笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


中国、恩家宝、局地戦に勝つ為の軍拡

2012/03/05 23:56|海外から見た日本の領土問題TB:0CM:2
恩家宝(ウェン ジアバオ)首相は全国人民代表大会において、東シナ、南シナ海の領有権をめぐる局地戦、また情報化時代の戦争に勝つ為と称し軍備拡張を肯定した。

中国は、東南シナ海大部分の領有を主張し、その増長する経済を支える海上輸送ルートを確保、並びに海底資源を独占せんものとする。

東南シナ海の離島領有をめぐっては、日本とは尖閣諸島、その他韓国、フィリピン、ベトナム、台湾、ブルネイ、マレーシアと衝突するが、南シナ海のスプラトリー諸島に関してはその全領有を公言して憚らない。

中国は先日、6700億元(US$106ビリオン)、前年比11.2%増の軍事費を発表したが、専門家は中国は既存軍備の近代化に充てる費用を軍事費として計上していないため、実質の軍事費はその2倍であると言う。

既に世界最大の軍隊を所有する中国の軍事費は、過去10年ほぼ毎年二ケタ台の成長率を見せ、急激な軍拡をさらに前進させ、アジア回帰を唱えるアメリカを震撼させる。

またサテライト技術、サイバー戦争に備えたハイテク分野でも躍進を見せ、2007年には、中国宇宙開発プログラムの一貫として、サテライト破壊兵器のテスト実施、続いて国産ステルス戦闘機開発テスト、原子力潜水艦配備、昨年は300メートル級元ロシア海軍空母の海上試行も行われた。

但し、軍事全般における技術力は依然アメリカに遠く及ばず、それに対して恩家宝首相は、防衛に関する科学技術と兵器開発にはさらなる資金の投入を唱え「革新的成長」を目標に掲げている。

恩首相はまた警察の近代化による国内の治安維持にも触れ、暗にチベット騒乱、新彊ウイグル自治区のイスラム教徒に対する弾圧も仄めかした。

上記はAP通信と英ガーディアン記事を短くまとめたものです。


コメント

みなさん覚えてますかぁ?

尖閣諸島!

「せ ん か くぅ」

忘れちゃ駄目ェー!


中国は、着々と準備を進めているよ。
経済、軍事、世論。
機が熟した所で実力行使。

日本は準備してるのかなあ?

中国の空母は屑鉄、不動産バブルは崩壊、募る共産党への不満、日本たたきは人気取り、アメリカへの牽制、チベット。

それで何?一時的に安心するわけ?

最悪の事態に備えておくのが一番だと思いますがね。

ってゆーか、アメリカパパの陰も薄くなってますからな。

おまけに、アメリカにも豪にも中国人いっぱいいるし。

そのうち、中国系が大統領や首相になったりして。

そうなってからでは遅い。

今が、自立、攻守同盟のチャンスではないですかね。

バブル絶頂期にソビエト崩壊。それだけの条件を与えられながらも北方返還を逃したように、またこの機会も逃すのかな。

経済的にも軍事的にも頼りにならず国際世論にも疎い上に血の繋がりも無い国が、いつまでも守ってもらえるとは思えないのですが。


記事原文
http://bigpondnews.com/articles/World/2012/03/05/China_increase_ability_to_win_local_wars_725704.html

http://www.guardian.co.uk/world/2012/mar/04/china-increases-defence-spending-11-2

参考記事
http://www.nytimes.com/2012/03/05/world/asia/china-boosts-military-spending-more-than-11-percent.html
http://www.bloomberg.com/news/2012-03-04/china-says-defense-spending-will-increase-11-2-to-106-4-billion-in-2012.html

中国のステルス戦闘機J-20 ガーディアンより
Chinas-J-10-stealth-fight-007.jpg

スポンサーサイト
通りすがり #-|2012/03/29(木) 19:17 [ 編集 ]
はじめまして。
写真はJ-10ではなくJ-20ではないでしょうか。
J-10は単発で垂直尾翼は1枚です。そしてステルス機ではありません。
Melozy #-|2012/03/30(金) 17:16 [ 編集 ]
ご指摘有難うございます。
写真は英紙ガーディアン記載をそのままひっぱっております。
写真下の注釈には Chinas-J-10-stealth-fight-007 と書いてあったんですが、実は私も「あれ?」と少し疑問ではありました。
ご指摘を受け、再確認をしたところやはり写真はJ20のようですね。
訂正しました。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/497-a4b86af4

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.