笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕鯨が嫌いな人々の気持ち

2012/01/07 23:57|調査捕鯨TB:0CM:2
さあ、今年も新年早々から日本捕鯨船団とシーシェパードのデスマッチが南極海で始まりました。
今シーズンは、豪、NZ政府筋から「死人が出るぞ!」との警告が度々出されていますがそれを無視して、日本船団は今年もはるばる南下、赤道を越え黒い髑髏船の手薬煉引いて待つ南極海へとやってまいりました。

今シーズン日本側には監視船、SS側にはブリジット バードーとかいう白い船も加わって、再び熱き血まみれの戦いを世界中のお茶の間に届けてくださるそうです。
この捕鯨ニュースはこれまでもほぼ毎日小さくニュースになっていますが、そんなもん一々載せていたら、本当に誰も読まなくなってしまうので毎日は載せませんが、日本のメディアが見て見ぬふりをするので要所をまとめてお伝えしたいと思います。


昨日のニュースでは、南極海で今年もまた本格的な争いが始まったと豪主要メディアは伝え、それに関して、日本側、SS側、さらに全面的にSSを支援する豪緑の党から、豪政府に政府パトロール船“オーシャン プロテクター”の出動を促した。
しかし豪環境相トニー バークはこれまで通りその要請を拒絶し、「その予定は無い」とその可能性を否定。
また監視船第二昭南丸の豪EEZ鯨保護区侵犯が取り沙汰されているが、豪外相ケビンラッドは「日本の監視船は法的に豪領海内を航行する権利を有する。ただし歓迎はしない」とコメント。
上記に関し、フリマントルでSS代表ポール ワトソンと会合を持った緑の党上院議員レイチェル シーワートとスコット ルッドラムは違法でなくとも「腹立たしく無神経である」と今まで同様日本側を激しく非難した。
―と簡単にまとめるとこんな所でしょうか。


上記の文は下の3つの記事の要約です。
興味のある人はその原文も読んでみてください。

さて今回はですね、「何故これほどまでに奴らが捕鯨を嫌うのか?」と思っている方の為にご説明いたしましょう。
その“奴ら”の対象はあれが商売の環保団体、狂信的鯨フェチではなく、日本を嫌い―とまでは行かなくとも不快に感じている一般人を対象と致します。

その不快な感情―。
日本人の中には「人種差別」と思っている方も多いでしょうが、私は全体的に見てそれとは違うと思います。
上の記事を読むと「違法ではない」と何度か触れられていますが、豪は鯨保護区における日本の調査捕鯨を違法であるとしてヘイグ国際法廷に提訴しています。
ま、それは多くの方がご存知でしょうが、わかって頂きたいのはこの捕鯨問題は合法とか違法とか、そういった法律上の問題ではなく人間と言う生き物の持つ感情の問題であると言うことです。

例えばあなたが犬や猫を飼っているとします。
ある日あなたは大衆食堂に入りました。
そこのメニューに―
「犬丼」とか「猫丼大盛り」とかあったら、あなたはどう感じますか?
間違いなくドン引きで中には吐き気すら催す人もいるでしょう。
あなたは店の主人に文句を言うかもしれない。
しかし店の主人は
「牛豚は良くて犬猫は駄目なのか?同じ四足じゃないか!」
と反論。
それは日本人の鯨に対する理屈と同じですね。
確かに理屈では正しいかもしれないが、あなたの心に不快感は残留し二度とその店には行かない―。
つまりそれと同じ感情を多くの人々が抱いているのです。

「鯨はペットじゃない!」
と仰るかも知れない。
ではアザラシのタマちゃんや、カルガモ親子をボーガンで打ち抜いてその肉を切り刻んで競売。
あなたはどう感じますか?
豪NZ人をはじめ多くの欧米人にとって鯨はタマちゃんと同じマスコット的存在なのです。
ですからたとえそれが合法であったとしても人々の不快感は拭われず、いつまでたっても反対運動が絶えるどころか、スペインカタルーニャの闘牛も終わろうという今日この頃、一段と勢いを増しているのです。

これ以上言うと次回書くことがなくなるので、今回はここまでにしておきましょう。
よい子のみんな、わかっていただけたかな?

参考記事
http://www.brisbanetimes.com.au/environment/whale-watch/whalers--claim-sea-shepherd-attack-20120106-1pnpj.html
http://greensmps.org.au/content/media-release/japanese-intrusion-australia%E2%80%99s-sanctuaries-%E2%80%98inflammatory-and-insensitive%E2%80%99
http://www.theage.com.au/national/whalers-activists-unite-in-calls-for-patrol-ship-20120106-1ponk.html

SSの新船 Brigitte  Bardot
Bardot1_gallery-600x400.jpg
スポンサーサイト
SwitchーOn!! #-|2012/01/08(日) 09:14 [ 編集 ]
なるほど~
わかりやすい説明おおきにですi-179

僕が小学生の時は、給食で鯨の肉を食べてましたけど
最近は、そんな事も無いですし

これからは、無理して食べなくてもいいと思う方が
もっと、増えて来てるかもしれませんなぁ

闘牛も終わるかもって言われてるんやったら
コレも、時代の流れなのかも・・・i-227
#|2012/06/10(日) 14:43 [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/452-f0dcd39f

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。