笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


ニュージーランド日本食品輸入継続

2011/03/24 15:59|オーストラリアの日本関連ニュースTB:0CM:0
米、豪は日本からの一部食料品輸入を禁止したがニュージーランドは、それに倣わない旨発表した。

NZ食品衛生局代表、デイビッド クロー氏は、今の所輸入禁止の必要は無いとしているが、関係各国と緊密に連絡を取り事態を注視していく旨コメントしている。

豪は昨日、検疫検査局が福島、群馬、栃木、茨城からの食品輸入停止を発表した。
同地域は、牛乳、乳製品、果物、野菜、海苔、冷凍を含む魚貝類を生産し、豪は主にソースと海苔を輸入していた。
但し日本から豪への牛乳、生鮮品の輸入はされておらず、汚染食品国内流入の危険性は無いに等しいとしている。

放射能汚染は、牛乳、野菜をはじめ福島原発周辺の貯水池でも高濃度のヨウ素、セシウムが計測されている。


コメント
このニュース、東京での飲料水汚染をはじめとして大きく報じられている。
日本=放射能汚染のイメージが世界に広がり、期待をもてた観光業も大きな痛手を受けるだろう。
周辺農家、漁師には気の毒な限りだ。


記事原文
NZ not halting Japanese food imports
Thursday, March 24, 2011
NZ is not following the US and Australia in ordering a halt to Japanese food imports.
New Zealand is not following the United States and Australia in ordering a halt to Japanese food imports, such as sauces and seaweed, amid rising radiation concerns, the Food and Safety Authority says.
Authority officials met this morning and decided there was not going to be any change in New Zealand's position on Japanese food imports, FSA spokesman David Crowe told NZPA.
'We haven't had any clarification from Australia yet as to what prompted them to go to the level of halting imports of Japanese food products over there.
'Our position is we are still monitoring the situation and, based on the information that is available today, we have not identified any food import from Japan that would cause us any alarm.'
The authority was in constant contact with counterparts in other countries over irradiated food products although New Zealand did not import as much from Japan as did the US, Australia and Europe, Mr Crowe said.
Radiation leaks at the Fukushima nuclear power plant caused by a tsunami triggered by the March 11 earthquake had contaminated food products such as milk and vegetables, and high levels of radioactive iodine and caesium were also measured close to water discharge points at the Fukushima plant.
The Australian Quarantine and Inspection Service yesterday implemented a holding order on all foods from the Fukushima, Gunma, Ibaraki and Tochigi prefectures.

Their major production is in milk, milk products, fresh fruit and vegetables, and both fresh and frozen seaweed and seafood.
Food Standards Australia New Zealand (FSANZ) said the holding order was only a precaution, given Australia did not import any milk or fresh food from Japan. The risk of irradiated food arriving from Japan was negligible.
Australia's main imports are sauces and seaweed products.
The move is in line with other countries including the United States, which restricted some dairy and vegetable imports earlier yesterday.
Tests have revealed vastly elevated levels of radioactive iodine and caesium.
But Australians have been given the go-ahead to buy Japanese foods currently on the shelves, given they were imported before the earthquake and tsunami.
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://melozy.blog.fc2.com/tb.php/122-13476c71

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.