとめwoネタ速neo 2012/07/06(金) 13:57
二日前、パナマで持たれているIWC(国際捕鯨委員会)年次会合に置いて、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、南アフリカによる、南大西洋鯨保護区案が日本を始めとする捕鯨賛成国に...

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。