笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【豪】法外な光熱費の請求書が送られて来た…

2016/08/28 20:22|メルボルンライフTB:0CM:0
それは今年の夏の事だった。
南半球の豪では夏の盛りの一月末、私の家に法外なガス代の請求書が送られてきた。
二か月分(63日)、$976.44
一日の平均使用量は 1065.28MJ

「おいおい冗談はやめようぜへへへ」
封筒を開けた瞬間私はそう呟いた。


昨年同時期の一日平均使用量は 80.80MJ
実にその13.2倍である。

ありえない数字であった。
なぜなら今年は去年の同時期に比べ、居住者が極端に少なかったからである。
息子は一か月ほど日本に行き、ホームステイの内一人は二か月の里帰り、残りの一人も旅行に行ったりして、その請求期間二か月の平均居住者は大体三人だろう。

それに比して昨年は、イギリスから嫁の親戚二人が泊まりに来ていて、それにホームステイの二人、家族(わし、嫁、息子)の三人を足して実に七人が同居していた時期が一か月あった。
うちは、料理台、熱水、ヒーターがガスで賄われているから、当然居住者が増えればガスの使用量も増える。
だから普通に考えれば今年の方が去年よりはるかに安くなければならない。
しかも真夏である。 当然ヒーターは一度として使用されていない。
であるのに、なんじゃこの数字はああああ!!!


私は普通にメーターが壊れていると思った。
そこでAGL(うちの電気ガスエージェント)に電話してメーターチェックをしてもらうことにした。
メーターが壊れていれば無料、そうでなければ有料$150と言う条件だが、私はメーターが壊れていると確信していたのでやってもらった。
ところが結果は。。。
『異常なし。よって請求額は正しい。かつテスト料$584も払うこと』
との通知が来た。
「な、なんやとお! それになんでテスト料が$584なんやねん?」
私はうろたえると故郷の関西弁に戻る。
「こんなもん払わんぞ!絶対払うもんか! おいお前ら常識をもって判断せえ!こんなん一般家庭の使用量ちゃうわい!工場やないかい!三人しか住んでない家のしかも夏場に、誰がこんだけも使えるんじゃい!おうっ」
と言った感じで何度もAGLのクレイムレゾリューションデパートメントに電話した。
断っておくが豪において本来ならばいかなる場合においてもこういう頭ごなし的な態度で臨んではいけない。それは自分の立場が上であっても下であっても同じこと。軽蔑され、逆効果になるだけなのであるが、今回の場合ちとあまりにも対応が遅いかつ調査の度合いが疑わしかったのであえて意識的にそういう話し方をした。
それでもAGLの回答は変わらない。
私は再調査、再々調査を依頼し、その間ガス代は保留、六か月たった時点で$1755になっていた。
しかし、その法外な請求額の後、使用量は4か月連続で去年までの水準に戻っていた。
AGL側は払え、私は払わん、を続けていたが、AGL側がテスト料は無料にする、オンタイムペイメントディスカウントも全て適用する、だから払えと多少折れた。
それでも骨のある奴ならば、払わんと突っぱねたり裁判に持ち込んだりするだろう。
だが私は骨がない。骨なしクラゲのような人間だ。それにその時点でかなり面倒くさくなっていた。
「じゃあ、あと20%負けてくれたら払うよ」
と言ってしまった。
AGLは呑んだ。
そして不本意ながら、その額を払ってしまったのだ。
ああ、なんというヘタレ。だから何をやってもダメなのだろうなあ。

だが話はここで終わらない。
そしてこの冬。また法外な請求書が送られてきたのだ。
今回は二か月で$441.90。 
使用量450.22MJ。
前年同期76.82MJ のほぼ6倍。
前回ほどではないにしてもでかすぎる数字だ。
「ぬううう、もはやこれまで!」
私は、光熱水道オンバッズマンにそれまでのいきさつを詳述したメールを送った。
すると早速その翌日にピーターさんという感じのいい男性から電話がかかってきて、何が希望であるかと聞く。
「希望は法外な請求額を棄却し、請求額は去年までの平均使用量を元に算出してもらいたい。新しいメーターを無料で設置してもらいたい」
と二点を伝えた。
するとピーターさんは「今回の請求額はいくらくらいが適切であるか?」と聞く。
「冬場でヒーターも使っているから$150くらいかな。。。」
「では$150だけ払いなさい。あとはまかせておきなさい!」
とかなり自信ありげに言った。
「大丈夫かいな。。。」
正直言って私はこの時点で何も期待はしていなかった。そして彼のアドバイス通り$150だけ払った。

その二週間後今度はエイミーさんと言う女性のスタッフから電話がかかってきた。
「請求額は去年までの平均使用量が適用されました。従ってこれまでの超過支払い分は払い戻し。現在あなたのガス口座は$1250のプラスです。尚新しいガスメーターの設置はプロによって正常機能が確認された直後と言うことで却下されました」
と優しい口調で伝えてくれた。
なんと、私があれだけ食い下がってもダメだったものが、オンバッズマンに頼むとあ~ら不思議、ものの見事にほぼ希望通りに解決されてしまったではあ~りませんか。
実はオンバッズマンに連絡する前、AGLの人にも周りの知り合いにもオンバッズマンに言っても無駄と言われていたのだが、いやあ、人の言うことがいかにあてにならないかまた実証されてしまったよ。
ということで、今回の件はめでたしめでたし。
ぼったくられることなく渋々払った金も返ってきて、オンバッズマンのピーターさんやエイミーさんに心から感謝する次第となったのだ。
もっとも根本的な原因が何か突き止める作業は残っているが。。。
尚オンバッズマンは無料であった。

要は何が言いたかったか。つまり法外な請求書を食らったらオンバッズマンに連絡したが良いということ。 一行で終わるがな。
それを、長々と400字詰め原稿用紙4枚ほどもかけて書いてしまったよ。ご精読お疲れ様でごぜーますだ。

Energy and Water Ombudsman (Victoria)
http://www.ewov.com.au/
Ring us: 1800 500 509 (Freecall)
If you are calling from a mobile, tell us and we will call you back

If you have a restricted service:

call 12550 (Telstra reverse charges)
quote 0386724460
we will accept the reverse charges and call costs.

Lodge a complaint online: Online complaints form

Email us at: ewovinfo@ewov.com.au

Write to us: Reply Paid 469 Melbourne VIC 8060 (we accept letters in Braille)

Fax us: 1800 500 549 (Freefax)

Interpreter service: 131 450 (you can call us on 1800 500 509 and we will organise an interpreter for you).
スポンサーサイト

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。