笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーシェパード決死の妨害を宣言。オペレーション“カミカゼ”

2011/10/04 23:16|調査捕鯨TB:0CM:4
過激反捕鯨団体シーシェパードは日本の南極捕鯨継続の報を受け、今シーズン新たに100人のボランティアを南極海に派遣する旨同団体のフェイスブックに発表した。
今夏のキャンペーンは“カミカゼ”と名付けられ、彼らは鯨保護に命がけで臨むという。
「奴らは妨害されたくなかったら俺たちを殺さなければならない。日本人は残酷で違法な絶滅危惧種の殺戮の為に人間も殺すのか!もしそうなら潔く死んでやるぜ」
と代表のポール ワトソンは息巻いた。

昨夏、シーシェパードは現在シドニー湾に停泊修理中のボブ バーカー号を含む持ち船で捕鯨船団を早期撤退に追い込んだ。
日本政府は今シーズンの操業に先立って乗り組員の安全と保護の為$27ミリオン(約22億円)既定予算に上乗せ。
ポール ワトソンは
「とってもドラマチックでアドベンチャラスな3ヶ月が12月から始まる。俺達は今回もまた奴らを止める自信がある」
と宣言した。

日本の環境保護団体は日本政府が鯨類研究所の調査捕鯨コストに不平つのらせていると発表。
ワトソンは日本の捕鯨継続をただ単に面目を保つ為と非難。
「奴らは必要もなく利益にもならない鯨の殺戮を奴らの信じる権利とやらと殺したいが為だけに続けている。しかも国際鯨保護区で!ただ奴らの体面を保つ為だけにな!」
と言い放った。
日本は独自の捕獲割当を設定し年間約1000頭のミンク鯨を捕獲する。
(完全直訳)

コメント
「ふざけるな!許せない!」
と日本語で叫ぶのは政治家だけにしてくれよ。
これは恐ろしく単純で明白な挑発である。
普通以上の知能を備えた者ならば、相手が怒らせようとしている時にその希望通りに怒ったりはしない。
だが近年の日本の政治家はその予想通りの反応をして世界の嘲笑を買う。


≪ポールの哄笑≫
昨夏、日本捕鯨船が早期撤退した時のポールの顔-それは気の毒なほどに沈んでいた。
「我々は年々勢いを得、日本は年々衰退する!」
本来ならば、生き生きと宣言されるべきだが、彼のベジタリアンとか抜かしつつ、脂ぎったデブ面は、土気色に凍っていた。

彼は恐れたのだ…。
「もしや、帰って来てくれないのでは…?」

♫帰って来いよ~帰って来いよ~帰ってこぉ~いよぉ~♫

彼は無意識の内に松村和子(だっけ?)とかいう今生きてるか死んでるかも知らない演歌歌手の歌をギター片手に口ずさんでいた。

もし帰ってこなければ膨大な減収になる。
シーシェパードの収入の約95%は南極の捕鯨妨害に充てられる。 以下参照。
http://melozy.blog.fc2.com/blog-entry-59.html

ということは裏を返せば、この南極パフォーマンスにより収入の大部分を得ている事になる。

彼は不安だった。
何としても日本に捕鯨を続けさせたい。
そのために様々な嫌がらせをした。
津波震災に至っては“海神の祟り”と嘲笑う詩“TSUNAMI”を書いた。
日本のヒーロー“宮本武蔵”を騙り、今回のミッションも“カミカゼ”とわざと日本人の民情を逆撫でするよう命名した。
彼は日本人を研究している。
過激な言が捕鯨船回帰の言い訳になってくれるだろうと。

「妨害に屈するな!」
日本政府はその予想通りに反応した。

しかも“宣伝費”を上乗せしてくれるという。

〈す、すごいぞ日本!予想以上だ!〉
だがその喜びを世間にはさらせない。
彼は横腹の脂肪を思いっきり抓った。
涙が出るまで抓った。
「鯨の為に戦うぞ!」
だが堪えても堪えても腹の底から湧き上がって来る嬉しさは抑えようが無い。
彼は聴衆に背を向け、急いで黒い髑髏船のキャビンにこもると、上着を脱ぎ松村和子で腹を揺すって踊り狂った。

そして今、彼は日本を非難するコメントをメディアに吐いている。
「命がけで臨むぞ!殺せるものなら殺してみろ!」

だが彼の表情にこれから死にに行く者の悲壮感は感じられなかった。
口調は生き生きとし、顔の血色はベジタリアンとは思えぬほどに艶々していた。

私は見た。
     
彼の両目は ^ ^ こんなになっていた。
      $ $


≪日本の皆さんへ≫
学校で不良にカモにされていたのがどんな奴だったか思い出してください。
頭のいい奴、喧嘩の強い奴がカモられていましたか?
違うでしょう?
そのどちらでもない、雰囲気読めないくせに嫌われたくない…そんな中途半端な奴じゃなかったですか?

それが今の日本…。

哀しい事ですね。

≪お知らせ≫
今まで何度もアクセスしておられる方にはしつこくて恐縮だが、私は捕鯨記事コメントの返信はしない。
また捕鯨コメントは私の全捕鯨記事を熟読し、私の真意を理解された方のみと限定する。悪しからず。

記事原文
Sea Shepherds say they are ready to die to stop Japanese whaling
by: By Malcolm Holland
From: The Daily Telegraph
October 04, 2011
THE boat crews of radical anti-whaling group Sea Shepherd are prepared to die protecting the marine mammals in the Antarctic this summer, their leader said.
December's campaign against Japanese whalers in the frigid waters of the Southern Ocean will be called operation Divine Wind, Paul Watson said.
That was the name Japan's desperate military gave to kamikaze suicide missions by pilots in the last months of World War II, The Daily Telegraph reported.
Mr Watson used the group's Facebook page on the weekend to launch the campaign, claiming it would send 100 volunteers to Antarctica and was prepared to lose lives if necessary.
"They will have to kill us to prevent us from intervening once again," Mr Watson said.
"Are the Japanese people ready to take human lives in defence of this horrifically cruel and illegal slaughter of endangered and protected species of whales?
"If so, my answer to the Japanese government is 'hoka hey' - it's a good day to die."
Last summer, Sea Shepherd claimed its boats - including the Bob Barker, which is docked in Sydney undergoing maintenance - forced Japan's whaling fleet to head home early, cutting the number of whales they harpooned in the name of "scientific research".
The Japanese government has increased funding by more than $27 million to improve security and safety for its whaling crews.
Mr Watson promised a "very dramatic and adventurous three months beginning in December".
"I am confident that we will be able to stop them once again," he said.

Japanese environmental groups claim their government is increasingly frustrated at the cost of Japan's Institute of Cetacean Research whaling missions.
Mr Watson accused Japan of continuing its whale program solely to save face against opposition.
"It now seems they are simply obsessed with killing whales not for need and not for profit but because they believe they have the right to do what they wish and kill whatever they wish in an established international whale sanctuary, just for the sake of defending their misplaced honour," he said.
Japan sets its own quotas each year of about 1000 minke whales to be harpooned in the Antarctic.
630591-sea-shepherd.jpg
スポンサーサイト
なんじゃ #-|2011/10/05(水) 09:32 [ 編集 ]
数ヶ月前、TVのゴールデンタイム枠で放送されている社会解説番組で
シーシェパードの代表と日本の子供たちとの中継討論がありました。

捕鯨の賛否は別としまして代表の今までの行動言動を見るとちょっと
どころかかなり傾倒した思想の持ち主ですね。

彼のパワー、もっとほかに役立てれると思うのはわたしだけかな…
赤いハンカチ #EBUSheBA|2011/10/05(水) 10:12 [ 編集 ]
>日本政府は今シーズンの操業に先立って乗り組員の安全と保護の為$27ミリオン(約22億円)既定予算に上乗せ。

これ↑9月30日付けの読売の記事を元にしたものなのですが
どういうわけか“鯨研支援のため”が抜け落ちておられます。
正確には下記であります。



|政府は、妨害活動の影響で経営が悪化している調査捕鯨の実施団体「日本鯨類研究所」に対する支援も行う。
|乗組員の安全対策費とあわせて、計20億円を11年度第3次補正予算に計上する方針だ。

つまり「鯨研支援」+「乗組員安全対策費」→2011年度第3次補正予算20億円ってことです。

なお2011年度調査捕鯨本予算は約7億円(鯨類捕獲調査円滑化事業費補助金715,195千円)であります。
http://www.maff.go.jp/j/aid/hozyo/2011/suisan/pdf/37.pdf

また2011年度北太平洋鯨類目視調査「POWER/IWC」予算は約3.6億円(鯨資源調査等対策推進費363,785千円)であります。


つまり2011年度は7億円(本予算)+20億円(補正予算)+3.6億円(目視調査)≒30億円が財団法人日本鯨類研究所に行くというわけなのです。
非常においしい商売、これじゃやめられませんね。
赤いハンカチ #EBUSheBA|2011/10/05(水) 10:18 [ 編集 ]
2011年度北太平洋鯨類目視調査「POWER/IWC」予算は約3.6億円(鯨資源調査等対策推進費363,785千円)
http://www.maff.go.jp/j/aid/hozyo/2011/suisan/pdf/36.pdf
ハルハル #-|2011/10/07(金) 22:55 [ 編集 ]
こんにちは。
シーシェパードの意図を解りやすく、面白、可笑しく書いて下さり大変参考になりました。
シーシェパードに関しては複雑な思いでおりますが、この文章を読んでちょっと気分が解れました。
Melozyさんのユーモア溢れる解説には脱帽です。
ほんと頭良すぎです。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/372-321f5ac4

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。