笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


北風金利と太陽金利

2016/02/03 15:53|未分類TB:0
小金を持った旅人が東海道を下っていた。
昼下がりの田んぼ道、季節は晩冬、まだ風は冷たいが道端には春の息吹が生き生きと芽生えはじめていた。
「もう春も近い。。。」
と旅人が空を見上げた時、突然なぜか東の方から真っ黒な雲が湧き出してきた。
そしてあっという間にひこひこと空を覆った。
「おおお、真っ黒だ。空が真っ黒だあ!」
旅人は足を速めた。
と、その時
「金を出せえ。金を使ええ。懐の金を空に向かってばらまくのじゃあああ!」
黒雲から突風と吹雪とともに唸るような叫びが聞こえてきた。
「いやだ。これは俺が苦労して貯めた金だ。貯金して利子で増やすんだ!」
旅人は懐の金をしっかりと抑えた。
「わははははは、馬鹿なことを!利子などつかんわ!貯金などしてみろ利子の代わりに金をとってくれるわ!」
黒雲の声はさらに近く、風が旅人の行く手を阻み、雪が視界を閉ざした。
「なんなんだこの泥棒みたいな黒雲は。俺は負けないぞ。金だけは絶対に渡すもんか!」
旅人は必死に風雪に耐え、一歩一歩気迫で地を踏みしめ、やがて村はずれの粗末な空き家にたどり着いた。
扉を開け疲れ切った体を土間に横たえると、ふと地面に落ちている白い紙が目に入った。
「なんだろう?」
手に取ってみると幕府からのお達しだった。
「なになに。。。」
【今後貯金に利子はつかない。代わりに金をとるからよろしく。。。】
「おいおい、どういうことだ?利子が付くから貯金じゃねえのか!?なんで貯金したら金をとられるんだよ。昔銀行の営業が、こんだけ利子着くから貯金してくれと来てたじゃねえか。あいつらどうすんだよ。金取るけど貯金してくれって言うのかよ~!」
まじめに働き、お金を貯め、利子で増やしてマイホームを買おうとしていた旅人は絶望した。

絶望したのは旅人だけではなかった。
同じくまじめに働き節約してお金を貯め、無理のない生活、そして豊かな老後を夢見ていた人々のすべてが絶望した。
逆に欲しいものは後先考えず購入し、今が良ければすべていいという不真面目で無責任な人達は大喜びした。
「わははははは、金を借りるぞ!欲しものは何でも買うぞ!今買うぞ!すぐ買うぞ!金を借りたら金がもらえるんだ。借りて借りて借りまくってやるわ!いい時代が来たものよの~」
それ以外にもニヤリとした人達がいる。
泥棒と仕手屋だ。
利子がつかないということはタンス預金が増えるということ。それは泥棒にとって盆と正月とオリンピックが一緒にやってきたようなビッグボーナスだった。
しかし、泥棒はまだいい。なぜなら警察が捕まえることができるからだ。
だが、仕手屋は捕まえられない。
仕手屋。。。それは株や為替、先物を操作し一般人の金を合法的に強奪する悪魔の化身。
「ふははははわが世の春ぞ!さっそくメディアに働いてもらおう」

【7時のニュースです。マイナス金利になりましたが心配はいりません。余った金はすべて株に投資すればいいのです。株は配当があるし、長期的には必ず上がります。こんないい商売は他にないのですよ。やらない人はアホ。以上7時のニュースでした】

【週刊株投資-今後、株価は上昇の一途をたどるでしょう。マイナス金利で余剰金がすべて株に回ってきますからね。ニッケイは4万、いや5万も夢ではないでしょうな】

「そうだ!株だ、株があった!」
こうやって多くの人があっけなく騙されてしまうのだ。
最初は騰がる。そして一般人の多くが投資し、タクシーの中で株の話で盛り上がるようになった頃。。。。
「ふははははははははは」
悪魔の高笑いが聞こえてくるのだ。
80年代末の日本株崩壊、90年代末のアメリカITバブル、今世紀初頭の世界金融危機、全て同じだ。
メディアが煽りに煽り、一般の金が大いに乗ってきたところで自分たちは最高値で売り、ついでに空売りを入れる。そしてその後、魚を見つけたペリカン並みの急降下ダイブ。
儲けるのは市場を牛耳る大口仕手屋、損するのは一般投資家と小口。
この悪魔の法則は過去から未来永劫不変なのである。


では、黒い北風ではなく、うららかな太陽であったなら。。。

「ああいい天気だなあ。。。」
旅人は峠の茶屋で足を止め、餅を食いお茶をすすった。
「故郷に帰ったら、金は貯金して、もうひと働きしてマイホームを買うぞ」
そして愛想のいい茶屋の娘にチップを渡した。
その様子を村の子供たちが見ていた。
「おじさん、僕たちにもチップをくれよ、肩もむよ、足もむよ」
村の子供たちはよってたかって旅人の体を揉んだ。
「しょうがねえなあ、それえ!」
旅人は空に向かって小銭をぶちまけた。
「わーい」
子供たちは、まるでポテトチップにたかるカモメのように小銭を拾った。
(ふ、その程度の金、一か月も寝かせりゃ、利子で入ってくるのさ。。。)
若者は群がる子供たちを背に意気揚々と故郷に向かった。
故郷には許嫁のおはなが待っている。
「おはな、早くお前と子作りがしてえぜ」


もうおわかりかな。
まじめに働いている人達、転ばぬ先の杖とコツコツ貯金して節度を守り無理なく生活している人達が良き目をみる世の中。それが経済の成長にもつながり、その安定と安心が新たな生命の誕生に繋がるのだ。
今は全てが逆だ。
世界中で逆だ。
善良な人々が搾り取られ、家も買えず、子供も作れない。だから経済も伸びない。
そしてアホだけが施しを受け、子供を大量生産する。
これは私が言っているのではない。
ここオーストラリアでもアホばっかしが子供を作る、そのうち世間はアホの遺伝子であふれかえってしまう。。。と巷で危惧されている。
そしてその大量のアホがアホの政治家を選ぶ。
アホのアホのによるアホのための政治。。。その魁はもう見え始めている。
今、人類は人類の基本である「働かざる者食うべからず」の原点に返り、気たるべきアホワールドを阻止せねばならぬのだ。

キャッチフレーズは

「STOP THE AHO」

世界に広げようぜ!
スポンサーサイト

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.