笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速鉄道ライン、豪も重い腰を上げるのか?

2011/08/05 16:59|オーストラリアのニュースTB:0CM:1
豪東部を結ぶ高速トレインネットワークに関する政府事前研究において、シドニーブリスベン間の所要時間は3時間、料金は最低$75で運営可と発表された。

予定される列車のスピードは350Km/H。
建設費は$61ビリオンから$108ビリオン(10兆8000億円、$1=¥100)と見積もられている。
政府は東部高速鉄道ラインは、2036年までに年間5400万人の乗客の移動を可能にし、料金はシドニー、メルボルン間では$100から$197、シドニーブリスベン間では片道$75から$177と政府は予想している。
環境面の効果としては、各列車乗車率100%として、車128台分が道路から消える事になるという。

運輸相 アンソニーアルバニーズは「経済面、環境面においても有益である」と歓迎しているが、昨年の運輸相のレポートでは料金が高くなりすぎて運営上必要最低限の利用客が期待できず割に合わないとレポートされている。

それに関し豪鉄道連盟のブライアン ナイ氏は
「1985年以来$293ビリオンが道路網整備に使用されている。交通事故に要する医療費は年間$35ビリオンで、鉄道システムが最も安全な輸送手段であることを考えれば、巨額の投資をする価値はある」
とコメントしている。

予定される東部高速鉄道ラインの停車駅は、主要都市外ではオーバリーワドンガ、ニューカッスル等の10駅のみとなる。
シドニーニューカッスル間の所要時間は40分となりニューカッスル市長ジョン テイトは 
「現行ではシドニーニューカッスル間は約2時間半、このスピードは蒸気機関車時代から変わっていない。高速鉄道ライン運行により多くのシドニー通勤者の家族の時間が増える事は素晴らしい事だ」
と述べている。

また緑の党、下院議員アダム バンドは
「豪もスペインを始めとする欧州諸国、その他の国の仲間入りをする事ができる。高速鉄道での移動により航空便数が減り、排出炭素が削減され、気候変化の抑止に繋がる」
と述べている。


但し運輸相アンソニー アルバニーズは今回の発表は初期段階であり、より細部にわたる次段階の調査研究には一年を要するとしている。


コメント
上記に関してはクイーンズランド州知事 アナ ブライも賛意を表している。
また前連合国民党代表 ティム フィッシャーも支持を表明し、特に日本の新幹線が過去死亡事故がゼロな点を挙げ賞賛していた。

ただ…もしゴーアヘッドとなった場合、豪独自の技術で敷設するのだろうか?
それは怖い。
止めてほしい。

悪いことは言わない、「日本に委託して」と思っているのは豪人の中にも結構いるだろう。

日本、売り込んでるのかなあ?

記事原文
Study fast tracks high-speed rail link
ABC Updated August 04, 2011 12:22:29
A study into the feasibility of a high-speed rail network connecting eastern seaboard cities has found it could get passengers from Sydney to Brisbane in three hours for as little as $75.
The Federal Government is releasing the first stage of its feasibility study into the high-speed rail network today.
It says trains could travel at speeds of up to 350 kilometres per hour and estimates the cost of the network at between $61 billion and $108 billion.
The Government says the network could carry around 54 million passengers a year by 2036, with fares between $100 and $197 for a Sydney to Melbourne trip.
A one-way ticket from Brisbane to Sydney is expected to cost between $75 and $177.
Each full train would be the equivalent of taking 128 cars off the road.
The feasibility study was commissioned as part of Prime Minister Julia Gillard's deal with the Greens.
Infrastructure and Transport Minister Anthony Albanese says the potential of high-speed rail is hard to ignore.
"Firstly, productivity benefits, we know that rail can be extremely efficient, it can improve the way that economies function. There's also obvious advantages in terms of climate change," he said.
"This is the most serious study that has ever been undertaken into high-speed rail."

Last year the Department of Transport told the Government that high-speed rail between Sydney and Melbourne would be too expensive and would not attract enough passengers.
Federal Opposition transport spokesman Warren Truss says the price tag raises concerns.
"The key issue is can it be made to work or to work commercially, can it be economically viable?" he asked.
"$100 billion cost to service a relatively small population must throw serious questions about the viability [of the network]."
Bryan Nye from the Australasian Railway Association says the network would be a worthwhile investment.
"Australia has spent, since 1985, $293 billion on this road network. The cost of road accidents each year to the health budget is $35 billion each year. Rail is the safest form of land transport, and so really you have got to think, what's the best value for money?"

There could be up to 10 stops outside the major cities on the network, including regional centres like Albury Wodonga and Newcastle.
The study says people could travel between Sydney and Newcastle in 40 minutes and Newcastle Mayor John Tate says that would make a huge difference to many people living in his city.
"The trip at this time takes about two-and-a-half hours, and that's no improvement since the days of steam," he said.
"It has a devastating effect on families because they're arriving home late, kids coming home from school and worrying about the other parent on the freeway. So it will improve family life tremendously."
Greens MP Adam Bandt says Labor needs to make sure the idea becomes a reality.
"It's one of those things that has been spoken about for some time, and now it's time to see some real actions," he said.
"The report that's to be released today I hope will confirm that the numbers do stack up.
"We are in a position to join countries like Spain and other countries in Europe and elsewhere around the world that are now connecting their cities, not by air, which we know contributes enormously to climate change through the greenhouse gas pollution, but instead through the much more efficient and comfortable method of high-speed rail."
But Mr Albanese says the Government will take another 12 months to conduct the next stage of the study.
"This is evidence-based policy - we want to get the detail out there," he said.
"I'm not about pre-empting that process. What people need to do though is analyse exactly what the implications are of it.
スポンサーサイト
イルカの玉金 #/d4JJU.o|2011/10/03(月) 04:33 [ 編集 ]
豪に新幹線を売り込めれば日本にとってもいいことですね。
米カリフォルニアには売り込んでいますが、財政がやばくて
うまくいかないかもしれませんね。

中国と仲のいい豪ですが、中国の政治、経済力で押し切られたり
しないか心配ですね。
なんといっても金の力が一番ですからね。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/310-5449ae6d

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。