笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーホリの覚醒2クレイジーチャイナマン2

2012/06/21 17:57|連載小説ワーホリの覚醒2TB:1CM:0
その日は朝から林の中を駆けさせていた。
春とは言え強烈な日差しは梢が遮ってくれているが気温は高く、少し走ると馬も人も首筋に汗が浮いた。
ユーカリや松の疎らに生えた林には馬一頭分の樵道が続いている。
そこを一列縦隊になって走るのだが、スピードは速くてもキャンターで、ギャロップの好きな路男磨とクレイグには物足りないものだった。

林乗りの場合生徒は二チームに別れ、腕の悪い組にはオリバーともう一人の教官が付き、腕のいい組はヒラリーが先頭を走りクレイグが最後尾を走る。
クレイグは背が高いからジョッキーには成れないが、運動神経は抜群で乗馬は誰よりも上手く彼のみは一度も落馬していない。
路男磨は10回ほど落馬したがそれでも腕のいい組に属し、最近では元レースホースに乗らされる事もあった。
元競走馬は引退したとは言え体格もよく、パワーもバネも普通の馬とは桁違いで、ジョッキーを目指す4人とクレイグ、路男磨の六人のみが交代で乗らされていた。

今日も路男磨はバンディッドという大柄な黒毛の元競走馬に跨っていた。
油断をすると振り落とされるが、その代わり乗り心地は最高に良くロールスロイスとも呼ばれている。
路男磨は後ろから二番目を走るのが常だった。
すぐ後ろには同じく栗毛の競走馬に乗ったクレイグが続いている。
「おい…」
と後ろで彼の声がした。いつもの事で、それを合図に路男磨は手綱を引き馬の歩みを止める。
目の高さに松の枝が伸びていて、その枝を折りサドルの鐙をジョッキーのように高く上げる。
暫く待って前が見えなくなってから馬に松の枝で一鞭あて、思いっきりギャロップをかけるのが彼ら二人の乗り方だった。
鬣に顔を伏せるようにして木の枝を避け、倒木を飛び、小川を跳ねる。
小川はエマとザリガニ釣りに行った天然用水路に繋がり、合流点から下流は水量がグッと増えて、その向こう側に青々としたズッキーニ畑が見渡す限りに広がっていた。

そのズッキーニ畑の対岸に縦隊の先頭が差し掛かった辺りで何やら列が乱れているのが見える―。
馬のいななきが聞こえ数頭の馬が後ろ足で二本立ちになっている。
「何事か?」
路男磨とクレイグは馬を飛ばして集団に近付いた。
「キチガイだ!クレイジーチャイナマンがいる!」
生徒達は口々にそう叫んでいた。
その生徒達に向かって緑のズッキーニがマシンガンのように投げつけられていた。

何でも生徒の一人がからかい気味に「ズッキーニくれ」と言った所、この始末になったという。
「おるぁぁ、いくらでも食え!死ぬまで食え!」
背の低いアジア人は叫び声と共にズッキーニをちぎっては投げ、ちぎっては投げしている。
確かに常人ではない。
だが、路男磨はその声に聞き覚えがありすぎるほどにあった。
「アスオ…」
彼は麦藁帽子を被り、真っ黒に日焼けし、そのせいか顔は一段と醜怪に見えた。
馬上の集団はズッキーニを避けつつも、その彼を珍獣のように見物している。
後ろからは「ガハハハハ…」とクレイグの大爆笑が聞こえた。
路男磨は馬を集団の前に移動させ天然用水路のバンクに立たせた。
その彼の胸にズッキーニが直撃した時、向うも路男磨に気付いた。
クレイジーチャイナマンは投げるのをやめた。
zucchini-preview.jpg
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/575-872da735
まとめwoネタ速neo 2012/06/23(土) 07:39
その日は朝から林の中を駆けさせていた。春とは言え強烈な日差しは梢が遮ってくれているが気温は高く、少し走ると馬も人も首筋に汗が浮いた。ユーカリや松の疎らに生えた林には馬一...

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。