笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IWC 現金メンバーシップの禁

2011/07/14 18:18|調査捕鯨TB:0CM:0
IWC(国際捕鯨委員会)の第63回年次総会に置いて現金によるメンバーシップの支払いが禁止された。
この措置は、捕鯨推進国の現金による票買を阻止するのが目的とされる。
今後メンバー国は自国政府の口座から銀行振り込みにて入金しなければならない。
過去日本はこのメンバー国の会費を現金で肩代わりする票買により非難されている。

鯨専門保護団体「Whale Alive」代表ミック マッキンタイヤーは
「これは捕鯨禁止に向けての素晴らしい決定だ。これで日本の票買が阻止され、IWC決定に国際世論が反映される!」
と息巻いた。
尚この鯨マニアによると現在89カ国の加盟からなるIWCは捕鯨推進派と反対派が拮抗しているとのこと。

コメント
IWCなんかやめてしまえ!
馬鹿馬鹿しい!
第一何でスイスやモンゴルみたいな海の無い国までIWCに名を連ねているんだ?
全然関係ないじゃん。山や砂漠に鯨がいるのか?

いいか、よくお聞き―
日本のやっている事は全て中途半端なんだよ!
筋が通ってないともいえるね。
捕鯨も靖国も尖閣も日本を計るリトマス紙。
その結果は全てアルカリ性でも酸性でもなく中性。
しかもその反応は全て想定の範囲内。
それにより世界は日本人を幼稚な馬鹿と判断する。
その証拠が近年の近隣諸国の舐めた態度だ!

調査と言いながら商業捕鯨―そんなセコイ事やってるから、環境保護団体にまでつけこまれカモにされる。
そもそも利巧な国は、環境保護団体など相手にしないし、つけ込む隙も与えない。
それは環境保護を唄いつつ着々と資源開発に取り組むプーチンの行動に象徴されているだろう。

日本に言いたい。
まず黙ってIWCから去れ!
あれは馬鹿の組織だ。馬鹿は相手にするな。
そして捕鯨など日本領海内で持続可能な範囲で普通にやれ。
そのほうが漁師さんも仕事がやり易い。
それか…完全に鯨とは縁を切る。
日本にはその2つのオプションしかない。

もし日本領海内で反捕鯨船が妨害するならその時は速やかに撃沈せよ!
また外人を港に近づけるな、盗撮するものは遠慮なく生麦の刑だ!

捕鯨等は所詮5%以下対5%以下の争い。
一般人は興味も無いし、知識も無い。従って意見も無い。
ただ海外に置いては漠然と日本の印象が悪くなっていく―その見えないダメージ…それが一番の問題だ。

捕鯨に限らず、上は自衛隊から下はエロビデオのモザイクまで―この無意味な“中途半端”が日本がカモられ蔑まれる最大の要因になっている。

何事も堂々とすればよい。
正しい主張は堂々と世界の大多数をしめる良識ある人民に訴えればよい。
IWCなどはまともじゃない奴の集団だ。そんな連中は相手にするな。
第一、国の会合に何で環境保護団体がからんでいる?
ここ豪にも環保団体の横行に怒りを感じているものは多い。
「鯨は駄目で牛は良い」
その間違いが分からない奴ばかりではない。

捕鯨記事は人気が無い。
それは分かっているが、私は今後も載せて行く。
あなたがどう思うか?
コメントは自由に書き込んで下さい―嫌がらせで無い限り削除する事は無い。
私の意見は既に各記事の下に書かれている。
であるから寄せられたコメントに返信はしないかも知れない。
それについてはご容赦ありたい。

記事原文
International Whaling Commission to ban cash membership payments to stop vote buying
From: AAP
July 14, 2011 1:50PM
AUSTRALIAN conservationists have described as historic a move by the International Whaling Commission that is expected to prevent pro-whaling countries from being able to pay cash for votes.
The recommendation accepted at the IWC's 63rd annual meeting will prohibit member countries from paying their membership fees by cash. Instead, they will have to pay by bank transfer from government accounts, which will allow for better transparency.
In the past, Japan has been accused of paying other member countries' fees to buy their support.
Director of Australian conservation group Whales Alive Mick McIntyre said the stance by the IWC was an important step towards ending this practice.
"This is an historic day for whale protection, Mr McIntyre said.
"Today we took a huge step forward in our battle to stop whaling, without the ability for Japan to buy votes the balance will swing back towards whale conservation and back in line with world opinion."
He said currently 89 member countries of the IWC are almost evenly split between pro and anti-whaling countries.

スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/287-ead25ace

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。