笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の勉強になる漫画(2)

2013/09/04 13:00|言語関係TB:0CM:6
私は漫画の記憶を小学校低学年まで遡って思い出してみた。
普通の日本語で、面白く、エキサイティングで…そうだ歴史の勉強になればなおいい…
歴史の勉強と言うのは息子は理系であるからどうしてもヒューマニティーと呼ばれる歴史や地理をないがしろにする傾向がある。
「そんなどこまで本当かわからん大昔のことを習っても仕様がない」
と彼は言うし、確かにそれは一理ある。
私は純文系だが、その私でさえ
「ほんまに卑弥呼おったんか?」
とか
「なかのおおえのおおじ や さかのうえのたむらまろ」
なんて、もうちょっとみじこうせいやと思ったことはある。
しかし、同じ過ちを繰り返さないと言う意味で歴史はまんざら無駄でもない。
ゆえに、それに該当する漫画を記憶の底から掘り出して見るのだがなかなかでてこない。

『漫画日本昔話』
いや、これには暗い思い出がある。
子供が小学校低学年の頃、友達に人形のようにかわいい金髪の女の子がいた。
その人形童女がうちに遊びに来た時、あどけない目で私に
「ねえ、ジャパンのアニメはなんでみんなヨーロッパ人の顔をしているの?」
う…私は一瞬言葉に詰まった。
ふと横の本棚に目を移すと、漫画日本昔話の絵本版が目に入った。
「そんなことないよ。ほら…」
その時の童女のおもいっきり納得した無邪気な目…忘れることができないのだ。
「おのれえ、セーラームーンめっ!大きくなっても遊びにくるんだぞっ!」
ともかく、日本昔話は絵が哀しすぎる。
だいいち、あんなもんネットにアップされてないだろ?

では他に何かあるのか…一休さん?(古っ、私80年代までの漫画しか知らないから…)…あの小坊主屁理屈ばっかたれてたよなあ…“このはしわたるべからず。ではまんなかをわたりましょう” …「なめとんか、コラァ!」…ぶさぁぁぁ … 俺が将軍様なら終わってるぜ… じゃ三国志?…さむらい言葉はラオウでこりたわ…。
標準語でひねくれてなくて歴史の勉強になる漫画…

そんな私の脳裏にふと
「ラ.セーヌの星」
という遠い昔の漫画が浮かんだ。
確か小学校低学年の頃に見た記憶があるのだが、はて…漠然と面白かったぞとしか思い出せない。
場面としてはマリーアントワネットのクビチョンパ、ストーリーは異常に強い花屋の娘がパリで大暴れ…
いやまてよ…
そこで私の記憶は徐々によみがえってきた。
そういえば、あの頃私達は、竹箒でフェンシング、机の角に首を乗せて下敷きでギロチンとかラセーヌの星ごっこをやった。
そして町の子供たちは
♪ラララセーヌ~ ラセーヌはパン屋~♪
と歌っていた。
私の育った町にはむろんセーヌ川など流れていないが、なぜかラセーヌというパン屋があったからだが、子供たちがごっこをしたり替え歌までできたりするのはきっと世間の評価も高かったに違いない!と思いネットでその大昔の漫画を検索すると…
あるじゃないか!ええっ!
さてどんな内容だったか?

私は第一話を見た。
「面白いやんけ」
で結局なんとま、40を過ぎた中年であるのに全話見てしまった。
そう、私はブログをサボってラセーヌの星を見ていたのだ。
「素晴らしい!日本語の教材にうってつけだ!多少歴史の勉強にもなる!」
私は感動した。
そしてかなり恥ずかしかったが息子に勧めた。
子供は第一話だけ見て面白いって言ってたけど、北斗の拳の時みたいに目は輝いていなかった。
ま、ほどほどでいい。
深夜に黒いチューリップも困ったもんだからねえ。
いや、あいつ性格ワシに似てるからな…
ザラール隊長か…
誰もわかんね~!


ラセーヌの星
654820fb78cfc1ae2ae50db17e040b47_400.jpg
あ、間違い、こりゃエトワール一徹。


ラ.セーヌの星
f7a7c12ad6865f07fdce0143bf80d6a1.jpg

ラ-セーヌの星-第1話-1975-風の中の少女
ドヒマだったらきっと見てね♡
スポンサーサイト

日本語の勉強になる漫画(1)

2013/09/03 12:40|言語関係TB:0CM:3
英語圏で育った子供は、両親が日本人であっても長じるにつれ日本語が下手になり、成人したころにはまともに話せないという子もいる。
まして片親だと、日本語はぜんぜんと言う子も決して珍しくはない。
別にこれからの時代、それでもいいじゃないか、翻訳機や携帯の翻訳機能が発達するさ-という方も多いかも知れない。
確かにそれは間違いないだろう。
実際語学の必要性は年々薄れ、私の知人にも学校で語学なんてやらんでいい-という人もいる。
だが、
「そんなこたあわかってるよ!それでも語学をやりたいんだよお!翻訳機なしで話したいんだよう!」
という子供もいるかもしれない。

うちの子もその一人だ。
彼は高校まで日本語がまったく話せなかったが、高校で優秀な美人日本人教師にあたったお陰でそこそこ話せるようになった。
そこで彼は私に、
「日本語の勉強になる漫画はないか?」
と聞いてきた。

彼は小学生の頃、アンパンマンやドラえもん、機関車トーマスを見ていたが、さすがに大学生にもなればそんなもん見る気はせんだろう。
中学生の頃はナウシカやラピュタを見ていた。
同じ系列に未来少年コナンがある。
そこそこ面白いとは思うが…あれは、ほらロリコンだからね。
ラピュタでもそれらしいシーンはあるが、コナンなんかもろだ。
確かダイスとかいう中年のおっさんがラナという小学生のけつを「ラナちゃ~ん」と叫びながら追いかけ回していたような記憶がある。
うちの息子もそのハヤオ系の微妙な変態に最近は気づいているようだ。
だからハヤオ系は駄目。

では他には…と私は考える。
日本語の勉強になってなおかつ面白くて飽きないもの。
そして害にならないもの。
まず思い浮かんだのがガンダム(初代)だった。
今時、昔の漫画なんてネットでいくらでも見れる。
だが、子供は「ぜんぜん面白くねえ」と最初の二話で見るのをやめてしまった。
「なんだと、これが面白くないだとっ!」
私の中では、ガンダム(初代)、あしたのジョーが一押しであったのだが、ジョーやタンゲの日本語はハイレベルであるから、まずガンダムを見せレベルがあがってからジョーにしようと思っていたのだがその予定がのっけから狂ってしまった。
そういえば、遠い昔、まだ私が豪に来たばかりでホームステイをしていた頃、その家に以前住んでいたというスイス人の男が遊びに来た。
そのスイス男は日本のアニメ好きで「ガンダム最高!」と言ったので私も大いに頷き「なんで豪でやらないんだろうねえ?」と聞くと、「オージーには難しすぎるんだよ」と小馬鹿にしたように言ったが、よく考えれば私の子もオージーだ。
もしかしたら息子にはストーリーが複雑すぎたか?と思い、超単純でビジュアルインパクトの強い「北斗の拳」を推薦した。

結果は
「超おもしれえ!」
と、なんと最後まで見やがった。
しかも、ナント水鳥拳のレイとか、ナントはくろ拳のシュウとかヤマノフドウとかフルネームで覚えているのだ。
そしてセリフをよく口ずさむようになった。
「おまえはもう死んでいる。三秒だ。ぼん。」
彼は最初、けんしろうの真似をよくしていた。
そこまではよかった。
だがそれが途中から
「ぬぅわっはっはっはっはっはっは…」
と、笑い方が変わりはじめ、日本語で話すとき
「ならぬわ」とか「なるまい」とか、語尾にぬわやまいがつくようになってきたのだ。
例えばちょっとものを頼むと「できぬわ!」と大喝し、すぐ近くの学校へ行くのに「行かねばなるまい」と仰々しく身支度する。
もしや…と思い、好きなキャラは?と聞いてみると…
「ラオウ!!」

やはり…
うちの息子は最近はずいぶんマトモになったとはいえ、高機能自閉症、アスパーガスシンドロームであるから、時に常軌を逸した行動や発言に出ることがある。
彼はラオウの生き様に感動し、憧れ、共鳴するうちに、ラオウになってしまったに違いない。

これはまずい…まずいぞ…
もし彼がパーティーに行ったとき、会話は英語であるから、ぬわやまいは別にいい。
だがあの笑い方はまずい。
私はまた考えなければならなかった。
ラオウを矯正する漫画は…
(つづく)

download.jpg

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。