笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


ミッドナイト スカベンジャー

2013/08/29 23:10|国際結婚TB:0CM:6
昨夜、珍しく家族でレストランに行った。
レストランといっても、もちろん高級なところではなく、安いアジア料理店だ。
私はそこでメニューも見ずに
「カレーラクサ」
を注文する。
日本料理の店に行けばカツどんだ。
私はそれ以外は食べない。
カレーラクサはどの店でも10ドル前後。
そして、たいてい、哀しいほどにうまい。
嫁と息子は変わったものを注文して食っていたが、私には興味がない。
だから何を食っていたかは知らない。

その店を出たのが11時過ぎ。
家の近くまで帰ってくると、各家の前には多くの粗大ごみが放り出されていた。
なんでもこのモナッシュ市政区は年に一回、粗大ゴミの回収をやってくれるらしい。
それはいいのだが、隣に座っている嫁の目がギラギラと輝いていた。
猛烈にいやな予感がして、スピードを上げた。
しかしローカル道であるから100キロで飛ばすというわけにはいかない。
「わお、あれまだ使えるじゃない!」
やはり、遅かった。
嫁は車を止めろという。
そして、降りて色あせたプラスチックのガーデンチェアを拾ってきた。
「そんなもんいらんやんけ!」
私と子供が同時に叫んだ。
「なによ、何で私のすることにいちいち文句言うの!」
嫁得意の逆切れだ。
ここでもう一度、文句を言うと大喧嘩になる。
だから私は、それ以上は言わず、嫁の指示通りに黙って近所をぐるぐると回った。
時間は12時。
その真夜中のダウンタウンを嫁は太ったゴキブリのようにゴミを見つけては歩み寄っていく。
そして次に、茶箪笥のようなものを拾ってきた。
「やめでぐで~!」
私と息子は車の中で同時に叫んだ。
しかし嫁には聞こえない。
聞こえない限り、彼女には私たちの意志はわからない。
「ほら、こんないいのがあったわよ」
彼女はルンルンだった。
「ミッドナイト スカベンジャー(真夜中のあさりちゃん)」
私と息子は嫁をそう名付けたのだった。

そして今日、うちも粗大ゴミを外に放り出した。
「ご覧ください。この量を!」
P8290191.jpg

我が家はつい一ヶ月ほど前に今の家に引っ越してきたのだが、ここに捨ててある物の内8割が前の家から持ってきたものだ。
引越しの前、私と嫁はほとんど毎晩大喧嘩をしていた。
それはひとえに嫁がゴミを捨てないからだ。
捨てないだけでなく、新たなゴミを友達からもらってくるのだ。
そこに捨ててある角型テレビやテーブルもその一つだ。
引越しの時、普通の人は思い切って捨てないかい?
それをうちの嫁は捨てるどころか、増やし、しかもわざわざ運ばせて、新居で捨てる。
「なんでやね~ん!」
引越しは私と息子とオージーの友人4人と安い引越し屋二人、総勢男8人、大型トラック三台でやった。
量にして120立方メートル。
どれほど苦労したことか。
それを結局は場所がなくて捨てる。
なのに、なのに、嫁がまたあちこちから拾ってくる。

私はミニマリスト。
必要ないものは一切所有しない主義だ。
友人からは地球人が皆私だったら、世界経済は破綻するともいわれている。
息子も同じタイプだ。

なのに嫁は…。
嫁はイギリス人だ。
必然的にイギリス人のフレンドが多い。
そして彼らの家は一様に、壁には絵やら皿やらが隙間なくびっしり。
床は家具だらけで、歩く隙間もないほど。
そしてクリスマスには、大量のプレゼント交換。

私ね、腹立つんですよ。
あいつらが、
「地球を守ろう」
なんていってるの聞くと…。

「地球を守りたかったらな、みんなワシになれっ!ちゅうんじゃい!!!」

スポンサーサイト

さらば毒蜘蛛ハウス

2013/08/26 22:09|未分類TB:0CM:19
私は一月に気分が悪くなって以来、ブログを書こうとすると吐き気のする不思議な病に悩まされてきました。

それがやっとマシになってきた…と感じ始めたのが実に先月7月の半ばです。

今も完治とまではいきませんがやっと吐き気はなくなりました。

いったいあれは何だったのでしょう?

今まで私は何度かマイグレンという偏頭痛をくらっていますがどうも違うようです。

第一ここまで長引いた事は過去にはありません。

ところが最近……
そういえば…あの一月の頭がおかしくなった日の二日後に…右足のくるぶしの下に、クモに刺されたような小さな穴が二つ並んであったぞ……と思い出したのです。

その周りは、ほんのりと赤くなっていましたが痛みも痒みもありませんでした。

だからその時は別に気にもしなかったのですが、もしかしたら寝ている間にホワイトテイルという毒蜘蛛に噛まれたのかもしれません。

ホワイトテイルの症状としては下の映像にあるように皮膚がただれるとか腫れるとかでありますが、それは人によってまちまちで、中には頭痛、吐き気、眩暈が長引く人もいると聞きます。
その場合は時がたてば治るとWikiには書いてありますが、その期間は個人によって差があるそうです。

私の場合はもしかしたら極端に長いケースなのかも知れません。

思えばあの家には、毒蜘蛛ホワイトテイルがわんさかいました。

いました…と過去形になっているのは、実は最近我が家は引っ越したのです。

その忙しさも手伝ってブログがおろそかになっていたのですが、それはそうと、その引越し寸前にはホワイトテイルが三日に一度くらいは現れるようになっていました。
しかもだんだん巨大化し、ケツのぷっくりふくれた強そうなのが壁や天井をゴソゴソと這っていました。
その都度、私は掃除機で吸い取ったのですが、あれは大量に湧いたのが順調に大きく育ってきたぞという証だと思います。
きっと見えない所にもいっぱいいたに違いありません。

だからというわけではないですが、私はあの毒蜘蛛ハウスを売りとばし、新しく子供の大学の近くに家を買いました。

もし仮に、あの家を買ったのが豪に来たばかりの日本人ファミリーとかであったなら、私は家の譲渡契約が完了し、荷物をまとめて出て行くと同時に

“この家毒蜘蛛多し、死なないでね……バルサンより愛をこめて”

と郵便受けに書置きを残していったに違いありません。

しかし、あの家を買ったのは同じ地区に住むヤング白人ファミリーで、壁や床を引っ剥がして建て増し大改修するとか言ってたので書置きは残しませんでした。

果たして、あの吐き気は毒蜘蛛のせいだったのでしょうか、それともただ単に前頭葉が死に始めているのでしょうか…冷静に考えて後者だと思いますね。

でもこの五ヶ月間ブログが書けなくてもそんなに辛くはありませんでした。
せんずりさえかければ人生って結構楽しいもんですね。

困ったとき、つらい時、悲しい時、さびしいとき、わからない問題にあたったとき、プレッシャーを感じたときなど、せんずりがすべてを解決してくれます。


毒蜘蛛ホワイトテイル

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.