笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本農協の恐るべき障壁

2011/02/19 20:28|オーストラリアの日本関連ニュースTB:0CM:0
日本農協を説明する時、IMMENCE(巨大)という言葉でさえ表現するに足らず。
JA 日本農業組合は蛸の足のように多方面にわたって伸び、日本地方社会の経済、政治と密接に関わっている。

その規模はオーストラリアの国民農業連盟(NFF)とは比較にならず、驚くべきことに、224000人のの雇用を抱えている。
しかもナリンチュウキン銀行を経営し、その規模は日本国内第三位である。
さらに、強力な保険システムを農業社会に浸透させ、読売新聞の発表ではその契約額は¥330Trillion(330兆円)($3.9Trillion)で、世界で最も大きな保険会社の一つとなっている。

JAは農民から作物を収集し、一定のコミッションを払う。但し農家の肥料、農薬、農機械は、JAによって供給される。

その設定は絶対であり、もしその掟に背くならば、時に組織追放の仕打ちを受ける。

JAは、日本政府が意図する、環太平洋自由貿易圏(TPP)並びにオーストラリアとの自由貿易協定(FTA)締結に、最大の障壁となって立ちはだかっている。

問題は日本とオーストラリアの締結に対する意思が、JAゴジラを打ち負かすほど強いものであるかどうかと言うことだ。

元政府貿易ネゴシエターであり、JAを強く批判する山下かずひと氏は言う。
「JAは戦前から続いており、農畜産業を厳しく管理し、政治的な力も強い。
戦後は政府の許可を得て、農家の米を買い上げ、それがブラックマーケットに流れるのを防いでいた。

政府が米価値上げをしたのにあわせ、農民を組織してデモを起こし、1960年代と1970年代共にさらに10%前後の値上げに成功している。

JAにはさらなるコミッションが入り、富を築くと共に、農地の宅地化にあわせて住宅ローンなど銀行業務も兼ねるようになった。

また、引退した農作業者もメンバーとして残っているため、農業人口の急激な減少にも拘らずその数はなんと一千万人に上る。

さらに貿易自由化を強く推進する山下氏は言う、
JAは、2009年まで55年間与党に居座った自民党と一蓮托生の関係でやってきた。
その組織は未だに膨大な組合員を抱えるが、離脱するものも出始めている。

スーパーや消費者に直接販売したい専業農家にとってJAは不要である。

愛知県で農業を営む岡本しげき氏は、10年前にJAと決別し、“農協との戦い30年”
と題した本を出版した。

岡本氏は、利口な農家は貿易自由化など何も恐れることはないという。

彼は、100ヘクタールの田畑を所有し、収穫の80%は、直接スーパーマーケットやレストランに卸される。

自身で市場を開拓した彼は、JAにコミッションを払うことの無駄を唱え、自由貿易化による日本農業の消滅など詭弁であると言う。
「自由化によって一部の農産品は影響を受けるだろう、しかし我々も自由に取引する事ができる。そこに需要と販売ルートがある限り、世界第一流の日本農業の技術と品質を持ってすれば何も恐れることは無い。JAは農家の要求に目を開かず、地方を売り物にしている」

豪NZ商工会議所会頭並びに、畜産オーストラリア、東京支部代表のメラニー ブルック氏は、JAは貿易自由化に対して多くの反対運動を組織してきたという。

JAには依然ある程度のサポートはあるが、日本国民も自由化によって運輸コストが下がると言うことに気づきはじめた。
私の見る限り、国民は輸入食糧無しに日本の食料需要は満たせないのは分かっているが、小規模農家も保護したいというジレンマに困惑しているように思う。
JAの反対運動が、日本のTPP,FTA締結になんの効も成さないことを祈っている。

豪自由化推進派は、日本とのFTAが締結されれば20年で豪GDPに$39Billionの増加が見込めると言う。

対日貿易では、現在牛肉38.5%、乳製品30%、小麦252%、砂糖328%の関税が掛けられている。
米の関税はさらに高いが、オーストラリアの対日米輸出は些少である。

JAは、都合の悪い質問には答えないが、TPP,FTAが日本農業にダメージを与えるという調書だけは提出する。


コメント
オーストラリアは真剣に日本とのFTAを望んでいるようですが…。
このまま日本が優柔不断を続けていると韓国その他の国に先を越され、相手にされなくなるかもしれませんね。
豪のような資源大国は引く手あまたですから。


19/02/2011
Japan's farm lobby a formidable opponent
WHEN it comes to describing Japan's peak agricultural lobby group, even the word "immense" is an understatement.
JA, the federation of Japanese agricultural co-operatives, is a sprawling octopus with its tentacles wrapped around many facets of rural, economic and political life in Japan.
Australians, used to comparatively lean organisations such as the National Farmers Federation, might be stunned to learn that JA has 224,000 salaried employees.
It runs the best-known Japanese bank on Wall Street, the Narinchukin Bank, which also happens to be Japan's third largest.
It has a similarly powerful insurance arm and it has a finger in pretty much every agricultural pie in Japan. The Yomiuri Shinbun newspaper recently reported that JA's insurance contracts were worth Y330 trillion ($3.9 trillion), making it one of the world's largest insurers.
It collects crops from farmers for a commission and it supplies them with inputs such as fertiliser, insecticide and machinery.
Such is its level of influence over Japanese agricultural life that sometimes when farmers try to escape its clutches they find themselves ostracised.
JA is the main stumbling block to trade liberalisation in the world's third largest economy and is the key force opposing its government's attempts to join a free trade zone in the Asia-Pacific (the US-backed TPP, or Trans-Pacific Partnership) and finalise a free trade agreement with Australia.
The question is: will the combined will of the Japanese and Australian governments be strong enough to defeat the Godzilla of Japanese agriculture?
Kazuhito Yamashita , a former trade negotiator for Japan and a staunch critic of JA, says the organisation exercised tight control of rural areas before World War II and fast became a potent political force.
In the aftermath of the war, it operated with government approval, collecting rice from farmers to prevent them from selling on the black market.
Then, when the government increased the rice price, it began to organise farmers and led protests that achieved successive price increases of around 10 per cent in the 1960s and 1970s.
JA received commissions on sales and became wealthier. When rice farmers began turning their plots over to housing development, JA was on hand to provide home loans and banking services.
It also kept these retired farmers on its books, so it still had 10 million members despite a dramatic fall in the number of farmers.
Yamashita, who strongly supports Japan's trade liberalisation push, says the organisation operated in lockstep with the Liberal Democratic Government that ruled Japan for 55 years until 2009.
But while JA's membership remains huge, some farmers are breaking away from the organisation.
"The full-time farmers aren't on good terms with JA because they would like to sell their products direct to consumers or supermarkets," Yamashita says.
Shigeaki Okamoto, a farmer from Aichi Prefecture in the centre of Japan's main island of Honshu, split with JA 10 years ago and later published a book, My 30-year battle with JA.
Okamato says smart farmers have nothing to fear from trade liberalisation and he accuses JA of neglecting its members.
The firebrand farmer runs a 100ha rice paddy and market garden.
He says he doesn't need JA because 80 per cent of his produce is grown to order for supermarkets or restaurants.
He says he has been able to find export markets for himself instead of paying JA a commission to sell his produce.
"There were only disadvantages" to being a member of JA, he says.
He says that Japan's farmers might be outgunned on price by imported products in some areas, but they could compete internationally on quality in others and find lucrative niches.
"Japanese farmers' skills are equal to the world's best, so there is nothing to fear."
It is "a sophistry" to say that Japanese agriculture would be crushed by free competition, he says.
"As long as there are sales channels to sell their products freely, the Japanese farmers can surely win."
He says JA has sold out rural areas and lost sight of the needs of farmers.
Melanie Brock, the Tokyo head of Meat and Livestock Australia and chairwoman of the Australia New Zealand Chamber of Commerce in Japan, says JA is organising a series of protests against trade liberalisation and the Japan-Australia free trade agreement.
She says the farm lobby enjoys some public support but consumers are beginning to realise that trade liberalisation would mean lower shopping bills.
"I think people are in a quandary -- they realise Japan can't provide for its food needs but they do want small farmers to be supported," she says.
She is hopeful that the organisation's protests fall on deaf ears and that Japan will embrace trade liberalisation through the FTA and TPP.
Proponents argue that an FTA with Japan would boost Australia's GDP by $39 billion over 20 years.
And while agriculture is not the only intended beneficiary, the tariffs on agricultural imports are punishingly high.
Australian beef faces tariffs of up to 38.5 per cent, dairy products up to 30 per cent, wheat 252 per cent and sugar 328 per cent.
Rice tariffs are even higher but Australia exports little rice.
JA declined to respond to specific questions but supplied fact sheets stating both the TPP and the Australia-Japan FTA would be damaging to Japanese agriculture.
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/40-2bce6f55

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。