笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


調査捕鯨、継続か否か?揺れる日本国内世論

2011/08/12 18:38|調査捕鯨TB:0CM:0
政府水産庁の中に、調査捕鯨停止の案が浮上している。

昨シーズンの南極捕鯨はシーシェパードの妨害により捕獲頭数は予定の5分の一に留まり、船団は期間を短縮して帰港した。

同庁評議員の阿南 ヒサ 氏は、シーシェパードによる妨害は無くならないとし、
「捕鯨船乗組員の安全を考慮し、政府は強制的な派船を続けるべきではない。日本は調査捕鯨を止めるべきだ」と主張している。

但し、庁内のその意見に対する賛同は少数に留まり、他の意見としては現行維持、規模の縮小などがある。
「鯨殺の銛を収める事は、シーシェパードのエコテロリズムに対する敗北であり降伏である」
との声もある。

元IWC日本代表小松まさゆき氏は
「日本の調査捕鯨は科学的理由に基づいた合法行為であり、止める必要は無い」
と主張する。
だがその主張に対し阿南氏は
「調査捕鯨は過去20年間継続され、十分な科学的データが揃っている。もし継続調査が必要としても不殺調査は可能である」と反論した。

また日本国内にはハイコストを理由とした反対の意見も増加している。
日本経済新聞のレポートによれば南極調査捕鯨の費用は年間約40億円。

鯨食は年々衰退を見せ、捕獲鯨肉は一部の人間の舌を喜ばすに留まり、その殆どは保冷庫に山積みされる。

捕鯨船は11月に南極に向けて出港予定。
水産庁の決断には3ヶ月しか残されていない。

コメント
中途半端はいけませぬ。
ここは信長の越前金ヶ崎の撤退を見習い、世界の非常識人と悪徳環保団体とは縁を切るのじゃ!

但し停止するにしても、間違っても「シーシェパードのせいで…」なんて言ってはなりませぬ。
シーシェパードの“シ”の字も出してはなりませぬ。

「日本の調査捕鯨は国際的に認められたもので完璧に合法であるが、世界の人々の気持ちを考慮して撤退します」

と堂々と発表し、
「環境保護団体はいずれ、貴方の国のバックヤードBBQも阻止しようとするでしょう」
と豪のような国に警告の一つ二つも発してやればよい。

私の意見は今までしつこいほどに述べてきたからこれ以上は言わない。

コメントは自由。嫌がらせでなければ削除しない。但しこの件に関して返信はしないのでご容赦ありたい。
私の意見が知りたいという物好きな方は、捕鯨記事全部読んでくださいな。

ところで私は今から出かけなければならない。
私のブログを読んでおられる方の中には 「このおっさん、なんちゅー閑人じゃ!?」 と呆れ返っている方もいるだろうが、そんな私にもやる事はあるのだよ。


記事原文
Japan considers canning whaling program
ABC
Updated August 12, 2011 15:38:47
Japan's powerful Fisheries Agency has publicly floated the idea of ending the country's controversial whaling program.
A report by an official agency panel has raised the option stopping the whaling program, saying constant harassment by the militant Sea Shepherd conservation group has made whaling too dangerous for Japanese crews.
Harassment by Sea Shepherd has limited the whaling fleet's effectiveness, and last season it was forced to return to Japan after harpooning only a fifth of its total quota of whales.
The agency panel was convened to examine the impact of Sea Shepherd's actions and make recommendations for the upcoming Southern Ocean whaling season.
Panel member Hisa Anan says she does not believe Sea Shepherd will ever stop its anti-whaling campaign.
"The crew of the whaling fleet should not be exposed to danger, and the government should not force the fleet to go out," Ms Anan said.
"So, I think Japan should end its research whaling."
Only a minority of the fisheries panel agreed with Ms Anan's call to end the whaling program.
Other options include keeping the whaling expeditions as they are, or scaling back operations in the Antarctic and taking a smaller catch.
For advocates of the whaling program, any talk of putting the harpoons away is defeatism and a capitulation to what is denounced as Sea Shepherd's "eco-terrorism".
Masayuki Komatsu, a former Japanese representative to the International Whaling Commission, argues the whalers are doing nothing wrong.
"We believe this is perfectly legal and scientifically justified," he said. "We should not give up."
Mr Komatsu's assertion that the whaling program is scientifically vital is dismissed by Ms Anan.
"Research whaling has been conducted for more than 20 years now," Ms Anan said.
"I think they've gathered enough scientific data. And even if they want more, they can conduct non-lethal research."
But increasingly, more and more Japanese are calling an end to whaling because of the high cost of the program.
According to Japan's Nikkei newspaper, it costs around $40 million a year to equip and supply the fleet and send it thousands of kilometres south.
Few Japanese want to eat the meat the fleet harvests, and it mostly ends up in growing stockpiles in freezers around the country.
With the whaling fleet due to embark on its annual hunt in November, Japan's Fisheries Agency has just three months to make a decision whether to continue with the program.
[広告] VPS
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/322-f5a64af1

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.