笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バージンギャラクティック1年以内に宇宙飛行就航か

2011/09/16 19:50|宇宙関連TB:0CM:0
来るべき商業宇宙旅行時代にさきがけ、バージングループのボス、リチャード ブランソンは12ヶ月以内の宇宙旅行船就航を発表した。
「母船は完成した。ロケットテストは快調。予定通り12ヶ月以内に就航できそうだ。これから民間人の宇宙旅行時代が始まるのだ!」
とブランソン氏はCNNに熱く語った。
バージンは既に430の宇宙旅行チケットを売却。
チケット一枚の価格は$200,000で$86ミリオンの売り上げを計上。

彼の会社は宇宙旅行だけでなく宇宙ホテル建設、サテライトの設置、また大陸間高速旅客機の開発にも取り組み、同氏はロサンゼルス、ロンドン間1時間も夢では無いと語る。

NASAは、30年のシャトルプログラムを7月に閉鎖したが、いくつかの民間企業がその穴を埋めんと立ち上がり、ボーイング、スペースX等の企業には米宇宙局から総額$270ミリオンの研究補助金が支給されている。

コメント
リチャード ブランソン、大金持ちで男前、いけすかない男の典型のような奴だが、ウチの嫁は「目と目が離れていて気持ち悪い。ブ男」と言う。
ま、彼女は私と結婚するぐらいだから美的感覚が多分におかしいのだろう。

それはともかく、この記事にある様な民間宇宙開発。
大いに気持ちが高揚しませぬか?
フロンティアを失い、腐り始めた地球に必要なもの。それは-宇宙への挑戦-とは多くの者が思っているだろう。
だが各国政府は、自国民の生活を救済するだけで四苦八苦。
酸素の無い世界に税金を回す余裕は無い。

そこで民間企業。
私は世界の大金持ちも一般人も余裕のある者はこういった宇宙開発会社にもっと投資、寄付すべきだと思いますね。
それが下らない事で争っている人類が、地球人として纏まるさきがけになると…。

旅費は$200,000ですか。
先のロシアのオービタル テクノロジー宇宙ホテル滞在$1ミリオンより値段もお手頃!?だし、信頼性も高そうですね。
値段、そのうちジェットスターの日本行きみたいになりませんかね。
そしたら私も行けますよ。

バージンギャラクティック予約サイト
http://www.virgingalactic.com/booking/


記事原文
Virgin Galactic space flights to start within a year, Richard Branson says
From: AFP
September 16, 2011 11:03AM
VIRGIN boss Sir Richard Branson hopes to launch a vessel into space within the next 12 months, kicking off an era of commercial space travel.
"The mother ship is finished... The rocket tests are going extremely well, and so I think that we're now on track for a launch within 12 months of today," he told CNN.
"This could be the beginning of a whole new era of space travel, which will be commercial space travel."
His company, Virgin Galactic, hopes to one day send people into space and launch satellites for a fraction of the cost of government-run programs, as well as eventually offering high-speed intercontinental flights.
"About an hour between Los Angeles and London is not completely out of the question," Sir Richard said, adding that it will likely take many years before the company can offer such a service.
In the meantime, Virgin has sold some 430 tickets for space travel - at $200,000 a pop - for an estimated $86 million.
"It's not a cheap thing to build a spaceship company and it's been fantastic to have people all over the world sign up," Branson said.
The company plans to begin by taking tourists on sub orbital flights before eventually soaring higher. Branson has said in the past he hopes to one day build a hotel in space.

A number of private companies are rushing to fill the gap left by NASA, which ended its 30-year shuttle program in July with the completion of the final Atlantis mission to the International Space Station (ISS).
Earlier this year, the US space agency distributed nearly $270 million in seed money to four companies - Boeing, SpaceX, Sierra Nevada and Blue Origin - to boost their bids to be first in the new space era.

952720-space-tourism.jpg
リチャード ブランソン 
branson2.jpg
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/356-cb69551f

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。