笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


日本語教師の回想―どう説明する? “は”と“が”の違い

2011/11/02 23:34|言語関係TB:0CM:4
M.K寄稿
私はかつて日本語を教えていた。
もちろん女子高で。
教壇に立つと前には20人ばかりのうら若きおとめが座っている。
季節は股間のむせかえる夏。
その学校のスカートは感動するほどに短かった。
だから机の下にはいつも白や黄色の蝶がヒラヒラと飛んでいた。
それを見ると私の頬はにこやかに弛み、「今日も頑張るぞっ!」
という気になって声も弾んだ。
その私を彼女たちは「何てヤル気のある先生なの!」と好意的に受け取ってくれ、クラスはわき合い合いとした雰囲気で進んだ。

ある日、生徒の一人が
「“は”と“が”ってどう使い分けるんですか?」
と私に聞く。
「え?」
頭の回転の遅い私は答えに窮した。
「慣れるしかないねえ…」
つい曖昧な答えが口から出た。
一瞬教室が静かになる―。
その時の生徒達の軽蔑の眼差し…
「この先生アホや―」
その目はそう語っていた。

その帰り私は電車の中で反省した。
「私は…私が…君は…君が…」
そう考えている時、私はそれまでの人生で1,2を争う凄い屁をスカしてしまった。
一車両の空気が全て黄色く染まり、周りの人間が顔をしかめ猜疑の目を私に向ける。
その匂いは自首するにはあまりにもおぞましいものだった。
「誰だこんなのしたやつは!」
私も同じように鼻をつまみ被害者面で辺りを見回す。
〈なんでこんなに屁臭いのだ?〉
その時私はハッとした。
〈そうか、そういう事だったのか!〉


次のクラス。
私は前回の汚名を返上したかった。
「みなさーん。教室でこれスカしたら、友達いなくなっちゃうって日ありますよねっ?」
彼女らは白い顔をやや赤くして俯いた。
「ありますよねっ!」
私の気合に押され半分の生徒が小さく顎を縦に振った。
素直ないい子達だ。
「つまり、そのスペシャルな屁、すなわち特定の物、状態を描写する時に、 “が” を使うのです。―屁臭い―と。わかりましたか?」
私は彼女らを正しく理解させる為黒板に
HE GA KUSAI = THE FART STINKS
HE  WA KUSAI = All  FARTS STINK
と書いた。
再び教室に面した時、生徒達の目は尊敬の輝きに満ちていた。
私は見事名誉挽回に成功したのだ。

この国ではつめ込みは通用しない。
全て論理なのだ。
WHYと聞かれて即 BECAUSE で返せないと馬鹿にされるのだ。
新米教師の諸君、肝に銘じておきたまえ。

ゴメン…言い過ぎた…。
実は…ほんのちょっとカジッタ程度。
本職の先生方、お気に触ったら寛大な御心で許してやってね。
例外いっぱいあるよ―とか突っ込んじゃ駄目よ。

でもさ、日本語ってもうやばいよね。

P.S
ああ、白や黄色の蝶ちょ捕まえたかったな―。
スポンサーサイト
naonyan #0xvSN/bU|2011/11/03(木) 23:28 [ 編集 ]
あはは!!
こういう説明が一番わかりやすいね☆
Melozy #-|2011/11/04(金) 17:53 [ 編集 ]
こっちのクラスってさ、質問おおいっすよね。
たいした事は教えられなかったけど、苦労しましたよ。

By MK
KO #-|2014/05/06(火) 16:31 [ 編集 ]
はじめまして。今頃、投稿して読んでいただけるでしょうか。MKさんの屁を使った説明、完璧だと思います。素晴らしいと思います。初めて自分の考えを理解してくれそうな方に巡り会えた気持ちで嬉しくなりました。以下は私なりに「は」と「が」の使い方を整理したものです。

日本語に主語があるのかないのかというのは議論されているところではあるが、話を進める都合上、「aはA」及び「aがA」という形の文の「a」を主部,「A」を述部と形式的に呼ぶことにします.
①{サメ,クジラ,マグロ}の中でほ乳類はどれか?という質問に対する答え
「クジラがほ乳類だ」は「クジラ」については「ほ乳類だ」ということを強く肯定し、その他のもの(「サメ」と「マグロ」)については否定的な主張と受け取れます。それに対して、同じ質問に対する答え「クジラはほ乳類だ」は「クジラ」については肯定しているけれど、その他のもの(「サメ」と「マグロ」)については肯定も否定的もしていないと受け取れます。
「a」を含む集合が与えられている(または想定される)場合、「a」と「A」の結びつきが「a」以外よりも強いと主張したいときは「aがA」と言います。「a」と「A」の結びつきは肯定するが「a」以外については肯定も否定もしないときは「aはA」と言います。
②生まれて初めて動物園でキリンを見た子供が「うわー、首が長ーい!」といった場合、動物の「首」というものは必ずしも「長い」わけではないが、今見ている「首」については「長い」と主張いていると考えられる。それに対して、数学の定理「三角形の内角の和は180°である」は、どの「三角形の内角の和」も「180°である」という主張だと考えられる。
 どの「a」についても「A」と言えるわけではないが、この「a」については「A」と言えるという場合は「aがA」と言います。どの「a」についても「A」なのだと主張する場合は「aはA」と言います。
③薄曇りの日の地平線近くにある月を見て「うわー、月が赤いぞ!」と言った場合、「月」というものはいつも「赤い」わけではないが、この時は「赤い」と主張していると考えられます。それに対して「太陽は東から昇る」という命題は「太陽」がいつでも「東から昇る」という主張だと考えられます。
 いつの「a」についても「A」とは言えないのだが、この時は「A」と主張する場合は「aがA」と言います。いつの「a」についても「A」と主張する場合は「aはA」と言います。
 http://www.k3.dion.ne.jp/~okayasu1 も見ていただけると光栄です。
KO #pWsal5Gc|2014/05/06(火) 16:39 [ 編集 ]
今頃、投稿して読んで頂ける出しょうか。MKさんの屁を使った説明、完璧だと思います。本当に素晴らしい!以下は私なりに「は」と「が」の使い方を整理したものです。

日本語に主語があるのかないのかというのは議論されているところではあるが、話を進める都合上、「aはA」及び「aがA」という形の文の「a」を主部,「A」を述部と形式的に呼ぶことにします.
①{サメ,クジラ,マグロ}の中でほ乳類はどれか?という質問に対する答え
「クジラがほ乳類だ」は「クジラ」については「ほ乳類だ」ということを強く肯定し、その他のもの(「サメ」と「マグロ」)については否定的な主張と受け取れます。それに対して、同じ質問に対する答え「クジラはほ乳類だ」は「クジラ」については肯定しているけれど、その他のもの(「サメ」と「マグロ」)については肯定も否定的もしていないと受け取れます。
「a」を含む集合が与えられている(または想定される)場合、「a」と「A」の結びつきが「a」以外よりも強いと主張したいときは「aがA」と言います。「a」と「A」の結びつきは肯定するが「a」以外については肯定も否定もしないときは「aはA」と言います。
②生まれて初めて動物園でキリンを見た子供が「うわー、首が長ーい!」といった場合、動物の「首」というものは必ずしも「長い」わけではないが、今見ている「首」については「長い」と主張いていると考えられる。それに対して、数学の定理「三角形の内角の和は180°である」は、どの「三角形の内角の和」も「180°である」という主張だと考えられる。
 どの「a」についても「A」と言えるわけではないが、この「a」については「A」と言えるという場合は「aがA」と言います。どの「a」についても「A」なのだと主張する場合は「aはA」と言います。
③薄曇りの日の地平線近くにある月を見て「うわー、月が赤いぞ!」と言った場合、「月」というものはいつも「赤い」わけではないが、この時は「赤い」と主張していると考えられます。それに対して「太陽は東から昇る」という命題は「太陽」がいつでも「東から昇る」という主張だと考えられます。
 いつの「a」についても「A」とは言えないのだが、この時は「A」と主張する場合は「aがA」と言います。いつの「a」についても「A」と主張する場合は「aはA」と言います。
 http://www.k3.dion.ne.jp/~okayasu1 も見て頂けると光栄です。  KO
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/399-f5d9b23e

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.