笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本、鯨サンクチュアリー提案を阻止

2011/07/16 23:47|調査捕鯨TB:0CM:1
4日間にわたる第63回IWC会合は、南米の反捕鯨急先鋒、ブラジル、アルゼンチン代表より南大西洋に新たな鯨保護区を設ける提案がなされたが、日本を始めとする捕鯨推進国は会場を退場しその提案をボイコット。
会合はまたも合意を見ないまま幕を閉じた。

それに関してモナコ代表のフレドリック ブライアンドは、遺憾の意を表し、1986年のモラトリアムが実行されていない現状からIWCの拘束力のなさを糾弾した。

現在鯨保護区は南極周辺海域とインド洋の2区域のみに存在する。
1986年のモラトリアム以降も、大規模な捕鯨は日本、ノルウェー、アイスランドの3カ国によって継続され延べ33000頭の鯨が捕獲されている。
但し同委員会嘱託のフランス人科学者は、鯨頭数は年5~10%の割合で増加していると述べ、モラトリアムの効果を認めている。

今回の会合では2点のマイナー事項に置いて合意が見られている。
その第一として会員費の現金払いの不可。
これは英国メディアの、日本がカリブ諸国やアフリカ諸国の入会費を肩代わりし票買に繋げている、との報道から取られた措置で、今後加盟国は自国政府の口座からの銀行振り込みを強要される。
尚、日本は票買に関しては否定している。

次に保護種の拡大。
これまでは大型鯨類15種のみが保護対象とされていたが、今後はイルカを含む80種の小型鯨類も対象とされる。

尚、NGO団体(環境保護団体など)のIWCにおける発言権の増大に関しては否決された。


コメント
緑の党代表ボブ ブラウンは“退場”に関し
「Bloody Killing!」
とまず日本、そしてアイスランドを名指しで激しく非難している。
彼はシーシェパードがホバート入港の際には自ら礼拝に出かける熱心な鯨教の信者である。

狂信者はいつの時代にもいる。
そして邪教は一時的に栄えてもいつかは滅びる。
それは歴史が証明している。
だから相手にする必要は無い。

しかし…問題はあなたがこの記事を読んで不快に感じるように一般外国人も同じように不快に感じているという事。

公海での捕鯨に絶対勝ち目は無い―その勝ち目の無い戦いを続ける日本。

蟻地獄に嵌った蟻のように―精気を吸い取られていく日本。

果たして続ける事に―何の価値があるのか?

太っていくのは手薬煉引いて待っている蟻地獄だけですよ。

記事原文
Japan boycott blocks whale sanctuary
AFPJuly 15, 2011, 8:47 am
The global forum charged with both protecting and overseeing the hunting of whales has ended a four-day session with a walkout by pro-whaling nations to block a vote on the creation of a new sanctuary.
The 63rd annual meeting of the International Whaling Commission, in other words, ended true to form.
“You can only conclude that this commission - which, despite a moratorium, does not have a mandate to stop the large-scale hunting still going on - is genuinely dysfunctional,” said Frederic Briand, head of Monaco's delegation.
“Since the moratorium was put in place in 1986, more than 33,000 whales have been killed,” he said as the 89-nation body adjourned for another year.
A significant number of the giant sea mammals are also killed through so-called “by-catch” and ship collisions.
The one modicum of progress achieved here was the adoption by consensus on Wednesday of a British plan to discourage influence peddling by changing the way member nations pay their dues.
Under the old rules, members could pay subscription fees - ranging from a few thousand to more than $100,000 dollars - by cash or cheque, a practice that fuelled allegations of corruption.
The IWC was rocked last year by accusations in the British press that Japan used cash and development aid to “buy” votes from Caribbean and African nations.
Japan, which denied the charges, is one of three countries along with Norway and Iceland that practice large-scale whaling despite the moratorium, collectively taking more than 1,000 whales annually in recent years.
Such payments must now be made by bank transfer, as is done in other international organisations.
Some anti-whaling delegates and environmental groups took a “glass-half-full” approach to the outcome.
“The commission, despite the recurrent standoff between pro-hunting and pro-conservation nations, is taking small steps in the right direction,” said Sigrid Luber, president of Ocean Care, an advocacy group.
Ms Luber said the new measure should make it easier “for delegates to express their own opinions”.
Progress was also made towards recognising the conservation status of dozens of smaller cetaceans - an order grouping 80-odd whales, dolphins and porpoises - and not just the 15 giant sea mammals currently covered by the IWC.
Others also point out that the moratorium, while flouted by the trio of hunting nations, has helped many species inch back from the brink of extinction.
The majority of whale stocks are moving in the right direction, often at a pace of five to 10 per cent per year,” noted French scientist Vincent Ridoux, a member of the Commission's scientific committee.
“That is a direct result of the ban on commercial hunting,” he said.
But on Thursday, the deep-seated divide that pulls this body apart surfaced again when Japan led a walk-out of pro-whaling nations to insure that a vote to create a sanctuary in the South Atlantic - spearheaded by Brazil and Argentina - would fail to muster the necessary quorum.
Currently there are two such whale havens, one in the Southern Ocean around Antarctica, and the other in the Indian Ocean.
Japan carries out an annual hunt during the southern hemisphere summer in Antarctic waters and said this week it planned to return next season despite vows from anti-whaling group Sea Shepherd to disrupt the hunt.
In February, Japan recalled its Antarctic fleet a month ahead of schedule with only one fifth of its planned catch, citing interference from Sea Shepherd's vessels.
A bid to boost the voice and access of non-governmental organisations in the IWC's proceedings also failed.
"I know some of us would have liked to go further, particularly on the issue of observer and civil society participation,” said Richard Pullen, the head of Britain's delegation. “But negotiations mean compromise.”

スポンサーサイト
ednakano #olb1JwF2|2011/07/17(日) 00:30 [ 編集 ]
正直たいがいの人間は捕鯨なんかに強い関心はない。日本で特在会が騒いだからといって日本の総意というわけでもない。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/289-52c0db61

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。