笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


超くさい部屋に住む美少女と便器の水

2017/06/07 21:30|メルボルンライフTB:0
私の家に17歳の美少女がホームステイしている。
国籍はインドネシア。今まで私が見たインドネシア人女性の中で一番美しいと言ってもいいだろう。
その美少女が最近部屋がくさいと言った。
どれどれと私は彼女の部屋に入りくんかくんかしたかったが、ホームステイのエージェントがホストファーザーには絶対気を許すなと少女たちに伝えているため気軽に入るのは気が引けた。
そこで嫁にチェックしてもらったのだがやはりくさいという。
ただし匂いの元はよくわからないとのこと。
とりあえず私は家の中のすべての排水口、便器などに除臭ペレットをまき、ドメストス、パインオクリーンなど除菌剤を流し込んだ。
彼女の部屋には小さな流しがついている。
そこは嫁にやってもらい、また嫁が彼女の部屋と隣の部屋に芳香蝋燭を炊いた。
その後、彼女は匂いはだいぶ良くなったとは言ったが完全に消えたとは言わなかった。
しかし
「もう気にならないわ」
とにこりとした。

それから一週間ほどたった頃、
「おい、あの部屋むちゃくちゃくさいぞ」
と息子が私に言った。
「なにっ!お前が匂うだとっ!?」
息子の鼻はぶっこわれている。
私が車の中で殺人級のすかしっぺをしても奴の鼻はピクリともしない。
その嗅覚のほとんどない息子が臭いと!?

もはや一刻の猶予もならない。
私は彼女のいない時、部屋に入ろうとした。
だが私が一人で入ったらパンツの匂いを嗅ぐためだと疑われてしまう。
そこで私は嫁と一緒に入った。
ドアを開けた瞬間。。。
「なんじゃあこりゃああああ」
私はそのあまりの悪臭に吐き気を覚えた。
その匂い、なんと形容すればいいのだろう。
まるで屁とゲロと歯くそとチンカスの混じったような、そんなおぞましい匂いだった。
「彼女はこの部屋で寝ているのか?いやどうやったらここで寝られるのだ!?」
この部屋にこれ以上彼女を住まわすことはできない。
丁度その時、もう一人のホームステイの少女が中国へ里帰りしていた。
「かまわん。その部屋に寝てもらおう。この部屋は絶対にアカン!」
嫁は、もう一人のホームステイの少女の部屋を手早く片付けベッドのシーツを替えた。
そうこうしているうち、くさい部屋の美少女が帰ってきた。
「あの部屋はダメ。匂いの元を断ち切るまでここで寝てもらう」
と私が言うと彼女は
「そんなの嫌よ。私はあの部屋がいいの。他人のベッドでなんて眠れないわ」
とあの悪臭部屋で寝ると言ってきかない。
「病気になるぞ!」
「ならないわ。もう慣れたし。多分下水パイプが漏れてるのよ」
と彼女は軽く言った。
そしてその夜もその激臭の部屋で眠った。
「これはまずいぞ。。。彼女が死んでしまう。。。」

私は翌朝床下に潜り込み、ゴキブリのようにはって匂いの元を探そうとした。
しかし床下の幅は狭く、セントラルヒーティングのパイプが大蛇のようにのたくっていて、どうしても肝心の台所周りと彼女の部屋の下までたどりつけない。
あと5メートルと言うところまで近づいた。
しかし床下の土は乾き、匂いは全くない。
いったいなぜ彼女の部屋だけあんなに匂うのだ?

事は急を要する。
その日の午後早速プラマー(配管工)に来てもらった。
「ん、この匂い、以前も嗅いだことがあるぞ。。。」
若くて男前のプラマーはそう言いつつ彼女の部屋の隣にあるバスルームを開けた。
但しそこはバスルームとしてではなく物置として使われている。
「水がないじゃないか!」
プラマーは、そのバスルームの洗面台をのぞき込んで言った。
「あ、そうか!」
そう言われて私も気づいた。
なんとうかつだったのだろう。
長い間使われてなかったバスルームの二つの排水口の水溜は空になってしまっていたのだ。
しかもそこだけは除菌剤も流し込んでいない。
ああ偉大かな水。
その水が下水から上がってくる匂いをブロックしているのに、今の今まで気づいてなかったとは。
何という観察力の無さ。
なぜ便器に水が常に溜まっているのか。
それは硬いうんこを溶かすためだけではないのだ!
あの水がないと下からうんこの匂いが上がってくるのだ。
ごめんよホームステイの美少女。私のアホさゆえに君に不快な思いをさせてしまった。
しかし彼女のというか人間の鼻の順応性には正直驚かされたよ。
それとも、彼女の鼻もまたぶっこわれているのだろうか。

原因不明の悪臭。
ただ水を流せばよかっただけなのにプラマーに150ドルも払ってしまったよ。
皆さんはこんなバカな奴の真似はしないでくださいな。
スポンサーサイト

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.