笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーホリの覚醒2金の無い日々1

2012/05/19 19:32|連載小説ワーホリの覚醒2TB:0CM:0
シドニーは春たけなわ。
だがアスオの懐には木枯らしが吹いていた。
運送屋を喧嘩して辞め一銭の金も無くなった彼は三日三晩ホームレスとして暮らした後、切羽詰ってシドニー大の柔道場へ転がり込んでいた。

練習を終えるとみんな帰っていくが、彼だけはここに居残り汗臭い道場で眠る。
その彼に部員は食糧とエロ本を恵んだ。
「すまねえな、みんな」
する事の無い彼は一眠りした後、真夜中に起きだして、エロ本を見ては抜いた。
今夜も
「この女を連れ込んで青い畳の上で…」
と本の中の金髪巨乳を見ながら想像をはせ、右手をシャカシャカと動かしていた。
しかし、小六からもう8年も右シャカのリピートで最近は工夫が足りんなあとも感じている。
「そうだ、この創意工夫の無さが無職に繋がっているのだ。より興奮できれば仕事も見付かるはずだ!」
そう考えた彼はふと隣が裁縫部室である事を思い出した。
そこにはマネキンがある。


「なんだろう、あの光の揺れは?」
研究で遅くなった人類学の教授は柔道部室の窓を見ながら不審に思い、その方向へ歩いていった。
時刻はもう午前0時を過ぎ、辺りは夜の静寂につつまれている。
近付くにつれ、明かりのゆれだけでなく、声も聞こえてきた。
「何を言っているのだ?」
癖はあるが一応英語のようだ。
教授はいぶかしげな表情で窓から中を覗いた。


「柔道着姿もかわいいぜ」
「ウフ、あなたと寝技がしたかったの」
アスオは柔道着を着たマネキンの上に跨り、二色の声で一人二役していた。
「次は縦四方固めだ」
「ああ、骨がきしむわ―」
アスオはマネキンにキスし、柔道着を開いて乳首の無い胸にかぶりついた。
「アアン、ダメェ~一本負けよ…」
「まだまだ、こんなの有効だ。これから俺の必殺技をみせてやる!」
と今度はマネキンの股間に舌を這わした。
だが、もちろんプラスチックの味しかしない。
「もう一工夫必要だ!」
アスオは立ち上がり柔道部室と裁縫部室の間にあるキッチネットから、ベジマイトと言うイースト菌抽出物から作られたペーストを持ってきた。
それをマネキンの股間にベタベタと塗る。
「うむそれらしくなったぞ!」
アスオはその焦げ茶色に塗られた股間に貪りついた。
「ううむ、この匂い、この味、お前は処女だったのかッ?」
「そうなの。お願い、優しくして…」
「フフフ初めてが俺とはラッキーな奴だ…」
「あ、痛い…」
といきり立ったモノをベジマイトに擦り付けた所でアスオの動きが止まった。
〈あと一工夫必要だ〉
と再びキッチネットに走り今度はケチャップを持ってきた。
それをまたマネキンの股間にぶちまけた。
〈これでよし!〉
アスオはマネキン相手に狂ったように腰を振った。
「お前もこれで女になったんだ…」
アスオは真っ赤になった股間を見ながら満足気に囁いた。


「変態だ!中にド変態がいる!」
教授は、慌てて研究室に戻り、警察に電話した。
普段なら30分ほどかかるのだが、暇だったのかすぐに2台のパトカーが駆けつけてきた。
「フリーズ!」
拳銃を抜いた4人の警官は、柔道部室に土足で踏み込んできた。
「なんだとぉ~無礼者!」
立ち上がったアスオは警官に向かって連射した。
どぴゅどぴゅどぴゅ……


翌日、アスオは道場を追い出されることになった。
柔道部の連中は「別にいいじゃないか」とアスオを擁護してくれたが、マネキンの所属する裁縫部と大学側が承知しなかった。
「ふん、心の狭い連中だ」
アスオが荷物をまとめて道場を出ると外には麗蘭が待っていた。
「私引っ越したの。うちへ来なさいよ」
行く当ての無いアスオは拾われた野良犬のように彼女についていった。

麗蘭は長く住んだモスマンのホームステイを出てシティーで一人暮らしを始めていた。
路男磨が修練の旅とやらから帰ってきたら一緒に住む為の下準備であった。
しかし、今は2LDKの高級マンションに一人きりで、一部屋空いている。
そこでアスオの窮状を見て救いの手を差し伸べる事にしたのだ。

「ねえアスオ、柔道の先生とかなれないの?あなたあそこで一番強いんでしょ?」
シティーに向かうバスの中、麗蘭とアスオは並んで進行方向を向いて座っている。
「そのくらい俺も考えたさ、部長も大学側に聞いてくれた。だがな柔道自体が人気が無いのと、俺に何の肩書きも無いのが気に入らないんだとよ。よーするに、有名大出身で学生選手権何位とかじゃなきゃ駄目なんだってさ。高校中退じゃ話しにならんてよ」
とアスオは投げ捨てるように言った。
「世の中何でも肩書きね…」
「それだけめくらが多いってことさ」
二人はタウンホール横のバス停で降りた。
麗蘭のマンションはここから歩いて5分の所にある。


220px-Vegemiteontoast_large.jpg
ベジマイト。お土産にいかがでしょうか。
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/554-c2b2859a

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。