笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


増加するソーラーパネルの盗難と我が家のソーラー効果

2011/07/26 00:02|オーストラリアのニュースTB:0CM:0
ソーラーパネルの盗難が急増し、それらがブラックマーケットで格安で取引されている。

ソーラーパネルの盗難は主に学校、店舗、工場等が標的にされ、ゴールドコーストでは盗んだトラックとフォークリフトを使用し、300枚のパネルと、インバーター時価$540000相当が盗まれた事件が起こっている。

また3月にはビクトリア州で政府補助金によって設置された30枚$50000相当のソーラーパネルが学校から盗まれた。
この犯行に置いて窃盗犯は解体に6時間を要したと考えられている。

豪ソーラーエナジー組合代表ジョン グライムス氏は、ソーラーパネルの配電線には600Vの電圧が流れ、素人による解体は非常に危険で、大怪我に繋がる恐れがあると警告を発した。
また同氏は、豪におけるこの問題は他国ほど深刻では無いが、ソーラーパネルの盗難が保険でカバーされている旨確認するよう各家庭に呼びかけている。

ソーラーパネルの盗難はアメリカでは頻繁に発生し、インドでも数千枚のソーラーパネル盗難事件が起こっている。
対策としては、センサーの設置、チェイン、ワンウェイネジの使用、商品番号の彫印等が取られ、新式のロック付きファスナー(止め金具)も開発されている。

コメント 
この国のトレイズマン(電気、配管工等の専門職)の中には、給湯設備など、自分で設置して、それを自分で盗み、さらにそれを保険屋にクレームするといった悪どい奴もいる。
特に家やアパートの建設現場では盗難の率が高いと、警備会社勤務のMK氏は言う。

ところでうちの屋根にもソーラーパネルは載っている。
シャープ180Wが6枚。
総出力は1.08KW。
2009年初頭に$3000で設置した。

1KWは当時、政府補助金対象の最小出力であり、元を取るのに7年ほどかかるとか設置業者は言っていたが、ちと調べてみるとどうやら本当のようである。

下の表は我が家の電力使用量と電気代である。

 

期間

電力使用量

電気代

PVリベート

20074

90

2350KWH

391.35

20084

97

2150KWH

416.03

20105

94

1188KWH

252.15

26

20114

96

1217KWH

283.07

28


超単純比較で恐れ入るが、/KWHのレートは年々上がり、2007年のピークレートは$0.14/KWH。それに対し2011年は$0.27/KWH。
つまりKWHあたりのピークレートはほぼ2倍であるのに電気代は大幅に下がっている。
うちは3人家族で、家電、空調設備(ボロエアコン)に大きな変化は無い。
しかもここ2年は居候がいる事も多い。
であるのに電力使用量、電気代共に下がっているのはひとえにソーラーパネルの働きである。

2009年同期はソーラーパネル設置後メーターがかわった事もあって正確なデータがないが、2008年と2010年を比較すると電力使用量はマイナス45%。電気代はマイナス40%となっている。
ソーラーパネルによる余剰発電量は147KWHで、それに対し$26ドルのバイバックリベートが支払われている。
余剰発電量というのはつまり、ソーラーパネルの発電量が使用量を上回ったプラスの分である。
日照時間の長い晴れた夏の日はこの数字も大きくなり、冬場は小さくなる。

設置以降、システムは故障もなく日々真面目に働いている。
うちはブラエマックという、ノッティングヒル(メルボルン東地区)にあるあまり宣伝していない会社に依頼したが、結果は良好である。
友人は、大々的に宣伝している会社に同出力のパネルを$2500で依頼し、5年で元は取れると言われたそうだが、設置するまでに一年近くまたされ、しかも発電量は聞いていたよりも低いとぼやいている。
またうちは設置前に3社から見積もりを取ったが内一社は$9000ドルと3倍の値段を提示してきた。
要するに設置するならよく値段を比較し、政府の補助金狙いの俄か会社ではなく、少し位高くても実績のある会社を選んだほうがいいということである。

今現在は1.5KWが主流になり、値段も以前より割安になっている。
新聞には4,5千ドルで宣伝されているが、以前は確か8,9千ドルであったと思う。

今後ソーラーパネルの単価は液晶テレビのように下がり、出力はさらに上がると言われている。
だが電気料金は常に右上がり。
豪在住で自宅所有ならば、ある程度の所で妥協し設置したほうが得だと思う。
ソーラーパネルの寿命は25年といわれ、日本の4倍と言われる日差しの強い豪では故障さえなければ損は無いと数字は示している。

但し付け加えるならば、10年後故障しても多分直らないだろう。
またインバーター(電力変換装置)の寿命は3~5年と業者に教えられた。

我が家のソーラーパネル。今の所好調。
IMG_1402.jpg

記事原文
Solar panels black market's hottest item
From: The Daily Telegraph
July 25, 2011 12:00AM
LOCK up your solar panels - thieves are stealing them off rooftops.
Thefts from schools, shops and factories have led to fears of an emerging black market in solar energy systems. Truckloads of solar panels have been stolen, mirroring a trend in the US.
The Daily Telegraph reports on the Gold Coast last week, thieves used a stolen truck and a forklift to steal 300 panels and inverters worth more than $540,000.

In March, 30 federally funded solar panels worth $50,000 were stolen from a Victorian college. The thieves spent six hours extracting the panels.
"There is a big market for cheap panels," a southern Sydney-based solar panel industry insider said.
"The top-end panels are not cheap so people are looking for more affordable ways to acquire good quality energy systems."
Australian Solar Energy Society CEO John Grimes feared thieves could be injured disconnecting live systems.
"I have heard of panels going missing from schools but I don't believe it is a widespread problem like we've seen in some other countries," Mr Grimes said.
"These systems have live wires that can put out as much as 600V depending on the set-up so it is extremely dangerous for people to attempt to steal the panels."
Mr Grimes said homeowners should ensure their panels were covered by their home contents insurance policy.
"Building security is very important. You have to treat your panels like your other property and make sure it is secure," he said.
"The panels have a life of 25 years so there is potential for thieves to store them away."
Earlier this month, a US company showcased new technology to protect solar panel systems, using a special fastener with a unique key entry lock.
Other security measures include installing movement detectors near panels, using one-way screws, chaining panels together and engraving panel frames so they can be tracked.
In India, thieves have stolen thousands of panels from the Punjab Energy Development Agency.

スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/301-610e9254

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.