笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


豪、インドへのウラン輸出解禁か?

2011/11/15 23:53|オーストラリアの株、不動産ニュースTB:0CM:0
豪首相ジュリア ギラードは来月開催の労働党会議においてインドへのウラン輸出解禁を議題とする旨発表した。
これまで豪はインドがNPT(核不拡散条約)に批准していないことから同国へのウラン輸出を禁止していたが、首相は本日キャンベラで
「インドは急成長に伴い数億人もが貧困層から脱却している。それらの人々の生活の為にも、より大量のエネルギーが必要である」と唱えると共に、インドとの経済関係強化の必要性を説き、禁輸継続は豪経済に恩恵をもたらさないと主張した。

豪は世界第三位のウラン輸出国で、ウラン輸出は豪経済に$750ミリオンの利潤をもたらし、4200の雇用を生み出している。
インドの原子力依存度は現在3%であるが2050年までに40%に上昇すると予想される。
ギラード首相は
「インドは豪にとって第4位の輸出先であり、その対豪市場価値は$16ビリオン。インドの成長と繁栄は豪輸出産業に巨大な利益をもたらす」
とし、豪印の貿易拡大が雇用の増加に繋がるとも語った。

これまで豪はインドに対しNPT批准を働きかけてきたが、それに関しギラード首相は、
「2005年米印二国間における民生用原子力協力合意を受けてNPTの同国に対する暫定禁輸は事実上解除されている」との見解を示し、豪の対印ウラン輸出に障害は無いとする。

ギラード首相はインドはパキスタンやイスラエルとは質が異なり、ウラン輸出先として安全であると主張。
但し豪国内の原発開発については他に安価な代替エネルギーが豊富にあるとして否定した。


豪とウランに関する事実
豪は世界で生産可能なウランの31%を保有する。
豪のウラン生産量は現在世界の11%である。
豪はカナダ、カザクスタンに次ぐ世界3位のウラン生産国である。
豪のウラン年間輸出量は7000-10000トン。売り上げは$1ビリオンである。
専門家は輸出量は2014年には14000トンに上昇すると予想する。
豪のウラン生産量は2030年までに28,500から37,000トンまで上昇可。
同上昇は現在から2030年の間に豪GDPに$17.4ビリオンの恩恵をもたらす。

豪のウラン採掘鉱床
現在稼動中の豪国内ウラン採鉱は3つのみ
BHP ビリトン オリンピックダム SA
ERA(エナジーリゾースオーストラリア)レンジャーマイン NT
ヒースゲートリゾース ビバリーマイン SA
但しSA,WA,NTでは新鉱床が開発中である。

世界とウラン
世界31カ国に432の原発が存在する。
原子力発電は世界電力需要の13.5%を供給する。
世界の原子炉数は2030年までに782まで増加すると予想される。
約60カ国が原発開発に関心を示している。
新規原子炉建設はインドと中国に偏っている。

世界のウラン生産国上位6カ国
カザクスタン
カナダ
オーストラリア
ナミビア
ニジェール
ロシア

(資料元 世界原子力協会、IAEA、豪ウラン協会)

コメント
以前はインドにウランは売らん!(オヤジ並?)とか偉そうに言ってたのに…。
豪は、儲かる国には露骨なスマイルで臨みますからねえ。
もう新聞でもテレビでも事あるごとにインド中国。
「アジア世紀だ!」
なんて…。

しかもNPTなんて無視してアメリカがオッケーなら豪もオッケー。
世の中「力が正義」って典型的な例ですね。

それが分かっているから中露は軍事に力を入れ且つ他国に投資し、他国の資本を自国に取り入れるんでしょうね。
喧嘩が強くて金があって尚且つ人質も取ってある上に自国のイメージアップ(動物保護、宇宙開発など)― 正義の条件に近付きつつあるといったところでしょうか。
日本はこの原則、わかってるんですかね?

ところでニュースを受けて生産の可能性のあるウラン系株は

ディープイエロー(DYL)プラス28%
トロエナジー  (TOE)プラス10.39%

とまずまずの上昇を見せている。

記事原文
Prime Minister Julia Gillard says it's time to change uranium policy over India deal
From: AAP
November 15, 2011 3:06PM
Ms Gillard will ask next month's ALP national conference to overturn long-standing party policy that allows uranium to be sold only to nations that have signed up to the nuclear non-proliferation treaty.
India is not a signatory to the treaty.
"As India rises and brings hundreds of millions of people out of poverty it will need more energy," Ms Gillard said in Canberra today.
The Prime Minister cited economic benefits as one of three reasons for lifting the ban.
Australia was the world's third largest supplier of uranium which contributed more than $750 million to the economy and created more than 4200 jobs.
India was expected to increase its use of nuclear power from the current three per cent of electricity generation to 40 per cent by 2050.
"India is our fourth biggest export markets, a market worth nearly $16 billion to Australia, with enormous potential to grow as India becomes wealthier," Ms Gillard said.
India is looking to supply 40 per cent of its energy need through nuclear energy.
"We are a very big supplier of uranium so having access to this new and growing market is good for Australian jobs."
Ms Gillard said lifting the ban was another step forward in Australia's relationship with India.
It came at a time when Australia faced a unique set of opportunities in what she called the "Asian century".
"India as a rising giant will be part of that strong economic growth," Ms Gillard said.
"Put simply, our best possible partnership with India is also good for Australian jobs."
Ms Gillard said Australia had pursued international diplomatic efforts to bring India into the nuclear non-proliferation treaty.
But the US-India Civil Nuclear Agreement, signed in 2005, changed that strategy.
"It effectively lifted the de facto international ban on co-operation with India in this area," Ms Gillard said.
Australia would be penalised economically if the Government continued its ban on uranium sales to India.
India is forecast to lift its use of nuclear power from three per cent now to a forecast 40 per cent in 2050.
"Given this change in diplomatic circumstances around the world, for us to refuse to budge is all pain with no gain," Ms Gillard said.
The Prime Minister said Labor's national platform should recognise the reality of selling uranium to India.
Ms Gillard said India was in a class of its own, unlike Israel and Pakistan.
She ruled out use of nuclear energy in Australia, saying the nation had access to abundant cheaper energy resources.

Factbox on the Australian and world uranium industry:
* Australia has 31 per cent of the world's cost effective recoverable uranium
* It currently produces 11 per cent of the global uranium requirement
* Is the number three producer, behind Canada and Kazakhstan
* Exports are about 7000-10,000 tonnes per annum, or about $1 billion
* Exports forecast to increase to 14,000 tonnes in 2014
* At full potential, Australia could lift to between 28,500 to 37,000 tonnes by 2030
* This could add up to $17.4 billion to gross domestic product between now and 2030

Mines:
- Australia has three operating mines
* BHP Billiton Olympic Dam in South Australia
* ERA Ranger mine in the Northern Territory
* Heathgate Resources Beverley mine in South Australia
- Others are being developed in SA, WA and NT

The world and uranium:
- 432 nuclear reactors in 31 countries
- They provide 13.5 per cent of the world's electricity requirements
- Operating reactors are forecast to rise to 782 by 2030
- About 60 countries are interested in developing nuclear energy capacity
- Most of this growth seen in India and China

Top six uranium producers:
Kazakhstan
Canada
Australia
Namibia
Niger
Russia
(Sources: World Nuclear Association, IAEA, Australian Uranium Association, AAP)

関連記事
http://news.smh.com.au/breaking-news-business/uranium-shares-soar-on-india-trade-talk-20111115-1ngnr.html
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/408-f464ab62

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.