笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


ジュリアとその仲間達の昇給をボロカスに言うメディア

2011/12/15 18:05|オーストラリアのニュースTB:0CM:0
ジュリア達ポリーズの昇給については以前以下で紹介した。
http://melozy.blog.fc2.com/blog-entry-422.html

それに関して今日もまたメディアでは― 

30%もの昇給は過剰に過ぎ、パフォーマンスに合致したものではない。

洪水税、炭素税など新たな課税を導入し国民と企業を圧迫しておきながら、何たる無神経な措置か!

年金生活者には最低限の生活水準である貧乏ラインすれすれの者が多く、低所得層は光熱費の支払いにも苦心し、大多数の若者が自分の住む家さえ買えない状況で、国の指導者のみ富貴を貪るなど言語道断!

何故誰も反対しない? いつも反対する野党―自由党、緑の党は何をしているのか?

クレイグ トンプソンと言う労働党議員は、$24000の外遊費を使い、42日間にわたって、イギリス、アイルランド、フランス、スペイン、アメリカと視察したが、そのレポートの内容は、ウィキペディアをコピペしたものだった―(フェアファックス レポート)。
そんな奴まで昇給されていいのか?

と言った糾弾が見受けられる。

尚今日のニュースでは現行の$367,000から2012年度には$481,000に上昇すると書かれてある。

上記に関しては、大衆紙であるヘラルドサンではボロカス。12月1日時点の同紙サーベイでは、“許せない!”が90%、“妥当”が10%であったかと思う。
それに対しインテリ層が読者に多いザ エッジ では “許せない”65%、 “妥当”35% ではなかったかと記憶している。

私も一般小市民であるから始めて記事を読んだ時は「ナニオーッ!許さんッ!」と桃太郎の英樹のように眉をピクピクさせ、夜中に白装束で打ち込んで殺してやりたい!と思ったわけだが、ふと日頃のジュリアを思い浮かべて、果たしてあのオバハンが、“もっと金が欲しい”と言うチンケな理由で、明らかに猛烈なバックラッシュが予想されるポリーズの大昇給に踏み切るだろうか?と疑問に思った。

私は労働党の支持者では無いが、あの赤毛のオバハンは嫌いではない。
特にあの流れるような弁舌、批判に屈しないタフさ、苦手と言いつつしたたかな外交は賞賛に値するものだと思っている。
度胸も据わっており、日本大震災後には、世界の首脳としては一番に被災地を訪問している。

その彼女が、メディアと国民の大批判を予想できないはずはない―と言うことはやはり必要なのでは無いか…。

野党自由党代表トニーアボットについても最初は呆れた。
「何故、この大チャンスに反対しない!」
と。
私は彼はアホだと思っているが、しかしこれも良く考えてみると、いくらアホでもそれが分からないほどのドアホではないだろう―。
と言うことは、野党も人材に苦しんでいるということなのか…。

そういえば少し前、野党自由党の人材不足がテレビでレポートされていた。
確かに自由党のメンバーを見るに、アボット、ビショップ、ホッキー、ターンブルとパッとしないのが上層部に顔を連ね、鋭い意見も聞かない。それプラス、若手にろくなのがいないとテレビは伝えていた。

よく考えてみれば、政治家って大変な仕事だ。
特に首相は責任とメディアの攻撃が集中する24/7の仕事でプライベートの時間も無い。
しかも右も左も中間も駄目―要するに何をやってもやらなくても攻撃される損な役回りだ。
しかし、頭は滅茶苦茶良くないとつとまらない…と考えた時、それがいかに割りに会わないものかと言う事に思い当たった。
「お前に出来るか?」
と聞かれれば
「死んでも無理」
と即答するだろうし、それは私だけではないはずだ。

それと比べて世の中たいしたこともしていなにのに結構な金を貰っている奴もいる。
大企業の幹部もそうだが、スポーツ選手や芸能人なんてその典型だ。
考えてみれば、球を打ったり転がしたりするのが上手かったり、なり切るのが得意なだけの連中が、国家の重責を双肩に負う首相や大統領より遙かに稼ぎが多いというのはおかしな話だ。

という観点から私は良き人材確保の為に昇給は必要なのだろう―と一般貧乏人にしては好意的に見ている。
だがやはり、大臣クラスのフロントベンチャーは別として何やってるかわからない無名の下っ端議員まで大幅昇給されるのはいい気はしませんがね。

最後に…グリーン党が金に対してNOって言っているのを聞いたことは無い。

参考記事
http://www.news.com.au/national/pay-dirt-for-mps-did-anyone-give-them-a-performance-review/story-e6frfkw9-1226222880380
352782-julia-gillard.jpg

スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/434-e3a48563

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.