笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


鬱陵島視察議員、韓国が入国拒否

2011/08/01 20:18|海外から見た日本の領土問題TB:0CM:4
コメント
今回は、下の英文記事を訳す前に結論が出てしまった。
しかし、NHKの記事にしろ、下の読売記事にしろ何と情けない事なかれ主義の論調である事か。

下の英文記事は日本側からの鬱陵島視察団に対し、韓国政府は「入国を拒否するであろう」というものであり、読売記事にはその予定通りの事が書いてある。

しかし私が呆れるのは、北方領土にしろ竹島にしろ“話し合い”で解決すると考えている日本政治家の頭である。
しかも国際的には殆どといってよいほど根回しをしていない。

2010年9月、尖閣問題が浮上した時も同じで、あの時
「何故、中国側の発表ばかりがテレビで報道されるのか?」
と憤慨した海外在住の日本人も多いことだろう。

竹島にしても同じことが言える。
下の英文記事にはTAKESHIMAではなくDOKDO  ISLANDと表記され、しかもSEA OF JAPANの後にカッコで(EAST SEA)(太字部)と書かれている。

これについて日本政府は何か対策を施しているのだろうか?
またいつものように
「紛れもなく日本の領土です」
と国内だけで馬鹿の一つ覚えを繰り返しているだけではないだろうか?

それでは何も前進しないのは明白であるのに、今回もまた政治家による使節団が“話し合い”を前提に問題のエリアを視察と息巻く。
そして予定通り“入国拒否”され、スゴスゴと帰ってきて国内で「納得できない!許せない!」とか叫ぶ。

それは私から見れば恥の上塗りでしかない。
その飽くなきリピートは
桑原和男も真っ青な「ゴメンください…」の吉本コメディに匹敵する。
中露朝韓の観客は毎週のように腹を抱えて笑っているだろう。

領土は奪還の下準備無しに返還は無い。
下準備とは軍事力の強化である。
軍事力の強化とは戦争になっても絶対に勝てるだけの武器を備える事であり、攻撃可能な普通の軍隊を持つことである。

歴代の名将、例えば織田信長や武田信玄も“必ず勝つ”という準備が整ってから行動を起こしている。
これほど素晴らしいお手本が日本史にあるのに、何故今の政治家はその偉人の成功に学ばないのか?
私はそれが不思議でならない。

今のままでは永遠に領土は還って来ることは無く、長期的視野に立って着々と地歩を固める敵側の手に堕ちるだろう。
しかも日本は奪還どころか実効支配する尖閣にもなんら手は打っていない。
さらに日本は土地は狭く、資源は乏しく、食源は海産物に拠るところ大である。
つまり日本の命である海が強奪されようとしているのに、未だにのうのうと“友好”とかほざいている。
これでは世界から笑われるのも当然である。

話し合いは結構。
だが、勝つための準備を整えてから臨むべきであろう―とメルボルンの片隅で寒さに震えながら沈み行く夕日を眺めている。


参考記事
鬱陵島視察の自民・新藤議員ら、韓国が入国拒否(読売記事)
自民党の新藤義孝、稲田朋美両衆院議員と佐藤正久参院議員は1日午前、竹島に近い韓国領、鬱陵(ウルルン)島視察のため、全日空機で羽田空港を出発し、ソウルの金浦空港に到着した。
 だが、韓国政府は「日韓両国の良好な関係に否定的な影響を与える」などとして入国を許可しなかった。3議員は同日中に日本に戻る見通しだ。
 新藤氏は韓国側の入国拒否について、金浦空港で記者団に「こちらの事情も聞かれずに結論を出された。納得できない」と不快感を表明した。
 新藤氏は訪韓の目的について、「竹島は日本の領土。しかし、日韓の主張が違っているので、互いに話をする必要がある」と指摘し、再度、訪韓する考えも示した。この時期の訪韓については、「竹島では、8月上旬に住民宿泊所が完成し、韓国国会の特別委員会開催も予定され、韓国の不法占拠が強まっている」と説明した。
(2011年8月1日13時47分 読売新聞)

Japan MPs head to S. Korea on disputed isle trip 1/8/2011
TOKYO (AFP) – Three Japanese lawmakers left for South Korea on Monday to visit a location near islands claimed by both countries, despite Seoul's warning that they would be denied entry and sent back to Tokyo.
A lawmaker who had planned to go cancelled the trip citing a "busy political schedule", but Yoshitaka Shindo and two other members of parliament went ahead with the plan and left Tokyo's Haneda airport for Gimpo airport in Seoul.
South Korea summoned the Japanese ambassador on Friday to protest over the planned visit, which caused a fresh escalation in a decades-old territorial row over the Seoul-controlled Dokdo islands in the Sea of Japan (East Sea).
The three lawmakers from Japan's conservative opposition Liberal Democratic Party plan to visit Ulleung island, the closest South Korean territory to the uninhabited Dokdo islands, which are known as Takeshima in Japan.
Shindo was undeterred by Seoul's pledge to turn the Japanese legislators back. "We can't accept it at all," he said just before boarding at Haneda, according to Japan's Jiji Press news agency.
South Korean Deputy Foreign Minister Kim Jae-Shin told Japanese envoy Masatoshi Muto that authorities would turn the lawmakers back when they arrive at Gimpo, according to South Korea's Yonhap news agency.
Shindo has said in a video message on his website that "South Korea has illegally and militarily occupied part of what is undoubtedly our territory."
"We don't intend to fight there. We want to express our feeling of anger to the South Korean people."

韓国の反応
capt_photo_1312175237116-3-0.jpg


スポンサーサイト
#|2011/08/19(金) 00:08 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Melozy #-|2011/08/19(金) 17:27 [ 編集 ]
ハルさん。
仰るとおり日本人は馬鹿にされています。
舐められてもいます。
民主党はどうしようもない売国奴の集まり。
あの人達のやっている事は、日本を破滅に導くもので一から十まで間違っている。
靖国参拝は、本音で“どうでもいい”と思っていても政治家は国の為に行わなければならないんです。
それが、欧米に対しては日本人に対する尊敬に繋がり、中韓に対しては牽制につながる。
結局は日本人全体に益をもたらす事になると考えます。

私は私生活に置いて韓国人とも中国人とも付き合いがあります。
ですから彼らの国のことを悪く言うのは正直“すまねえ”と思っているのでありますが、庶民レベルの付き合い
と国家の仕置きたる閣僚とが同じ態度、考え方では国は成り立ちません。
つまり、庶民レベルでは何人とも親しく付き合えばよい。人種差別などは持っての外-でありますが、国家の宰相は日本国民の命運を担う者。それが庶民レベルに落ちてもらっては国が崩壊します。
要するに国民の上に立つ者は常に潜在敵国を警戒し一朝有事の際に備えなければならないということであります。

民主党の話に戻りますが、日本いる方なら皆さんご存知でしょうが、私は以前あの小沢一郎に率いられた民主党議員のコキント、ツーショットツアーを見た時から、“駄目だこりゃ”とホント長さん(ナンマイダ)のようにあきれ返っています。

さらにハトポッポの“友愛”、尖閣の失態、震災の不手際。
震災に関しては一言
「世界の皆さん有難う。そのお気持ちは頂くが日本は大丈夫、自力で復活します」
くらい大々的に言ってほしかった。
ただ、原発事故に関しては、本当に大変であったろうと落涙の思いすらしましたが。

私は元々ブログなんてやるタイプではありません。
また私なんかが偉そうな事を言うのは僭越身の程知らずも甚だしい-と重々承知しております。

そんな私でさえ、苦手なブログで日本政府を批判する。
それが、今の日本の危機的状況を反映しているのでは無いでしょうか?

日本は今大きく変わる時に有ると思います。
もしこのまま変わらなければ奈落の底。
逆に変われば、日はまた昇ると確信しております。

興味深いのコメント有難うございました。

私はこれからも本音でガンガン綴って行きます。
但し、ブログにはガラにもなく真面目な事も書いてますが、馬鹿、スケベな事も遠慮なく書いていきますんでお気に触ったらご容赦ください。
イルカの玉金 #/d4JJU.o|2011/10/03(月) 04:23 [ 編集 ]
管理人殿のご意見全く同感です。
多くの日本人も同じではないかと願っておりますが、
平和ボケ、ゆとり世代の連中は全く元気が無く事なかれ
主義的で、こちらも力が抜けてしまいそうです。

これまで、50数年間支配してきた自民党に愛想つかして
変化を求めて民主に任してみたらこの有様だったんですね。
素人集団で、在日内閣と言われています。
管始めほとんどが朝鮮人じゃないかと言われています。
もちろん帰化人ですが、顔が半島系だったり帰化した
人が良く使う苗字だったりです。

マスコミ、企業、政治の中枢部にまで深く浸透している
と言わざるを得ません。
日本人として生きるのであれば問題も少ないのですが、
根強い反日も沢山います。

今、日本では作られた韓流ブームというのが露骨に展開
されています。ご存知と思いますが、フジテレビへの抗議
デモも行われましたが、マスコミでは一切報道すらされません。

しかし、デモの様子はyoutubeでは見ることができます。
「フジテレビ」「デモ」などで検索できると思います。
Melozy #-|2011/10/03(月) 18:05 [ 編集 ]
タマキン殿
数多のコメント恐れ入る。
まとめての返信、ご許容願いたい。

三時間前のアサヒニュースで野田内閣の支持率は47.2%、発足時は65%であったとか。
世論調査などはあてにならないとは思っているが、それにしても高い。

私は豪にいるから野田内閣の手腕はよく分からない。
ただ、あの人も松下幼稚園ご出身であると。
また、小沢保育園なるものも開園しているとか。

両園とも、世界を目指すものなら間違っても行かない所でありましょう。
権力者の袖にすがり、同類のコネを重視し、肩書きによってのみ人を判断する旧態依然とした人物のいくところでは無いかと思われる。

私はこの類の俗物凡下が自己の力を肩書きと背景によって虚飾過信し政財界に根を張っていくことに戦慄を覚える。

コメントの返信としては頓珍漢なことはわきまえておりまする。
曲げて、ご貴殿のご私見並びに世の風評をお聞かせ頂ければ有難い。

もしご貴殿のブログなるものがあればアドレスをお教え願いたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/307-73cd70fe

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.