笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンタス航空運行再開

2011/10/31 15:27|オーストラリアのニュースTB:0CM:4
カンタスオフィシャルサイトに置いて、運行再開がアナウンスされた。

本日10月31日(月)午後以降に予約している者は空港へ行くよう呼びかけている。

但し遅滞が予想され、完全通常化は水曜日以降とのこと。

「ご迷惑をおかけして大変申し訳ない」との、お詫びのコメントも併記されている。


ところで今回の一連のストフィアスコに関して私の話した者の中では、「潰してーんだろ」の声が多く聞かれた。
特に会社経営者や元マネージャーと言った者は
「アホが。組合なんて恐竜なんだよ。今の豪雇用形態ではアジアの低賃金雇用に勝てるわけが無い!労働党ではその内失業の嵐が吹き荒れる」
で概ね一致していた。
またABCラジオでも
「カンタス経営陣は大量解雇に踏み切る、もしくは潰すかして身売りを考えているのでは無いか」
との憶測が聞かれた。

逆に低所得層(といっても数名の知人)では、
「カンタスのメインテナンスは安全のため国内で行われるべきだ。ファック グローバライゼーション!ファック プライベタイゼーション!(民営化)」
といったような声が聞かれた。
また緑の党代表ボブ ブラウン(こいつはシーシェパードがホバートに入港したら自ら出迎えに行くほどのアホ)や、アダム バンド(メルボルン、緑の党) は一方的に経営陣のアラン ジョイスらを非難し、
「豪の雇用を守れ!」
とここぞとばかり自分達の存在をアピールしていた。

だが思うに「雇用を守れ!」といったところで、文句ばかり言って大して働きもせず、事あるごとに給料上げろ!と言っている連中を誰が雇いたいだろう。
雇用を守れと言う考え方は基本的に間違っている。
必要なのは雇用が増える環境であって、怠慢強欲の労働者を保護する事ではない。

現労働党政府の政策は、雇用を作っている側を迫害し、被雇用者を徹底優遇するものである。 
「雇用主あっての雇用」
その小学生でも分かる常識が分からないのだろうか?
と呆れているのは私だけでないだろう。


以下カンタスフライト速報サイト
日本語サイト―但し運行再開情報は英語サイトのみに記載されている。(なめとんのー)
http://www.qantas.com.au/travel/airlines/home/jp/ja

英語サイト
http://www.qantas.com.au/travel/airlines/disruptions/global/en
http://twitter.com/?q=qantas#!/QantasMedia
http://www.facebook.com/Qantas

055049-qantas.jpg
スポンサーサイト

カンタス航空にスト終了命令

2011/10/31 01:36|オーストラリアのニュースTB:0CM:2
FWA(フェアーワークオーストラリア、労働争議調停機関)は、カンタス航空によるストライキに終了命令を発した。
カンタス航空は本日10月31日(月)午後から通常営業を再開する見込みであるが、詳細は豪東時間午前2時25分の時点で未定。現実的には明日午前以降になると言われている。

副大蔵大臣のビル ショーテン氏は、FWAの判決に喜びのコメントを述べ、カンタス航空に出来るだけ早く通常営業を再開するよう呼びかけた。

但し、今回のストはカンタス経営陣が全社員35000人の半数である17000人の解雇とメインテナンス部の海外移転を目的として起こしたものといわれており、今後も組合側との確執は続くものと予想される。



カンタス航空全面スト突入!!

2011/10/29 18:58|オーストラリアのニュースTB:0CM:2
2011年10月29日(土)午後5時27分(豪東時間)
カンタス航空は国内線国際線とも全面ストに突入した。
次の24時間で13,000人の旅客に影響が出る模様。
カンタス社員は月曜夜よりロックアウト(閉鎖)。
バージンエアーは影響を受けるカンタス利用客に特別料金を提示。

カンタスヘルプライン 131313

昨日までの流れ―以下は昨日の状態です。
ストライキの長引いているカンタス航空CEOアラン ジョイス氏の$2ミリオンボーナスが同社年次株主総会で承認された。
同氏の年棒はベースの$3ミリオンに上記が加わり$5ミリオンとなる。
ちなみに同氏の昨年の年俸は$3.8ミリオン。

総会では批判のブーイングも起こったが、97%が同氏の昇給を支持。
それに対し組合側は同氏の71%もの昇給は海外オペレーション赤字$200ミリオン、並びに同社株価の下落を鑑みて不当であると攻撃。

同氏はストに対し「組合側の理不尽な要求は受け入れられない」と強硬姿勢を崩さず、更なる解雇も示唆。
対する組合側社員は時給$20を$21にせよと要求しているだけと主張。

カンタス社は8月に1000人の解雇を発表。
それ以降続いている同社の部分的ストによる損失総額は現時点(昨日28/10/2011)で$68ミリオン。
フライトキャンセルは129便で、遅滞は387便、約71000人の足に影響がでている。
このままストが続いた場合同社は毎週$15ミリオンの減益となり、ジョイス氏は17000人の解雇と規模の半減を仄めかしている。


コメント
急いで書いたので乱文はご容赦。

ストはすぐ終わるかもしれないが、豪旅行を考えられている方はカンタスは避けた方がいいでしょう。

ボスは1000人首切って$2ミリオンのボーナス。
社員は昇給を求めてスト。

サービス業は客がいるから仕事がある。
仕事があるから客がいるのではない。
そのお客様を自分達の欲の為にないがしろにする。
本末転倒も甚だしい。

これがもし、自分のファミリービジネスだったら同じことをするのか?
豪の労働条件は決して悪くない。
この国で本当にストしたいくらい苦労しているのは、自分で独立開業している方たちですよ。

アラン ジョイス
361997-20111028qantas.jpg

跳ねないカンガルー
770784-pilot-demands.jpg


関連記事
http://www.news.com.au/travel/news/qantas-grounds-entire-fleet/story-e6frfq80-1226180315331

http://www.news.com.au/business/crunch-time-qantas-ceo-faces-shareholders-and-unions-at-agm/story-e6frfm1i-1226179319256

http://www.news.com.au/travel/news/qantas-strikes-to-hit-10000-passengers-today/story-e6frfq80-1226180043504

http://www.abc.net.au/news/2011-10-28/qantas-holds-agm/3605804?section=business

土曜版 Herald Sun
週末版 AFR

ワーホリの覚醒―英語学校11

2011/10/27 18:06|連載小説ワーホリの覚醒1TB:0CM:1
彼女の家はモスマンにあった。
すぐ横のフェリー乗り場からフェリーに乗りモスマンベイに向かう。
そこで下船して緩やかな丘を15分くらい歩いた所に彼女の家はあった。
白壁、二階建ての豪邸。
彼女はそこにホームステイしている。

家の中には50歳くらいの恰幅の紳士と品のいい婦人がいた。
麗蘭のホストピィアレンツで、普段は高校生の娘も一人いるのだが今は修学旅行でタスマニアに出かけているとのことだった。
ご夫妻とはラウンジルームでコーヒーを飲みながら15分ほど談笑した。
広いラウンジには日本の扇子やこけしの置物、壁には浮世絵やら金閣寺の写真が飾ってある。
それだけで夫妻がかなりの親日家であることが伺えた。
初対面の路男磨にも恐縮するほどにフレンドリーで、言葉もゆっくりと分かりやすく話してくれたがそれでも会話にならない自分が情けなかった。
頭の中にまず日本語が浮かぶ。
それを英語にしている間に話が進んでしまう。
普段から英語を話していない路男磨は、こういった機会に日頃の怠慢を思い知らされていた。
こっちに来て一ヶ月たつが、英語のみの環境に入ると相変わらず異常に神経をすり減らした。


テニスコートは裏庭にあった。
緑の人工芝に砂が撒かれ、ナイトプレイ用の照明もある。
路男磨はそこで麗蘭が家から出てくるのを待っていた。
彼女はテニスラケット二つとボール一缶抱えて出てきた。
彼女は白いテニスルックに変わっていた。
短いスコートから細く艶やかな足が伸びている。

彼は久しぶりにテニスラケットを握った。
「あなた、写真を抱えてテニスするつもり?」
ふと気付けば右手にラケット、左手にさっきのフォトフレームを抱えていた。
その格好を見て麗蘭は笑ったが、路男磨の愛想笑いは引き攣ったものになった。
〈くるのか!?〉
彼は発病の気配を感じていた。
不安を感じつつ写真をテニスコート横の白いベンチの上に置いた。
「駄目よ、そんなとこ置いちゃ。球が当たったら割れるじゃないの」
麗蘭はそのフレームを手に取り、家に持って入るとわざわざ二階に上がり自分の部屋の机の上に置いた。

陽が街の向こうに沈み辺りに夕闇が迫っている。
麗蘭はフラッドライトのスイッチを入れた。
テニスコートがトワイライトにボウッと浮かび上がり、黄色いボールが右に左にと交換される。
路男磨は中高と本格的にやっていた。
麗蘭はこっちに来てから週二回テニスクラブで汗を流す程度と言う。
軽くもんでやろうという気でウォームアップを始めた。
彼女の球がフォアに来た。
それをまたフォアに返す。
いい球がまたフォアに返ってきた。
暫く打ち合った後、今度は球筋をバックに変えた。
これで大体の力量は分かる。
だが返ってきた球は予期せぬほどに強力なトップスピンだった。
「やる!」
路男磨もそれをトップスピンで返した。
「ねえ、試合しない?」
「いいよ」
彼女はラケットを投げた。
ウィルソンのラケットがカラカラと回ってグリップエンドのロゴがWを指した。
「ウィマンね。私のサーブでいい?」
彼女は上に着ていたジャケットを脱いだ。
タンクトップからむき出しの肩がライトに反射して、路男磨の目には雪面のように眩しく映った。

彼女はその容姿だけでなくテニスのスタイルも美しかった。
流れるようなサーブ、蝶の舞うようなグラウンドストローク、
バレリーナの様な軽やかなフットワーク。
路男磨は黄色い球よりも彼女の華麗さに気をとられ気付いた時には6-2で呆気なくセットを落としていた。

「ふぅ」
と一息入れ、白いベンチに座った時、黒いベンツがガレージから出て行くのが見えた。
さっきラウンジで話した麗蘭のホストピィアレンツがどこかに出かけるのだろう。
彼らはこちらに気付くと軽く手を振り、大きな門から走り出ていった。
「どう、まだする?」
隣に座っている麗蘭が言った。
空には星が輝き始め、彼女の吐く息がその星の間を白く流れている。
「やるよ。このままでは終われない」
正直言って彼はかなりの疲労を感じていた。
だがひ弱な男とは思われたくなかった。
「よし、本気出すぞ!」
路男磨はボールを掴み勢いよく立ち上がった。

第二セットは路男磨が6-3で取り、第三セットは6-6でタイブレークになった。
〈足が重い…〉
彼はもう限界に達していた。
ラリーでは勝ち目が無いから、徹底的にボレーに出た。
ボレーは半分は決まったが半分は麗蘭の華麗なパッシングショットに抜かれた。
特に彼女の片手バックハンドはピシピシとコーナーに決まった。
タイブレークカウント6-4で麗蘭のマッチポイント。
サーブは路男磨で彼は彼女のバックハンド側にサーブした。
いいサーブだった。
「スライス…」
路男磨は前に動きボレーの態勢に入った。
―とその瞬間麗蘭の手首がくるっと返ってスクエアにボールを捉えた。
目の覚めるような球が路男磨の前を抜け左ラインの内側に落ちた。
プロ並のクロスコートフリックショット。
路男磨は思わず拍手していた。

「楽しかったわ。でも今日のはフェアじゃない。だって路男磨はオウンラケットじゃないし、服装だって靴だってテニス用じゃないもの」
二人はキッチンで麗蘭のつくった蜂蜜レモンを飲んでいた。
随分時間がたったようだったが時刻はまだ八時過ぎだった。
「本当は私が何か作ってあげたいんだけど、それは次。今夜はどこか一緒に食べに行かない?」
路男磨は頷いたが、不思議な事に腹は全く減っていない。
その代わり何か胃液の逆流するような興奮を覚えていた。
疲労の限界を超えたようで神経が触れば切れるほどに冴えている。
「あ、私着替えなきゃ。そうだあなたに見せたいものがあるの」

麗蘭に続いて階段を上る。
路男磨の前に白いスコートが揺れ、その下のアンダースコートが彼女が階段を一段上るたびにのぞいた。
彼は視線をそらしたが息苦しくなって唾をゴクリと飲み込んだ。



挿絵 By 茨城在住の妹(東京芸大、同院卒)
私のイメージとは少し違うがまあいいだろう。
妹よ!お前の兄が求めているのは、一目見れば下半身がゾクゾクするような絵だ。
大学とやらの“お絵かき教室”から脱皮せよ!
人間の心の奥底に秘められた、誰にもいえない欲望…それにうったえるのだ。

sasie-fuzii2-syukusyou_convert_20111028154259.jpg

ビザ取り留学生に強制送還の嵐

2011/10/25 18:17|オーストラリアのニュースTB:0CM:0
豪政府の学生ビザ規制強化に伴い留学生の強制送還が記録的な数に上っている。
過去一年のビザキャンセル総数は15066。
内3624人が落第、出席日数不足によるビザ失効で強制送還に直面。
その他2235人が中途退学、違法就業によりキャンセルされている。

ビザ失効処分は過去4年間は横ばいであったが、政府は増加する不良留学生弾圧に乗り出し、特に“ビザ取り”の異名を取る、調理、理髪コース等職業訓練学校の査察を強化した。
政府の職業系に対する弾圧はそれだけに留まらず、新政策では大学優先を発表。職業系に対してははビザ取得に関しても厳しくした。
また大卒は卒業後2年間豪で働く権利を有するが、職業系卒に対しては来年度の発表まで未定とされる。

現在豪には332709人の留学生が修学中、内半分以上は大学生で三分の一は職専校生のディプロマ課程。
最も多いのは中国人で5人に一人、次がインドで6人に一人、以下韓国、ブラジル、マレーシアと続き、その殆どはNSW州とVic州に在住。
今回の弾圧で最も多く摘発されたのはインド人であるが、留学生最多の中国人は職業系ではなく、大学系が多い為それほどではなかった。

移民局の学生ビザカテゴリーは8種類で、職業訓練学校、大学、語学学校、高校などにわけられる。
学生ビザ獲得の為には入学申請、学費、生活費が充分賄える預金証明、健康診断、英語テストでの及第点が必要とされる。

過去一年では移民局の見落とし等により生徒の一部は不法滞在者となり、その数は同局のレポートでは8309人。
学生の一部は豪での就業目的に学生ビザを利用し、女性の中には違法風俗店で働く者もいる。


ビザキャンセルの留学生数と出身国
240540-student-visas.jpg


コメント
上記は新聞記事をそのまま訳したもの。
移民、留学に関しては変更が多いので、ビザ取得の際は専門の方に問い合わせてください。


不法滞在者が強制送還されるのは仕方ないが、卒業して真面目に2年間働いた奴は無条件で永住権やりゃいいのに…と学生の苦労話を聞く度に思うよ。


記事原文
Thousands of students failed the Australian visa test
by: By Vanda Carson and Alison Rehn
From: The Daily Telegraph
October 25, 2011 12:00AM
Visa crackdown: Rorting students are sent packing
Flunking courses, being deported in record numbers
FOREIGN students caught skipping class or flunking courses are being deported in record numbers, courtesy of a federal government crackdown on student visas.
The Immigration Department has already cancelled 15,066 foreign student visas in the past year, a 37 per cent spike from the previous year, The Daily Telegraph reported.
About 3624 students are facing deportation for flunking subjects or missing classes.
A further 2235 visas were cancelled on students who quit their original courses and were either working illegally - in some cases in brothels.
The crackdown, coming after the number of cancellations was steady for four years, has targeted lax students who had won visas to study at a vocational training level, such as cooking or hairdressing.
Indian students have been hit the hardest, while the biggest foreign contingent - Chinese - fare much better because they are less likely to be studying for a trade. Trade students are not only under the spotlight but a change in policy preferencing university students has now made entry to Australian courses harder.
University graduates will have the right to work here for two years after they graduate, leaving vocational training students to wait on a second tranche of changes, due next year, to find out where they stand.
Of the 332,709 international students in Australia in June, more than half were studying at university, while a third were on vocational training visas studying diploma courses.
One in every five international students is Chinese, while one in every six is Indian. Courses are also popular with South Korean, Brazilian and Malaysian students. The majority of international students study in NSW and Victoria.
To receive a visa they must be enrolled in a course and show they can pay tuition and living costs and meet health and English language tests.
Of the 15,066 cancellations by DIMIA in the past year, 3624 students lost their visas because they flunked some or all subjects or were no-shows to class. A further 2235 visas were cancelled for students who quit their courses and 212 were from students who finished their courses early.
The Immigration Department offers eight kinds of student visas - including vocational training, university, English language courses or school education visas.
Despite oversight by the department, some students end up as illegal immigrants after failing to return home.
The department's annual report said that 8309 student visa holders became "unlawful" in the past year because their student visa expired and they did not apply for a new one, such as a bridging visa.
In some cases, foreigners were not genuine students and use the work rights of a student visa as a back door to higher wages and working conditions in Australia.
Some women have come to Australia on student visas to work in illegal brothels.

うちの子と自閉症(6)

2011/10/24 18:08|自閉症.AUTISMの真相TB:0CM:2
中学に入ってからのマッシュは背が急激に伸び、贅肉が筋肉に変わった。
顔が2年前とは別人のようになり、小学生の友人の中には道で会っても識別できない者もいた。

空手は黒帯になり、テニスはAクラスに昇格した。
特にテニスは所属のヘボクラブに何故か有名なコーチが専属で付く事になり、その指導を受け始めてからメキメキと上達した。

一見順風満帆に聞こえるが、自閉症の子に安穏はなく、問題は次から次へと襲い掛かってくる。

彼はE-Learnersのクラスメイトとは全員仲が良く、敵はいなかった。
だが体育の時間だけはメインストリーマーと合同になる。

そこにキャメロンという、アジア人を憎悪する白人の子供がいた。
キャメロンは、元々声が馬鹿でかく何でも本気で取り組むマッシュが大嫌いだった。
その憎悪の確執が表面化したのはサッカーの時間マッシュが彼をタックルでつき転がしてからだった。

キャメロンは
「アジア人なんか全員死ね!」
と平気で言うような子で、性格はいたって残忍。しかも彼の兄は人を刺した事により退校処分にされていた。

彼にはいつも五人くらいの取り巻きがいて、善良な生徒達を悩ませていた。
彼らはアジア人だけでなく黒人、ラテン系も憎み、さらには白人であっても肥満児は差別した。

その彼らがマッシュを目の敵にするようにし、事あるごとに絡むようになった。
「糞、あの野郎!」
普段人の悪口等言う事が無いマッシュにしては珍しく、車の中で二人の時など彼の事を悪く言った。

小学校から最も好きだった体育の時間は、マッシュにとって最も陰鬱な時間へと変わっていった。


マッシュ 小5の頃 Echukaにて
IMG_0165_convert_20111024165855.jpg

マッシュ 中2の頃 右緑ポロ クラスメイトと自宅にて
IMG_0471_convert_20111024170053.jpg

人食いザメを殺せ!

2011/10/23 17:07|オーストラリアのニュースTB:0CM:0
西オーストラリア州ロットネスト島沖で32歳のアメリカ人男性がサメに襲われて死亡した事件を受け、西オーストラリア州政府はサメの追跡と殺戮を命令し、今後のサメ漁割当の増加も検討すると発表した―というニュースが今日の頻読トップになっている。

要するにここのところ豪には大したニュースは無いのだが、私がこのニュースを見てまず思うのは
「何でサメが殺されなあかんのやねん!?」
ということ。
サメはただ自分のテリトリーを泳ぎ、たまたま食った餌が人間であった…というだけのことでは無いか。
サメが
「こりゃ魚だから食っていい、こりゃ人間様だから食っちゃいかん」
と判断できるとでもいうのか?
そりゃ食われて死んだ人は気の毒とは思うけど、事件の場所は沖合い500Mの地点とか。
そこはどう考えてもヒレのあるサメの住処で、サルから進化した人間の領域ではない。

サメが毎晩自宅に大口開けて滑り込んでくる―というならば殺すのも致し方ない。
だが海の場合侵入者はサメではなく人間であろう。

であるのに
「人食いザメを殺せ!許せない!」
なんて、西オの政治家、自分で自分の事
「アホでっせ」
って言ってるよーなもんだよな。


豪近海のサメによる死亡事故は西オでここ7週間で3件起こっているが、全豪では過去10年で僅かに15件しか起こっていない。

とはいえ豪の海にはサメがいっぱい―だから気をつけないと…

「あたしみたいになっちゃうよ」
shark-attack-victim.jpg

ロットネスト島
icon_rottnest_air_lg.jpg


関連記事
http://www.news.com.au/national/shark-attack-in-rotto/story-e6frfkvr-1226174015981

http://www.perthnow.com.au/news/recent-fatal-shark-attacks-in-australia/story-e6frg12c-1226129552664

ワーホリの覚醒―英語学校10

2011/10/22 19:58|連載小説ワーホリの覚醒1TB:0CM:0
春の匂いが漂う海風と眩しすぎる午後の陽射しは今日の路男磨には心地よいものではなかった。
その陽射しを遮ろうと手を翳すと、椅子から立ち上がってこちらに向かって手を振っている女の子が目にはいった。
上には薄いジャケットを羽織っているが下はデニムのミニスカートだった。
そこから黒いストッキングを穿いた細い足が伸びている。
路男磨も軽く手を振って彼女に向かい合う形で座った。
ここはサーキュラキーのカフェ。
この当時フェリー乗り場の横にカフェは一つしかなく待ち合わせの場所としては分かりやすかった。
路男磨の席からは、オペラハウスとハーバーブリッジの両方が見えた。
きっと彼女が気を利かせたのだろう。

「よく撮れてるね」
路男磨はA5大に引き伸ばされ木のフレームに入れられた写真を手にとって見た。
二人とも幸せそうな顔をしている。
一見どう見ても恋人同士だった。
「ごめんなさい。急に呼び出して」
フラットホワイトが二つ運ばれてきていい匂いがあたりに漂う。
それを口に運びながらながら路男磨はちらりと彼女を見た。

改めて二人だけで会って見ると身の置き場も無いほどに緊張した。
実は路男磨はこれまで女の子とデートしたことは無い。
〈何か言わなきゃ…〉
と思うのだが適当な話題が出てこない。
彼女の微笑をたたえた目が自分を見つめている。
〈なぜ?〉
自分に気に入られる理由があるとは思わないだけに路男磨は戸惑った。
〈きっと彼女は律儀で親切でフレンドリーな子なんだ―〉
そう思い込もうとし、極力勘違いするのを避け、普通に振舞おうとした。
とはいえ、うかつな事を言って嫌われたくはない。
その守りの意識が作用して元々回らない口が一層硬くなっている。

「路男磨さん出身はどこですか?」
たまりかねて麗蘭が先に沈黙を破った。
「日本」
「……」
彼女はちょっと目を丸くした後ころころと笑った。
路男磨もあわせて笑ったが、事は笑い事ではない。
実は、一瞬彼の頭は真っ白になっていた。
ボケるつもりで言ったのではなく、自然と口から出たのだ。
〈まずい…〉
疲れると彼の奇言癖は発病する。
彼は自分の太ももを右手で強く抓った。
「兵庫県、姫路市さ」
彼は言い直した。
「そうですか、瀬戸内。お城があって、気候も良くていい所ですね」
「麗蘭さんは?」
「東京です。つまんないでしょ」
〈そだね〉
冷たく言いそうになって慌てて口をつぐんだ。
頭の中に思い浮かんだ事がそのまま口から出る―危険な兆候だ。
路男磨は目を瞑り大きく深呼吸した。
そんな様子を麗蘭は興味深そうに見ている。
「ところで麗蘭さんは…」
「レイラでいいわ」
「じゃあ、俺もロオマでいいよ」
お互いに笑みを交わすと頬の硬直もやや弛み肩の凍結も少し溶けた。

彼女は中学を卒業してすぐこっちに来たらしい。
年齢は18歳。シドニー大学の一回生。オランダ人と日本人のハーフ。路男磨とは一つ違いだった。
「それで名前が麗蘭なんだ」
と彼は最初に名前と電話番号を書いた紙をもらった時の事を思い出した。
「そう。でもオランダ語は話せないわ。ところで路男磨はイタリア人のハーフ?…じゃないわね」
麗蘭は路男磨の顔を見ながら言った。
「あたりまえじゃん。この顔でハーフは無いよ」
「じゃあ、ローマで生まれたとか?」
「いや」
「お父さんイタリア語ペラペラとか?」
「いや、関西弁しか話せないよ」
「じゃ、なんで?」
「さあ、ただそう呼びたかったんじゃないの」
事実路男磨も名前の由来は聞かされてない。
“男を磨いて大路を進め”
単純に読んで字の如くだと思っている。
だが、冷静に見て男の道を磨いているとは思っていない。
いつも持病と世間の目に怯え、ビクビクしながら生きている小心者。
それが路男磨の自己評価だった。

それから色々な事を話した。
彼女はテニスクラブに入っているらしい。
その点中高とテニス部であった路男磨とは話が合った。
大学の専攻は教養科で、将来は新聞社に就職したいと考え、留学に踏み切ったと言う。
それを中学卒業前に決断した彼女に路男磨は大いに感心した。
この当時はまだ、留学するにしても日本で大学を出てから…という考え方が主流だった。
だが自分がこっちに来て、それでは到底間に合わないと言う事を痛感している。
父親が欧州人であると言うこともあるが、その事に中学で気付き、決断したのはやはり賞賛に値するものだと思った。

彼女は声も美しく、よく通り、どもることが一度も無かった。
その話し方にも彼女の知性が溢れていて、少し話しただけで頭の良さを感じ取る事ができた。
彼女の英語は路男磨の耳には完璧に聞こえた。
その上この美貌。
ゆくゆくは新聞記者どころかニュースキャスターにさえなれるのではないか-。
彼女には輝かしい未来が待っているのだ。

麗蘭と話していると時間はあっという間に過ぎた。
腕時計を見ればもう五時。
そろそろシンデレラボーイの魔法も限界に達している。
今日はこのくらいにしてボロが出る前に帰りたい。
次はお礼に食事にでも誘おう―とフォトフレームを手にとって立ち上がろうとした路男磨に彼女が言った。

「今からテニスしません?」

断るべきであったであろう。
だが彼女の笑顔にNOとは言えなかった。


サーキュラキー
20071031circularquayrailwaystation.jpg

増加するネット犯罪

2011/10/20 16:09|オーストラリアのニュースTB:0CM:0

最近豪ではネット犯罪が頻繁に報道されている。

一つはこの間も少し触れたが、フェイスブック等ソーシャルネットワークサイトに必要以上の個人情報を掲載し、それを詐欺組織に悪用されるもの。

詐欺組織は得た情報から、本人の知らない間にクレジットカードを作成したり、ローン契約を結んだりする。

これに関してはジェネレーションY(無意味な呼称とは思うが、対象世代は下記表参照)と呼ばれる若年層に被害が目立ち、調査によると被害者数は260万人(豪総人口2270万人の12%)で、内30%が$1000以上の損失を蒙っているという。

もう一つは、豪で最も著名な不動産サイト realestate.com.au に架空貸物件を掲載してランロード(家主)に成り済まし、ポテンシャルレンター(借り手候補)に早期契約を仄めかして、所定のメールアドレスに個人情報を送らせるフィッシングと言われるもの。

その他、銀行の明細書等を郵便受けやゴミ箱から盗む「あさりちゃん」被害も報告されている。

対策としては、ネットに個人情報を載せない、不動産屋での紙上契約、郵便受けに施錠、書類破棄時の切斬等、当たり前のことが載っていただけだった。

ネット犯罪は豪に限った事ではなく世界共通であるからフィッシング等は日本でもよく伝えられているだろう。

ただ豪での不動産賃貸契約時の査定は厳しくなかなか決まらないこともある。

そういった場合あせって下手な詐欺にかからないよう注意されたい。

 

豪世代呼称

呼称              生年

Seniors(シニア)        Before1925

Builders(ビルダー)       19261945

Boomers(ブーマー)       19461964

Generation X         19651981

Generation    Y                                        19822000

Generation    Z                                         2001

 

 

 

参考記事

http://www.news.com.au/money/money-matters/one-in-five-australians-victims-of-identity-fraud/story-e6frfmd9-1226170562310

 

 

http://www.news.com.au/money/property/phishing-scammers-raid-real-estate-site/story-e6frfmd0-1226170297339

45Kg巨大金玉手術に$1ミリオン

2011/10/19 16:18|医療関連TB:0CM:2
ラスベガス在住のウェスリー ウォーレン ジュニアさん(47歳) が45Kgまで巨大化した睾丸の手術のため$US1ミリオンを募っている。
彼の症状は スクロータル エレファンティアシス(陰嚢象皮病) と呼ばれ通常はアジア、アフリカの熱帯域に置いて、蚊の媒体による寄生虫感染が原因とされる。

しかし、彼は熱帯域に旅行した事はなく、症状は2008年、ベッドの上で寝返った拍子に睾丸を挟んだのが始まりで、その翌日にサッカーボールのように膨らみ、その後も膨張を続け現状に至ったと言う。

彼の巨大化した睾丸は歩行、排泄にも支障を来たし、彼の生活を憂鬱にしているが、ウォーレンさんは、自分は気丈で自殺は考えておらず、普通に友達や恋人が欲しいと話している。

ウォーレンさんは、
「多くのものが私の姿を見て笑うだろう。だが誰もがそうであるように私もフリークでいたくない。この映像を見て大富豪が援助の手を差し伸べてくれる事を期待している」
と羞恥を忍んで稀な症状を公開した理由を語った。

ウェスリー ウォーレン ジュニア さん
307338-wesley-warren-jr.jpg

ビデオ映像 ラスベガス レビュージャーナル。 ウォーレンさんの連絡先も載ってます。
http://www.lvrj.com/health/las-vegas-man-suffering-from-100-pound-scrotum-needs-1-million-for-surgery-131962533.html



コメント
もし、自分がそうなったら…政府が負担してくれないのなら、多分同じ事をするでしょうな。

ところでこの症状たしか西郷隆盛もそうだったのではないかと…。以下ウィキより抜粋

フィラリア
西郷隆盛は、流刑先の沖永良部島で、風土病のバンクロフト糸状虫という寄生虫に感染したとされ、この感染の後遺症である象皮症を患っていた。これによって陰嚢が人の頭大に腫れ上がっていた。そのため晩年は馬に乗ることができず、もっぱら駕篭を利用していた。
西南戦争後の、首の無い西郷の死体を本人のものと特定させたのは、この巨大な陰嚢である。ただし、比較的近年に至るまでバンクロフト糸状虫によるフィラリア感染症は九州南部を中心に日本各地に見られ、疫学的には必ずしも感染地を沖永良部島には特定できない。明治44年(1911年)の段階の陸軍入隊者の感染検査で、鹿児島県九州本島部分出身者の感染率は4%を超えていたし、北は青森県まで感染者が確認されている。

記事原文
Wesley Warren Jr needs $US1 million surgery to correct his 45kg scrotum
NewsCore
October 19, 2011
A LAS Vegas man with a medical condition that has caused his scrotum to swell to more than 45kg is trying to raise $US1 million for surgery to correct it.
Wesley Warren Jr, went public about his condition - scrotal elephantiasis - because he is desperate to try and raise the cash for the costly operation.
Mr Warren's scrotum is so large that he has trouble walking and using the bathroom.
"It's not easy to get around," he told the Las Vegas Review-Journal, "It makes me stay in most of the time."
The 47-year-old, who developed the rare condition three years ago, said he has regular bouts of depression.
"I want to have real friends and a relationship with a woman," he told the paper. "But I'm not suicidal. I'm too strong for that."Although he knew some people would laugh at his condition, Mr Warren decided to go on Howard Stern's radio and cable TV show to raise awareness of his plight."I don't like being a freak, who would?" he said. "But I figured that the Stern show is listened to by millions of people and they might want to help me. I hope some millionaire or billionaire will want to help me."His condition is rarely seen outside of the tropical areas of Africa and Asia and is usually caused by a mosquito-spread parasitic infection.But Mr Warren said he had never travelled to tropical areas and believes the condition is down to an accident in 2008, when he caught his testicles with his leg while twisting in bed. The next day Mr Warren said his scrotum had grown to "the size of a soccer ball" and continued growing.

ワーホリの覚醒―英語学校9

2011/10/17 21:42|連載小説ワーホリの覚醒1TB:0CM:0
頭痛が酷かった。
カールトンへ帰る電車の中、何度も吐き気に襲われ耐えられなくなって途中下車しホームの端に吐いた。

朝、窓から差し込む日差しを感じて目を覚ました時、回りには異様な光景が広がっていた。
隣にエミは居らずその代わり彼女はソファーの上に半裸で寝ていた。
そのソファーの前には貫斗ともう一人女子が全裸で寝ている。
周りを見ると他の者も皆全裸か半裸でカーペットの上に眠っていた。
服を着ているのは路男磨だけだった。
部屋は暖房と16人の体熱で噎せ返っていた。
息苦しくなって急いでトイレに走り吐いた。
何度も吐いた後戻ってくると貫斗が目を覚ましていた。
「よお」
彼は寝とぼけた声をだした。
「俺帰るから」
そっけなく路男磨はいった。
〈やはり残るべきではなかった―〉
自分の所属する雰囲気で無いことを彼は感じていた。
「おい怒っているのか?」
貫斗は目をこすりながら言った。
「怒ってる?」
その頓珍漢な質問の意味が路男磨には分からなかった。
「お前、女の子より先に飛んじゃだめだよ。彼女相手がいなくなっちゃてさ。代わりに俺が相手したぜ。やっぱ二十歳位の女は最高だな」
と後ろのソファーの上のエミを顎でさした。
路男磨が潰れてしまったから貫斗は昨夜二人の女の相手をしたらしい。
「二人とも何度もイカせてやったぜ。お前次はしっかりやれよ」
貫斗は昨夜の荒淫を自慢し、来週末またここで同じ事をやるといった。


「もう、二度と行かない」
吐きながら路男磨はそう誓っていた。
彼はまだ女性の体を知らない。
だから貫斗の話を聞いたときカーッと体が熱くなった。
正直損したとも思ったし、羨ましいとも思った。
だが彼は軽々とそういう事が出来ない性分に生まれついている。
しかも彼は口下手で、女の子の相手は苦手だ。
その上悪魔のような持病もある。
「俺は一生童貞かも知れんなあ…」
彼はホームの端の生々しい汚物を見ながらそう呟いた。


路男磨は倒れそうになりながらステフィの家に帰った。
居間を覗くとステフィは太った体をソファーに沈めテレビを見ている。
「今朝2度電話があったわよ。女の子から。電話番号は受話器の横の紙に書いてあるわ」
彼女はテレビから目を離さず、わめくようにいった。
その大声は二日酔いの頭にガンガンと響き、また胸の下に不快感が込み上がった。

紙を見る気にはならなかった。
どうせ昨夜の女の子達か望詩だろう。
それ以外に女の子の知り合いはいなかった。
昨夜の子達とは会いたくない。
望詩にはあした電話しよう。
彼は固いベッドの上に横になった。

うとうととしかけた時電話がなった。
ドタドタと音がしてステフィの声がした。
「ロオマまた電話よ。同じ女の子から―」
彼女はドンドンと彼の部屋のドアを叩いた。
「五月蝿いなあ」
路男磨はヨタヨタとベッドから這いずり出て
「モシモシ」
とぞんざいに答えた。

「すみません何度も。路男磨さんですか?麗蘭(レイラ)です」
その一声で一気に目が覚めた。
彼女の美貌と長い髪の毛が同時に脳裏に蘇る。
「写真できたんですけど、今から会えないでしょうか?急でごめんなさい。今日しかあいてないんです」
〈彼女、本気で言ってたんだ…〉
彼は感動した。
「麗蘭に会える!」
そのときめきが二日酔いの不快感を消した。
彼はシャワーを浴び、口を濯ぐと飛ぶように家を出た。

ロリコン一直線

2011/10/15 22:43|オーストラリアの風俗TB:0CM:1
K.S 寄稿
さいきんよー、年とってきたせーか、若さへの憧れが強くなってきてんだなー。
昔は35くれーがよかったんだけどよぉ。
今はもう若けりゃ若いほどいい。
メルボルンもここんとこぬるくなってきてよー。
街は刺激的なかっこうした若い女であふれきてんだ。
それ見るとよ、素直に
「やりてぇぇぇーっ」
ってチミポがうずくんだな。
今日も我慢汁ダラダラだったぜ。
でもよぉ、俺は出会いもねえし、付き合いたくもねえし……。
結局さ、やるだけやってバイバイが理想なんだな―。

気付いた時、俺はまたもサウスメルボルンを走っていた。
ボロボロの腕時計を見ると6時前、サマータイムとかで外はまだ太陽がサンサンとてかっている。
だがそんな事、24時間営業のチミポには全然関係ない。
俺は車をいつものようにパークストリートにとめた。
俺はこのエリアを“ハッピーデルタ”と呼んでるんだぁ。
右手にハーレム、左手にチェリーブロッサムズ、頂点にピンクパレスがあってさ、この三角形の移動は歩いて3分もかからないんだよ。
だから…“ハッピーデルタ”。
みんなもこれからそう呼んでくれよ。

俺はたいてい最初にピンクパレスに行くのさ。
ここは白人主体の健全な店。
今日は時間が早かったにもかかわらず5人もいて、悪くは無かったよ。チンピクレベル6までいた。
「もうちょっとだったのになあ」
俺は自分にも厳しいが他人にも厳しい。
滅多なことで妥協はしねえ。
「今日はすまねえな。またくるぜ」
この店は、誰も選ばずに出ると何故か次回用のディスカウント券をくれる。
たかが$10だが悪い気はしねえ。
「しようがねえなあ。また来てやるか―」
そんな思いやりのある、優しい気持ちになってしまうよ。
俺って根はいいやつなんだなぁ。

そのディスカウント券を大切にしまって、俺の脚はハーレムへと向かう。
普段は正面から入るが、先にピンクパレスに行った場合は、裏から入る方が近い。
ここも白人系でレセプションのおばさんはいつも愛想がいい。
中には4人いた。
ここも時間が早いのに悪くない。
同じくチンピクレベル6が二人いた。
だが合格は最低レベル7からだ。
「ごめんよみんな…」
「いいのよ。またきてね」
誰もが嫌な顔一つせず送り出してくる。
なんて心の広い人達だろう。
「必ずまた来るぞ!」
そう誓って俺は次の店に向かう。

チェリーブロッサムズ。
かつてここは白人系だったが今はアジア系だ。
最近俺はここには行ってねえ。
以前ここで俺はサキイカ女に当たって、やってる途中で吐きそうになった。
そのおぞましい体験が俺を矢吹シンドロームにし、この店の前を通ると吐き気を催すのさ。

だが今日は無性にアジア人が恋しかった。
あの白人には無い、シルクのような肌に飢えていた。
それに以前はタイガーのように巨乳好きだったがロリ精神が目覚めてから体がヒンヌーを欲している。

俺は吐き気を抑えて中にはいった。
「今は3人しかいてまへんでぇ」
俺と同じくらいブッサイクな中国オヤジの受付が言った。
その言い方から全然期待していなかったのだが、出てきた女の子はなんと!レベル7、レベル8、レベル8だった。
「ウォォォォォ!」
俺の避雷針に雷が落ち、ビビビビビと電撃が走る。
俺は二人の内、よりロリ度の強いヒンヌーの女の子を選んだ。

彼女は台湾から来たそうで自称学生。
年齢は23歳―といえば「え?ロリじゃ無いじゃん」と思うだろーが年増好きだった俺にとっては充分若いのさ。
それに彼女の見た目は18歳―。
無理に無理を重ねてセーラー服を来ているAV女優よりも、おそらくその姿は自然であろう。

彼女は最高だった。
仕草も可愛く、肌はスベスベ。
ベッドの上で肩を抱いて少しの間世間話をする。
その時、俺の避雷針はもうギンギンに火花を散らしていた。
「あたし、日本好きよ」
「俺は、君が好きだ」
我慢できなくなって荒々しく抱き倒す。
俺は彼女の耳元で囁いた。
「パンツは僕が脱がしてあげるよ♥」
俺たちは至上のひと時を持った。
彼女の演技は素晴らしかった―いや、あれは果たして演技だったのか?

店を出てから振り返った。
吐き気はしない。
矢吹シンドロームは彼女が治してくれたのだ。

この話は本日、2011年10月15日 6時頃の実体験。


俺、写真なんて大嫌いだけどさ、エロ爺(Melozy)に頼まれてチェリーの外見だけ撮って来てやったよ。
「中?」
「中はダメェェー!」
IMG_2611.jpg


【ザ ハッピーデルタ】

チェリーブロッサムズ
7 Park Street, South Melbourne, 3205.
Phone: (03) 9682 8848

ピンクパレス
16 Palmerston Crescent, South Melbourne, 3205.
Phone: (03) 9699 9974

ザ ハーレム
55 Park Street, South Melbourne, 3205.
Phone: (03) 9699 1047
http://www.harem.com.au/content/index.html

数日で老婆と化した23歳女性、原因は過度の投薬?

2011/10/14 15:25|医療関連TB:0CM:2
ベトナム人女性ニューエン ティ プオン(英語読み)さん(当時23歳)が2008年に僅か数日で50歳ほども老け込んだ。
彼女は現在26歳だが見た目はどう見ても76歳以上(下写真)、しかも若返りの兆候はないという。
ドクターは彼女がシーフードアレルギー克服の為、薬を過剰服用した事が原因と考えている。

彼女は既婚でご主人は
「私は美しい時の彼女と結婚した。しかし病気については驚いていないし、彼女に対する愛も変わらない」
と話している。

症状は、ライポディストロフェィー症候群―皮膚下の脂肪が衰退し、表皮が急速に乾燥、老化する―と考えられている。

368275-nguyen-thi-phuong.jpg

skynews_1838644553.jpg

コメント

ビデオ映像
http://www.youtube.com/watch?v=G4Hc_FHkmqU

ビデオを見る限り、本当のお婆さんにしか見えない。
但しビデオの内容は新聞の記事と少し違う。
ビデオでは彼女はレアな病原菌に感染した後、マストサイトーシスという皮膚病が発病。今後テストを重ね、治療如何では50-70%の回復の可能性もある、と言っている。

イギリスのタブロイド紙 THE SUN の記事はどこまで本当かあてにならないが、26歳でこれはあまりに気の毒。
元の綺麗な顔に戻れるといいですね。

記事原文
How did this woman age 50 years in a few days?
From: news.com.au
October 14, 2011
SHE'S only 26 years old but she looks at least 76.
Doctors have been left dumbfounded by this curious case of ageing - except this isn't a Hollywood film and she's not gradually looking younger.
Vietnamese woman Nguyen Thi Phuong claims a skin affliction dramatically changed her appearance over the course of a few days in 2008 when she was 23, The Sun reports.
She steadfastly believes a bad reaction to seafood led to the medical mystery and doctors think perhaps extensive use of traditional medicine is to blame.
Her skin began to sag and fold, leaving her looking like a woman well beyond her years, after taking medicine to overcome a seafood allergy in 2008.
Ms Nguyen's husband has stood by her side and says he he still loves her as much as the day they met.
"I married Phuong when she was a beautiful woman. I have followed her through her disease and have never been shocked at all," he said.
"It's not easy to talk about one's own marital affairs. Just simply understand that I still love her very much."
What could she be suffering from?
- Lipodystrophy Fat beneath the skin fades away while skin on the surface ages rapidly.

ワーホリの覚醒―英語学校8

2011/10/13 18:06|連載小説ワーホリの覚醒1TB:0CM:0
一ヶ月が過ぎた。
路男磨はこっちに来てから2Kgほど太った。
と言っても元々スリムで見た目は以前と変わらない。
来てすぐの頃はやたらとチョコレートが欲しくなった。
疲れると血液中の血糖値が低下し、体が甘いものを欲すると言う。
日々の生活は朝学校に行って、終わった後は2時間ほど日本人の友達と遊ぶ。
日が暮れだす頃、家に帰ってホストマザー ステフィの料理を食べ、わけのわからないテレビを見て寝る。
その暢気なパターンが続いているから疲れるはずは無いのだが、やはり言語の違う異国に住むのは無意識の内にも神経を使うものらしい。

今日は金曜日。
ステフィには、今夜は遅くなるから夕食はいらない旨、公衆電話から電話した。
街のビルが薄暮に浮かぶ頃、7人の日本人がキングスクロスに向かっていた。
男4人に女3人。彼らは全て路男磨の英語学校の生徒だが、望詩と幸は貫斗がわざと呼ばなかった。
今夜のパーティーは貫斗のニュージー時代の知り合いが主催するそうで、そのパーティーの趣旨に二人は適合しないというのが理由と彼は言っているが本心はそうではない事を路男磨は知っている。
実は彼は貫斗と今日のメンバーが話しているのを立ち聞きしてしまった。
貫斗は彼らに言っていた。
「幸を呼ばない理由は本命。望詩を呼ばない理由はブス」
であると。

彼は路男磨に同じことは言わなかった。
それは路男磨と望詩が、路男磨と貫斗以上に友人としての絆を深めつつあったからだ。

路男磨は最初誘われた時断った。
大学の時一度だけ合コンなるものに参加したが、それは彼にとって決して居心地のいいものではなかった。
多分それと同じようなものであろうと思ったからだが、貫斗が学生やビジネスマンも来て色々と貴重な話が聞けると言ったので承諾した。


キングスクロス。
日本人は“キンクロ”と呼びオージーは“クロス”と呼ぶ。
その地下駅で降りて階段を上がりメインであるダーリングハーストロードを歩く。
この道は当時南半球最大の繁華街と唄っていたが、実際は
「え、これで終わり!?」
と首を回して再確認するほどに短いものだった。
辺りはもう完全に暮れて街にはネオンが輝き、たちんぼうがそれらしい格好で立ち、怪しい男たちが声をかけてくる。
「シャチョウ、スズキサン、タナカサン…」
その頃は日本人観光客が多く、日本人は皆金持ちと思われていたからストリップ屋の呼び込みはしつこかった。
貫斗はその内の一人と親しげに話し出した。
どうやら知り合いらしい。
彼はその男からナイロン袋に入った葉っぱを二つ買い$100ドル渡した。
路男磨も他の者もそれが何かは気付いていたが特に何も言わず、待ち合わせ場所でもある、地下のカラオケレストランに入っていった。
黒い壁の階段を下りるとそこはかなりの広さで、床から一段上がった所に畳が敷かれ座卓の周りには座布団が敷かれていた。

中は薄暗いが、客の顔は識別出来る。
席は8割方埋まっている。
その殆どは日本人だが、スケベ面をしたオージー男も隣の座卓にいた。
彼らは下心見え見えの態度をさらけ出していたが一緒にいる日本人の女の子達もそれを望んでいる様で、男の股の間に挟まり彼らの胸を背もたれにして座っていた。

遊び慣れてない路男磨にとっては落ち着かない雰囲気だった。
続々と貫斗の友人が集いみんなが揃ったところで男にはビール女には甘いカクテルが運ばれ乾杯した。
人数は全部で16人。丁度男女が半々でみんな若く、年長者でも25は越えていない。

一人最低一曲は歌い酒が進んだ。
席は最初から男女が隣り合わせになるように仕組まれていて路男磨の隣には他の英語学校に通う20歳の女の子が座っていた。
彼女の名前はエミといい、ワーホリで来て2ヶ月になると言う。
その彼女も随分飲み路男磨に体をもたせ掛けていた。

隣の卓はもっと過激だった。
オージー男と日本人女のグループだが、酒を片手に抱き合い、濃厚なキスをしていた。
大きな声で
「I want you to rape me」
と言っている女の子もいた。
彼女らも若く多分ワーホリか学生だろう。

12時過ぎ、十分出来上がってから店を出た。
路男磨の横にはエミがぴったりと寄り添い腕を絡めてきた。
「じゃあ俺帰るから」
彼はその腕を軽く外し、貫斗にそう伝えた。
「何言ってんだよ。裏切りは許されないぜ」
貫斗はそう言って路男磨の腕を掴んだ。
「そうよ、パーティーはこれからじゃないの!」
エミがもう片方の腕を掴んだ。
そう言われると特に断る理由も無かった。

路男磨は引っ張られるように二次会に連れて行かれた。
そこは今夜のメンバーの一人が住むキングスクロスのマンションだった。
中に入ってすぐまた酒が配られた。
その酒を皆が飲み干すと今度はキセルが回ってきた。
中にはさっき貫斗が買った葉っぱが詰まっている。
「吸えよ、いい気分になれるぜ」
貫斗が言った。
周りはみんな吸っていた。
マリファナであるとは分かっているが、断れる雰囲気ではなかったし、酔ってもいた。
路男磨はそれを口元に運び、スゥーッと肺に吸い込んだ。

何度目かの吸引の後、クラクラッときて目を閉じた。
目を開けると周りの空気が歪んでいた。
女の子が男の子が裸で笑っている。
「エヘ、エヘへヘヘ…僕も仲間に入れてくれよお」
路男磨は隣にいたエミを押し倒した。


キンクロ
kingscrossrld.jpg

testuser5_jun2009_03_sydn_sexcit_jp050609_5U9vta_17WT6h.jpg

タスマンリゾース、暴騰株とボロボロな私

2011/10/12 20:53|オーストラリアの株、不動産ニュースTB:0CM:0
私の注目している株の中にタスマンリゾース(TAS)と言う弱小資源株がある。
同社市場価値は僅かに$38ミリオン(今日現在)。配当等はもちろん無い。
この会社は以前、
“ウーメラ、赤土に眠る100兆円の秘宝”  http://melozy.blog.fc2.com/blog-entry-181.html  

でも少し触れた。
同株は先々週まで一株6セント前後で推移していたが、それが先週30%上昇して8セント手前、その後少し下がって今週月曜日プラス70%、昨日40%今日20%と暴騰が続き、今日の終値は18セントとなった。
ペニー株であるから全くニュースにはなっていない。

同社のメイン資産はBHPオリンピックダムマインの北30Kmに位置する、ハイポテンシャルのレイクトレンス プロジェクト。
そこにはまだ試掘段階であるが相当量の鉄、銅、金、ウランが眠っていると言われている。

私はこの株に目を付けていた。
先々週まで比較的安定して6セント以下で推移していた時買おうかと思った。
だが…買わなかった。
「待つのだ。同社の現金資産は$1ミリオン以下。必ずやキャピタルレイズ(株式増発による増資)に走るであろう」
私はそう確信し、
「後手後手に回っていた俺とは違うぞ!これからは先手先手と打っていくのだぁ!」
と半額セールを待ち構えていた。

ところが…この月曜日、リオ ティントの子会社リオ ティント開発(RTX)との共同開発が合意に至ったとのTAS社発表があった。
なんでも試掘費としてRTXが手始めに$10ミリオン出資すると言う。
それを受けて株価は一時プラス80%の暴騰。
「ぐぅわぁぁぁぁぁ!!!」
私はまたもや機を逸したのだった。

今からでも遅くない―かも知れない。

だが株という生きものは私が買えば下がり、売れば上がる、買わなければ上がり、売らなければ下がる―という不思議な習性がある。

例えばフォーテスキュー(FMG)を売ればその翌日にプラス40%。
カガラ(KZL)を$1.35で、$2まで一気に上がると予想して買えば今日は0.425でマイナス69%。
トロエナジー(TOE)を$0.15で買い$0.19まで行った時に売らなかったら今日は$0.083でマイナス45%。
でもそれはまだましな方。
中にはマイナス90%でどっぷり浸かっている株もある。

私は元々博才が無く、賭け事は勝ったためしが無いが最近の勘の悪さは我ながら呆れるものがある。

特にこのブログをやり始めてからがひどい。
何故ブログを匿名にしているか…それは言いたい放題言えるということもあるが、実は最初「ぼくの株売買」なるものをレシート付きで載せようと考えていた。

でも今は…「やめといて良かった―」と心の底から思っているよ。


タスマンリゾース(TAS)
http://www.tasmanresources.com.au/

ワーホリの覚醒―英語学校7

2011/10/11 18:37|連載小説ワーホリの覚醒1TB:0CM:0
「あのう、すみません、写真を撮ってもらえませんか?」
降りてから、肩越しに日本語で声をかけられた。
振り向くと彼女が立っている。
横顔も美しかったが正面から見るとより以上に美しい。
露男磨は思わず見とれてしまい、暫く呼吸を忘れた。

彼女ら二人はスリーシスターズをバックに並んで立った。
どちらもトップモデルを圧倒するほどに顔もスタイルも抜群だった。
路男磨はプロのカメラマンのような気分になって少し緊張した。
当時はデジカメなるものは無い。
彼は失敗しないよう、霜が降りるが如く静かにシャッターを押した。
「いい写真が撮れたと思いますよ」
彼はカメラを彼女に返した。
「有難う」
彼女は溶けるような笑みを露男磨に向けた。
〈美しい…〉
路男磨はずっと彼女を見ていたかった。
だがその衝動を抑えて彼女に背を向けた。
〈もう二度と会う事はあるまい〉
胸の焼けるような思いがしたが、今の路男磨に彼女の連絡先を聞く勇気はなかった。

-とその哀惜の背中に-
「あの」
彼女が後ろから語りかけた。
路男磨は再び振り返った。
「すみません、御礼に写真を一緒に撮らせて貰ってもいいですか?現像したらお送りします」
彼女は控えめながらしっかりとした口調で言い、露男磨の住所と電話番号を聞くと共に、自分の住所と電話番号を書いた紙を彼に渡した。
彼女の名前は麗蘭(レイラ)と言った。

「じゃあ、私が撮ったげる」
麗蘭の連れのオージー女性が気を利かせてカメラを手に取った。
露男磨と麗蘭が同じ場所に並んで立つ。
「あ、あたしも!」
そこへ望詩が割り込もうとしたが、貫斗が後ろから彼女の襟をガバッと掴んで制止した。
麗蘭と露男磨は恋人同士のように寄り添い、シャッターが切られた。

その後彼女らとは同行動とまではいかなかったが、行く先々で一緒になった。
観光名所など行く所は大体同じである。
急傾斜を降る木のトロッコでも一緒になり、前の座席に座った彼女の長い髪が谷からの風に煽られて路男磨の鼻をくすぐった。

そのトロッコを降りてから谷の杣道をほんの少しの間並んで歩いた。
谷には背の高い木々が群生し、時折梢の間から覗く陽射しはいつもより眩しく感じられた。
その光が隠れると辺りは急に暗くなるが、隣を歩く彼女が路男磨の心を明るく照らした。
初対面であるから込み入った話はしない。
ただ普通に、何をしているのかどこに住んでいるのかといったありきたりな会話をした。
彼女は日本人であると言った。
確かに日本語は完璧であるが、容貌から察しておそらく西洋人とのハーフであろう。
大学生でシドニー北郊在住であると言う。
彼女は路男磨の目をしっかりと見て話し、常に微笑を絶やさなかった。
その翠の目に路男磨の気持ちは急速に吸い寄せられていった。
この谷間の杣道が永遠に続けばいいのにとも思った。


陽が山の端に隠れつつあった。
露男磨達4人はカトゥーンバ駅ホームのベンチに座り電車が来るのを待っていた。
山肌が青から柿色に鮮やかに染まっていく―。
気温がぐっと下がり、さっきカフェで買ったカップコーヒーの温もりが手のひらから伝わって飲むのが躊躇われた。
「なあ露男磨、あの子に電話するの?」
興味津々な顔つきで貫斗が話しかけた。
「あたし、あの子路男磨さんに気があると思いますよ」
幸の口調もやや興奮している。
その横で望詩は不機嫌に黙っていた。
「いや。この顔じゃ、彼女とは釣り合わないよ」
即座に露男磨は否定しコーヒーを飲み干した。
「え?」
3人は同時に顔を見合わせた。

帰りの電車の中-路男磨以外は呆気なく眠りに落ちた。
幸は貫斗の肩にもたれかかって眠っている。
路男磨の肩には望詩の涎がだらりと垂れていた。
露男磨もかなり眠い。睡眠薬を飲まされたような異常な睡魔に襲われている。
どうやら綺麗な空気を吸うと眠くなると言うのは本当らしい。
だがこれほどの眠気に襲われても、彼はどういうわけか乗り物の中で寝付けなかった。
窓の外は既に真っ暗。
その真っ暗な窓に麗蘭の美貌が浮かんでは消えた。

ブルーマウンテンの峡谷
Blue_Mountains_Australia.jpg

トロッコ(シーニックレイルウェイ)― 90年当時は木で出来ていて、頭上の金網も無かった、と記憶している。
blue-mountains22.jpg

豪不動産危機、原価割れ損売過去三年で$300ミリオンに

2011/10/10 16:15|オーストラリアの株、不動産ニュースTB:0CM:0
今年7月までの過去三年間の不動産売買において5427人のベンドー(売主)が買値よりも低い値で物件を売却し、一人当たりの平均損失額は$54,000との統計が不動産リサーチ会社より発表された。

特にメルボルンシティー、ドックランドでは損売物件が目立ち、同2地区では20件に1件の割合で原価割れが起こっている。
損売は市中心街のアパートに限った事ではなく、郊外の一般家庭居住域でもその傾向が現れている。

損売地区ワースト10と原価割れ売却物件数は、メルボルンシティが427でワーストワン、以下サウスバンク213、ドックランド92、セントキルダ92、カールトン91、ホーソーン85、サウスヤラ70、ブライトン61、エルウッド61、ポイントクック57と続く。

数字は過去3年でメルボルン域の不動産が約30%上昇している事に比して驚くべきものであり、今後さらに増えるものと予想される。

市場は春の繁忙期を迎えているが競売売却率は50%を僅かに超えた程度で依然低迷。
要因として2009年9月からの7度にわたる金利の上昇により、平均ローン$350,000に対し、支払い額が週$85上昇した事が上げられているが、今後はそれに余剰物件の過多、製造業、サービス業不振による失業率の増大が加わり、製造業就労者の多いビクトリア州の損売率は他州よりも大きくなると見込まれている。

不動産情報社レジデックスCEOエドワード氏は来年末までにメルボルンの平均価格はさらに15%下がると予想する。
つまり現在$500,000の物件は来年末には$425,000へ減価すると彼は語る。

JBBバイヤーサポートのキャッシュモアー氏は、
「損売者の多くは国内外短期投資家で、高層マンション等のオフザプラン(着工前、未完成物件)に手を出していた者。オフザプラン物件は推定価値による売買にてその9割が実価値より過大評価されている」
と話している。

但しメルボルンの住宅不動産約55%は購入価格比プラス100%以上、また来月頭には0.25%の中央銀行利下げが予想されている。
専門家は住宅市場の上昇には数度の利下げが必要と主張する。


コメント
不動産暴騰時代はオフザプラン(着工前、未完成)物件を買い完成後それを20~30%増しで売る、という話をよく聞いた。
しかも不動産購入時に課されるスタンプ税は土地と建物の価値に対して計上される為同物件契約にはそれが大きくディスカウントされる。

しかし当然リスクも大きい。
オフザプラン購入に関する書類は長大かつ複雑で、工事が大幅遅滞した場合のキャンセルも難しいといわれる。
何事にもとろい豪の場合、工事の遅滞は1ヶ月、2ヶ月といった許容範囲内ではなく1年、2年はざらで、建設会社の倒産もありうる。
その場合文句を言っても多分“逆ギレ”もしくは“シカト”。
後には気の遠くなるような訴訟プロセスが待っている。

シティーの高級マンションなんて私には縁が無いが、この下降市場で、しかもオフザプランで買いたいと言う方(いないだろな…)は下記に注意点が載っている。

http://www.relv.com.au/plan.as 


記事原文
Home owners' have lost $300 million by selling for less than what they paid
From: Sunday Herald Sun
October 09, 2011
HOMEOWNERS have lost more than $290 million over the past three years selling properties for less than what they paid for them.
Alarming figures that point to a hidden crisis in the property market reveal 5427 vendors lost an average of $54,000 on investments gone wrong in the three years to July, reported the Herald Sun.
The Melbourne CBD, Southbank and Docklands are the state's leading loss-making suburbs.
One out of every 20 properties sold in those locations had lost their owner money, according to the data from a property research firm.
But the losses are not limited to the flats-dominated inner-city market, with the figures also showing vendors losing millions in popular family areas.
These suburbs include Point Cook, Roxburgh Park, Frankston, Reservoir, Carrum Downs, Glen Waverley, Hawthorn and Elwood.
Residex, a property information firm that collates data on real estate markets throughout Australia, compiled its analysis after sifting through the results of 268,000 sales recorded with the Valuer General.
It is the first time the firm has crunched the numbers on Victoria, meaning it could not make historical comparisons.
The losses are even more startling given that the city's median house price rose by around 30 per cent over the same period.
A breakdown of the top 10 loss-making suburbs is heavy with inner-city locations as well as some of Melbourne's most expensive postcodes.
At the top of the list is the CBD, where 427 properties were sold for less than what the vendor paid.
Southbank recorded 213 loss-making sales, Docklands 92, St Kilda 92, Carlton 91, Hawthorn 85, South Yarra 70, Brighton 61, Elwood 61 and Point Cook 57.
The figures come as Melbourne limps into its traditional spring selling period, with little more than half of all properties selling at auction.
The market has been battered by seven interest rate rises since April 2009, which have added about $85 a week to a $350,000 mortgage.
Yesterday, almost 600 properties were auctioned, but only achieved a clearance rate of 54 per cent.
Residex chief executive John Edwards said the number of vendors burned in property sales would eclipse 6000 if stamp duty and transaction costs were taken into account.
Mr Edwards, who has monitored the nation's property market for 25 years, said the pain for Melbourne home owners was far from over.
By the time the market bottoms at the end of next year, Residex expects the city's median house price to have shed 15 per cent. Families living in a $500,000 home can expect to see $75,000 wiped from its value.
"The adjustment process in Melbourne is just beginning," Mr Edwards said.
"I won't be surprised to see Melbourne suffer more than any other capital city in Australia. It has got the highest volume of surplus stock in the country and as the manufacturing industry further turns down the city will suffer from more unemployment than any other capital."
JPP Buyer Advocates' Catherine Cashmore said many of those who had lost money in property purchases would have been short-term investors, both local and foreign, buying off-the-plan, inner-city apartments.
"There is a surplus of high-rise developments and they tend to lose value before they gain value," she said. "Nine times out of 10, off-the-plan developments are overpriced. They are priced on speculative value.
"When you go to sell you are also in a situation where no one wants to buy your lived-in apartment because there are always brand new ones coming on to the market in those postcodes."
About 55 per cent of houses in Melbourne are now worth double what their owners paid, RP Data found. Interest-rate watchers are predicting a Melbourne Cup day interest-rate cut of 0.25 per cent by the Reserve Bank.
AMP Capital chief economist Shane Oliver said while homeowners will welcome the cut, it will take several more to inject any life into the state's property market.
"We will need a few more cuts before housing picks up," Oliver said.

巨根手術はいらない!「要は知識と開発」

2011/10/09 20:15|世界のニュースTB:0CM:2
キューバを代表する性化学者ラミロ フラガス氏がミニちんぽに悩やむ多くの若者に対し、巨根手術を受けないよう警告を発した。
共産国キューバは医者と専門家が認可すればちんぽ巨大化手術はタダ。
従って、
「僕のコチンじゃ彼女が……このままじゃデカチンのあいつに取られてしまうよぉ!」
と下を見つめて懊悩する若者が、巨根を求めて我も我もと手術を受ける。

それに対し性化学者は
「女性には多くの性感帯が存在する。ペニスの長さが全てではない」
と自論を主張。
キューバ人男性のペニス平均は11~15センチで国際的に平均的なところ。
また手術を受けてもせいぜい1~2センチ大きくなる程度で、見た目が悪くなる弊害もある。
性化学者は
「ペニスが小さくても大丈夫。要は自信と知識である」
とちんぽの小さな若者を励ましている。

コメント
先生有難う!僕、勇気がわいてきたよ!

ところで
日本人男性ボッキンポ平均14センチ
亀頭幅4センチ
とかいわれている。

以下世界のちんぽ比較と巨根分布図
http://www.everyoneweb.com/worldpenissize/

記事原文
Don't have penis enlargement: Cuban sexpert
Save this story to read later
From: AFP
October 09, 2011 9:54AM
A LEADING Cuban sexologist Saturday urged young men who are worried about the size of their penis not to take advantage of the communist nation's free health care to have surgery to enlarge their manhood.
"It is not necessary that the penis be so long to encourage a woman... because she has many areas of erotic stimulation," said Ramiro Fragas, a sex expert at the Ministry of Public Health.
He made his recommendation in a full-page interview in Juventud Rebelde, the newspaper of Cuban youth, after becoming alarmed at "significant" demand from young men for penis enlargement operations.
Although such surgeries are free they require approval from a team of doctors and health experts.
He also stated that the average Cuban man's penis, 11 to 15 centimeters (four to six inches), according to medical data, was in line with international averages.
And Fragas cautioned that the benefits of such treatment is usually less than desired.
"At most, one or two centimeters," he said, warning of negative after-effects relating to the aesthetics of the male member.
After assessing "dozens" of surgery requests, Fragas said Cuban surgeons had conducted penis enlargement surgery on 20 male patients on account of birth defects or other medical problems.
"Self esteem and knowledge" is the best way of combating the anxiety about having a small penis, Fragas concluded.

オーストラリアの業種別所得平均と税金

2011/10/08 18:50|未分類TB:0CM:0

豪に長年住まれている方には釈迦に説法ですが、日が浅い方、これから来られる方で長期滞在を予定されている方には“豪の給料”なるものに少しは興味が有るのでは無いかと思い、ちと調べてみました。―と偉そうな事言ってもネットからパクッただけで恐縮ですが…。

 

 

以下は2010年末の各業種別、正社員の年間平均所得である。

 為替は常に変動するので物価と生活水準を鑑みて、単純にA$1=¥100と考えて大きな間違いは無い。

 

2010年末の統計では正社員全体の給与平均はA$66,594

 残業分も含めるとA$68,900となる。

 正社員男性平均はA$70,740(残業含まず)

 正社員女性平均はA58,775(残業含まず)

 平均給与が最も高いのはACT(首都準州)の$76,367

 最も低いのはタスマニア州の$57,808

 また業種では最高平均が資源開発の$108,009

 最低平均は観光飲食等、ホスピタリティーの$48,084 となっている。

 

 統計には年俸数ミリオンドルのCEO等役員も含まれている。だから数字は一般就労者の感覚よりかなり高いものであると思う。

 

それに対し税金は最下部の表の通り。

居住者、非居住者により税率は違うが基本的に高いというのは同じである。

 

仮に平均所得$66,594の永住者の場合、支払う税金は以下になる。

 

Income(収入):           $66,594

 

Tax on income(税金):

$13528.20

Medicare Levy(医療税):

$998.91

Flood Levy(洪水税):

$82.97

Low Income Tax Offset(低所得控除):

$(36.24)

Total tax(課税トータル):

$14573.84

 

 

収入には通常の税率だけでなく医療税1.5%。一時的?な洪水税も一定額以上の収入のある者には課せられる。

豪は累進課税で長期滞在者ならば$6000以下は無税、それ以上は15%から収入が上がるごとに課税率も増し、最大は45%プラス医療税1.5%となる(2011年現在)。

税金の計算は以下サイトにて可

http://www.taxcalc.com.au/

 ワーホリを含む6ヶ月未満の短期滞在者には、低所得控除も無くいきなり29%以上の税金が課せられる。

豪にはタックリターン(税金払い戻し)と言うものがあって、残業等でトータル所得に対し税金を多く払いすぎている場合は払い戻しされるが、雇用者の間違い等で、少なく払っていた場合は逆に支払いを命じられる。

詳しくは以下サイト、もしくは会計士の方にお問い合わせください。

http://www.dktokyo.com/seikatu_taxreturn.shtml (日本語)

 

豪企業への就職については不安もあるでしょうが、一言で言えば案ずるより生むが安し。

ある程度以上の会社では差別を含むハラスメントには厳格に対応してくれますし、業種によって最低賃金も決まっています。

余計な気は使わなくていいし、2,3年で辞めて行く者が多いですからライバル意識、先後輩のしがらみも無い。

それはいいのですが、これは私の私見で恐れ入りますが仕事内容に比して給与、条件が良すぎると感じ、いずれそのしっぺ返しが来るのでは?と思っております。

 

私の来た当時(1990年)は、観光業が花形で、マイニング(資源開発)なんて、最も忌み嫌われる職種でありましたが、今は全く逆。

 

ビザがあって若くて体力のある方は、赤い砂漠でマシーンに乗るのも悪くないですね。

 

知り合いのトラック運転手は年間宿泊つきで$250,000稼げるとか言って西オーストラリア州の山の中に引越しました。

仕事内容は土埃にまみれて巨大なトラックに乗っていればいいだけだそうです。

 

また海上資源開発で働く洗濯夫の年俸が$420,000で首相の年俸$354,671より高い事も話題になっています。

 

資源産業の異常な高給が長く続くとは思えませんが、上手くいけば4,5年で家が買えるのは魅力的ですね。

 

参考 

http://www.livingin-australia.com/salaries-australia/ 

Average Full Time Ordinary Time Earnings Q4 2010(州別平均所得)

 

State

Average Annual Wage

Tasmania

$57,808

South Australia

$60,414

Victoria

$64,620

Queensland

$65,619

Northern Territory

$65,962

New South Wales

$66,565

Western Australia

$73,148

Capital Territory

$76,367

Australia’s best-paid workers are those employed in the mining industry, with ordinary earnings averaging A$108,009 a year.

Average Full Time Ordinary Time Earnings Q4 2010 By Industry

(業種別年間所得平均)

Business Sector

Average Annual Wage

Accommodation, Cafes and Restaurants(宿泊、飲食)

$48,084

Retail Trade (小売)

$49,135

Other Services (他サービス業)

$54,033

Manufacturing (製造)

$59,509

Arts and Recreation Services(アート、娯楽)

$59,524

Wholesale Trade(問屋、仲買)

$62,327

Rental, Hiring and Real Estate Services(不動産)

$62,701

Administrative and Support Services (管理、サポートサービス)

$62,951

Health Care and Social Assistance (医療、厚生)

$63,060

Transport, Postal, Warehousing (運輸、倉庫)

$63,877

Construction(建設)

$67,543

Education and Training (教育、トレーニング)

$70,179

Public Administration and Safety (公務員)

$71,240

Electricity, Gas, Water and Waste Services(光熱、水道サービス)

$75,982

Information Media and Telecommunications(メディア、通信)

$78,556

Professional, Scientific and Technical Services(弁護士、医師、学者)

$79,971

Financial and Insurance Services(会計士、保険)

$80,543

Mining (資源開発)

$108,009

 
課税率

Residents (豪国民、永住者、長期滞在者)

These rates apply to individuals who are Australian residents for tax purposes (see Residency - what you need to know for more information).

Tax rates(課税率) 2011-12

The following rates for 2011-12 apply from 1 July 2011.

Taxable income(収入)

Tax on this income(税金)

0 - $6,000

Nil

$6,001 - $37,000

15c for each $1 over $6,000

$37,001 - $80,000

$4,650 plus 30c for each $1 over $37,000

$80,001 - $180,000

$17,550 plus 37c for each $1 over $80,000

$180,001 and over

$54,550 plus 45c for each $1 over $180,000

The above rates do not include the Medicare levy of 1.5% (read Guide to Medicare levy for more information).

The above rates do not include the Flood levy (read Flood levy information for individuals for more information).

 

Foreign residents(外国人居住者)

If you are a foreign resident for the full year, the following rates apply:

Tax rates (課税率)2011-12

The following rates for 2011-12 apply from 1 July 2011.

Taxable income(収入)

Tax on this income(税金)

0 - $37,000

29c for each $1

$37,001 - $80,000

$10,730 plus 30c for each $1 over $37,000

$80,001 - $180,000

$23,630 plus 37c for each $1 over $80,000

$180,001 and over

$60,630 plus 45c for each $1 over $180,000

ワーホリの覚醒-英語学校6

2011/10/06 16:50|連載小説ワーホリの覚醒1TB:0CM:0
土曜日。空は快晴だった。
いつもと同じようにセントラルの駅まで行き、そこから乗り換えてブルーマウンテンの玄関口カトゥーンバへ向かう。
電車で西へ2時間。
市街地を抜け、放牧地を過ぎ、今窓の外には緑の丘陵地が流れている。
平坦なオーストラリアにあってはどこか懐かしい日本を感じさせる景色だった。

路男磨の隣には望詩が、向かいには貫斗と幸が並んで向かい合う形で座っている。
「ねえ、何でブルーマウンテンっていうか知ってる?」
望詩がウキウキと尋ねたが誰も反応しなかった。
皆の顔には「どーでもいいよ」と書いてあるのだが彼女は黙らない。
「ユーカリの木がオイルを発散してさ、それが太陽に反射して青く見えるんだって」
「へ~え」
3人とも余所見をしながら気の無い相槌をうった。
「じゃあさ、何でスリーシスターズっていうか知ってる?」
おそらくホストファミリーにでも聞いたのだろう、望詩はさっきからその又聞き知識をひけらかして憚らなかった。
彼女はそこにはロープウェイがあるとかトロッコがあるとか、克明に説明する。
3人とも白けた顔をしている。
ものには何事も限度がある。
誰も楽しみにしている映画のストーリーを必要以上に知りたくは無い。
「スリーシスターズゥ?そりゃあ、3人の美人姉妹が山賊に追い回されてさ、その岩の手前で犯された挙句に絶壁から逆さ吊りにされたからさ。嵐の夜は谷間をわたる風が三姉妹の悲鳴に聞こえるって言うぜ」
黙らせる目的で路男磨はそう言った。
「え、あたしの聞いたのは違うわ。怒ったアボリジニのお父さんが3人の娘を魔法で岩にしちゃったのよ!」
望詩は、真剣な眼差しで抗議した。
「いや、それは政府が観光用にでっち上げた大嘘さ。第一魔法が使えるならブーメランはいらない」
そう言えば…という仕草で望詩は指を分厚い下唇に当てた。
「本当の事教えてくれて有難う。これからはみんなにそう伝えるわ!」
彼女は目を輝かせて言った。

その後も望詩は話し続けた。
オーストラリアに来た理由とか、これからどうするとか、好きな食べ物は何かとか…。
望詩のはしゃぎようはちょっと異常だった。
〈これまで、友達がいなかったんだ…〉
彼女の話は詰まらないが、路男磨は窓の外を眺めつつも、時折適当に相槌をうったり、笑ってあげたりした。
その都度彼女は、今までに見せた事の無いような笑顔を路男磨に向けた。
向かいの貫斗と幸は望詩を無視して二人だけの会話を楽しんでいた。

やがて列車は小さな山間の駅カトゥーンバに着いた。
ここは終点では無いが殆どの乗客が下車する。
路男磨達以外にも日本人が結構目に付くが、登山靴を履いたヨーロッパ系の旅行者も多かった。

駅からバスに乗りまずシーニックワールドに向かう。
スカイウェイのチケットを買い、列に並ぶ。
季節は冬であったが週末のせいか人は多い。

4人は谷間にかかったロープウェイの中にいた。
当時このロープーウェイは、一見、落ちる?と不安になるほどに頼りなげであったが、中には満員電車に近いほどの人数が詰め込まれていた。
谷間にぶら下がった金箱からの景色は素晴らしい。
天気もよく群在するテーブル状の岩山が遠くまで見渡せた。
「わぁ~本当に青いわねぇ」
望詩が歎声の声を上げた。
「青?どー見ても緑だろ?」
路男磨は眼下に広がる明らかに緑色の森林を眺めている。
「遠くを見て見なさいよ。青く霞んでるじゃない」
望詩はずっと遠くの背の低い岩山群を指差した。
まあ、気持ち青いと言えば青いだろう。
ところで路男磨はその山が青だろうが赤だろうがどうでもよかった。
それよりもすぐ隣に立っている髪の毛の茶色い女の子がさっきからずっと気になっている。
染めているようには見えない。
彼の目は景色もそこそこに、その彼女の秀麗な横顔に釘付けになっていた。
一見、雰囲気は日本人である。
だが、鼻はスキッと高く、目は大きな二重で色は緑だった。
肌の色も幾分か白く見える。
年齢は同じくらいか。

彼女はオージーの女の子と二人で来ているようだった。
その子も目を見張るほどに可愛いが、路男磨を刺激するものではなかった。
やはり彼はアジア人、もしくはその系統にしか反応しないらしい。
〈声をかけようか…〉
とも思ったが中は息が詰まりそうでとてもそんな雰囲気ではない。
その彼女がふと視線をこちらに向けた。
至近距離で目が合った。
ドキッとして、慌てて視線を遠くの岩山に向けた―。


スリーシスターズと金箱
towns_45419.jpg


シーシェパード決死の妨害を宣言。オペレーション“カミカゼ”

2011/10/04 23:16|調査捕鯨TB:0CM:4
過激反捕鯨団体シーシェパードは日本の南極捕鯨継続の報を受け、今シーズン新たに100人のボランティアを南極海に派遣する旨同団体のフェイスブックに発表した。
今夏のキャンペーンは“カミカゼ”と名付けられ、彼らは鯨保護に命がけで臨むという。
「奴らは妨害されたくなかったら俺たちを殺さなければならない。日本人は残酷で違法な絶滅危惧種の殺戮の為に人間も殺すのか!もしそうなら潔く死んでやるぜ」
と代表のポール ワトソンは息巻いた。

昨夏、シーシェパードは現在シドニー湾に停泊修理中のボブ バーカー号を含む持ち船で捕鯨船団を早期撤退に追い込んだ。
日本政府は今シーズンの操業に先立って乗り組員の安全と保護の為$27ミリオン(約22億円)既定予算に上乗せ。
ポール ワトソンは
「とってもドラマチックでアドベンチャラスな3ヶ月が12月から始まる。俺達は今回もまた奴らを止める自信がある」
と宣言した。

日本の環境保護団体は日本政府が鯨類研究所の調査捕鯨コストに不平つのらせていると発表。
ワトソンは日本の捕鯨継続をただ単に面目を保つ為と非難。
「奴らは必要もなく利益にもならない鯨の殺戮を奴らの信じる権利とやらと殺したいが為だけに続けている。しかも国際鯨保護区で!ただ奴らの体面を保つ為だけにな!」
と言い放った。
日本は独自の捕獲割当を設定し年間約1000頭のミンク鯨を捕獲する。
(完全直訳)

コメント
「ふざけるな!許せない!」
と日本語で叫ぶのは政治家だけにしてくれよ。
これは恐ろしく単純で明白な挑発である。
普通以上の知能を備えた者ならば、相手が怒らせようとしている時にその希望通りに怒ったりはしない。
だが近年の日本の政治家はその予想通りの反応をして世界の嘲笑を買う。


≪ポールの哄笑≫
昨夏、日本捕鯨船が早期撤退した時のポールの顔-それは気の毒なほどに沈んでいた。
「我々は年々勢いを得、日本は年々衰退する!」
本来ならば、生き生きと宣言されるべきだが、彼のベジタリアンとか抜かしつつ、脂ぎったデブ面は、土気色に凍っていた。

彼は恐れたのだ…。
「もしや、帰って来てくれないのでは…?」

♫帰って来いよ~帰って来いよ~帰ってこぉ~いよぉ~♫

彼は無意識の内に松村和子(だっけ?)とかいう今生きてるか死んでるかも知らない演歌歌手の歌をギター片手に口ずさんでいた。

もし帰ってこなければ膨大な減収になる。
シーシェパードの収入の約95%は南極の捕鯨妨害に充てられる。 以下参照。
http://melozy.blog.fc2.com/blog-entry-59.html

ということは裏を返せば、この南極パフォーマンスにより収入の大部分を得ている事になる。

彼は不安だった。
何としても日本に捕鯨を続けさせたい。
そのために様々な嫌がらせをした。
津波震災に至っては“海神の祟り”と嘲笑う詩“TSUNAMI”を書いた。
日本のヒーロー“宮本武蔵”を騙り、今回のミッションも“カミカゼ”とわざと日本人の民情を逆撫でするよう命名した。
彼は日本人を研究している。
過激な言が捕鯨船回帰の言い訳になってくれるだろうと。

「妨害に屈するな!」
日本政府はその予想通りに反応した。

しかも“宣伝費”を上乗せしてくれるという。

〈す、すごいぞ日本!予想以上だ!〉
だがその喜びを世間にはさらせない。
彼は横腹の脂肪を思いっきり抓った。
涙が出るまで抓った。
「鯨の為に戦うぞ!」
だが堪えても堪えても腹の底から湧き上がって来る嬉しさは抑えようが無い。
彼は聴衆に背を向け、急いで黒い髑髏船のキャビンにこもると、上着を脱ぎ松村和子で腹を揺すって踊り狂った。

そして今、彼は日本を非難するコメントをメディアに吐いている。
「命がけで臨むぞ!殺せるものなら殺してみろ!」

だが彼の表情にこれから死にに行く者の悲壮感は感じられなかった。
口調は生き生きとし、顔の血色はベジタリアンとは思えぬほどに艶々していた。

私は見た。
     
彼の両目は ^ ^ こんなになっていた。
      $ $


≪日本の皆さんへ≫
学校で不良にカモにされていたのがどんな奴だったか思い出してください。
頭のいい奴、喧嘩の強い奴がカモられていましたか?
違うでしょう?
そのどちらでもない、雰囲気読めないくせに嫌われたくない…そんな中途半端な奴じゃなかったですか?

それが今の日本…。

哀しい事ですね。

≪お知らせ≫
今まで何度もアクセスしておられる方にはしつこくて恐縮だが、私は捕鯨記事コメントの返信はしない。
また捕鯨コメントは私の全捕鯨記事を熟読し、私の真意を理解された方のみと限定する。悪しからず。

記事原文
Sea Shepherds say they are ready to die to stop Japanese whaling
by: By Malcolm Holland
From: The Daily Telegraph
October 04, 2011
THE boat crews of radical anti-whaling group Sea Shepherd are prepared to die protecting the marine mammals in the Antarctic this summer, their leader said.
December's campaign against Japanese whalers in the frigid waters of the Southern Ocean will be called operation Divine Wind, Paul Watson said.
That was the name Japan's desperate military gave to kamikaze suicide missions by pilots in the last months of World War II, The Daily Telegraph reported.
Mr Watson used the group's Facebook page on the weekend to launch the campaign, claiming it would send 100 volunteers to Antarctica and was prepared to lose lives if necessary.
"They will have to kill us to prevent us from intervening once again," Mr Watson said.
"Are the Japanese people ready to take human lives in defence of this horrifically cruel and illegal slaughter of endangered and protected species of whales?
"If so, my answer to the Japanese government is 'hoka hey' - it's a good day to die."
Last summer, Sea Shepherd claimed its boats - including the Bob Barker, which is docked in Sydney undergoing maintenance - forced Japan's whaling fleet to head home early, cutting the number of whales they harpooned in the name of "scientific research".
The Japanese government has increased funding by more than $27 million to improve security and safety for its whaling crews.
Mr Watson promised a "very dramatic and adventurous three months beginning in December".
"I am confident that we will be able to stop them once again," he said.

Japanese environmental groups claim their government is increasingly frustrated at the cost of Japan's Institute of Cetacean Research whaling missions.
Mr Watson accused Japan of continuing its whale program solely to save face against opposition.
"It now seems they are simply obsessed with killing whales not for need and not for profit but because they believe they have the right to do what they wish and kill whatever they wish in an established international whale sanctuary, just for the sake of defending their misplaced honour," he said.
Japan sets its own quotas each year of about 1000 minke whales to be harpooned in the Antarctic.
630591-sea-shepherd.jpg

フェイスブック、子供を狙う犯罪組織

2011/10/04 18:33|オーストラリアのニュースTB:0CM:2
詐欺犯罪対策専門家は、子供がフェイスブックに必要以上の詳細を掲載することに対し警告を発した。

名前、誕生日、学校、メルアド、写真等の個人情報は、クレジットカード、ローンの申請に十分であり、子供が18歳になった時、本人の知らない間にクレジットカードが作られている可能性があるという。

専門家は犯罪は既に進行中であり、詐欺集団は必要以上にプライベートを公開する子供をターゲットとし、過去数年の間に膨大な個人情報が収穫され、その子供等が成人する2,3年後に問題は深刻化すると予想している。

その対策として、学校、家庭におけるソーシャルネット教育の普及が唱えられている。

コメント
少し前、フェイスブックで、中年オヤジが高校生のフリをして女子高生のフレンドになり「誰にも見せないから」と言葉巧みに裸の写真を手に入れ、それを「言う事を聞かなかったらこれをネットに流す」と脅して、肉体関係を強要した事件が新聞に掲載されていた。
しかも似たようなケースは他にもレポートされており、レポートされていない分も含めるとかなりの数になるという。

まさにエロビデオの三文ストーリーに匹敵するが、それが現実に通用するとは、一部の若者の馬鹿さ加減は相当なものである。

金銭詐欺にしろ肉体詐欺にしろ解決法は簡単!
フェイスブックなんかやらなければいいのである。
FC2で匿名で馬鹿な事言ってればいい。
私達のようにね。

記事原文
Fraud experts call for internet security to be taught in schools as children's identities are stolen via social networks
From: The Sunday Mail (Qld)
October 02, 2011
Children posting too much online
Birth date, names used to steal identity
Parents urged to teach online safety
FRAUD experts are calling for internet security to be taught in schools amid fears children's identities are being stolen.
Children are the new targets for organised crime gangs because they share too much about their personal lives on social networking sites.

A child who posts basic details about their lives on Facebook, such as their date of birth, school, name, email and photographs, are providing enough data for a criminal to apply for a credit card, loan or documents in the child's name when they turn 18.
Parents are urged to teach children online safety the same as they would teach them to use a knife and fork or how to cross the road.
Queensland fraud squad Superintendent Brian Hay said crooks were using computer programs to harvest huge quantities of information from young people, who gave too much away on social media sites, creating detailed profiles ready for use when the individual became an adult.
He expected identity theft of young people would become a major problem in the next few years as youths targeted long ago came of age.
The information is of major value to organised crime gangs, who can use the information to fraudulently obtain credit cards when the time comes.
"A child of 13 today may have nothing," Supt Hay said.
"But if the crooks have their details they know when they are going to turn 18," he said.
"So when the child in five years time turns 18 it may well be the case they now have a credit card they didn't know about.
"The failing is where we don't have the education and awareness programs in place.
"We know the crooks out there are harvesting identity data, we know they build search kits and search engines to profile individuals out of all that data and we know that they can value add to their financial products."


ワーホリの覚醒―英語学校5

2011/10/02 20:15|連載小説ワーホリの覚醒1TB:0CM:2
「分からない所は何でも俺に聞いてくれよ」
貫斗は撫でるような声で言った。
「ええ、貫斗さん助かります。あたし英語苦手で…」
そう言ったのは姉小路幸(ユキ)という18歳の女の子だった。
彼女は高校を出てすぐこちらに来たらしい。
由緒ある姉小路家の令嬢で父は姉小路グループの総帥。
従って金の心配は皆無、ビザは学生で一年間英語学校に行った後大学進学を考えているという。
「大丈夫、英語学校に一年も行けば俺くらいにはなるよ。」

路男磨はその横で二人の会話を聞いている。
幸もクラスメートで声は可愛いが英語は酷いものだった。
彼女は何故かトゥーと言えなかった。
常にツーと言っている。その点昔のオッサンがディーの事をデェーと言うのと同じで、矯正しない限り永遠に通じる事は無い。

彼ら3人は仲が良くいつも休み時間や昼休みはこうやって一緒に話しているが、入校して半月、路男磨は全然上達しない英語に焦りも感じていた。
「俺はオークランドで一年間英語学校に通った。英語はね、出来るだけネイティブと話す、文法で分からなかったら日本人に聞く。ノンネイティブと話すとへんな発音が移って余計下手になるよ」
貫斗は彼の英語上達論を熱弁している。
〈そんなもんかねえ〉
路男磨は冷めた気持ちで聞いていた。
貫斗はどうやら自分は上手いと思っているようだが路男磨にはそれほど上手く聞こえなかった。
例えばマクドナルドに行った時
「マックチキンプリーズゥ」
と彼は注文したが3度言っても通じずビッグマックに変えた。
その後彼は「あの店員は馬鹿だ」と憤慨していたが、路男磨は
〈一年も学校に行ってマックチキンのオーダーも出来ないのか?〉
と呆れたのを覚えている。

ところで声だけでなく顔も可愛い幸は同校の日本人だけでなく、韓国人やインドネシア人にも人気があった。
彼女は真剣に大学進学を目指し、その態度には出来ればあまり日本人と付き合いたくないという意向が少なからず感じられる。

それを敏感に察した同クラスのインドネシア人男は幸に近付き、先週末は英語の練習を兼ねて一緒に出かけたらしい。
貫斗はその関係を暗に妨害しようとしているようだった。
彼は望詩は完全に無視していたが、幸には猫なで声で何かにつけ相談に乗っていた。
彼は日本で大学を卒業した後1年間社会人を経験し、その後1年間のニュージー語学留学を経て今度はワーキングホリデーで来豪したらしい。
歳は24歳。
背が高くなかなかの男前だが日本人以外の者は相手にしない、というより嫌っているようだった。

ふと視線を移すと窓の側にアスオが立っていた。
彼はミランダ以外とは誰とも話さない。
今そのミランダは教員室に入り、彼は窓に向かって何か囁き、時折首をかしげたり、にやりと笑ったり、傍から見ていると不気味以外の何ものでもなかった。


「あたし友達い多いから…」
望詩はポーチから二つ目のアドレス帳を取り出した。
この頃はまだ携帯どころか自動車電話すら珍しく、電話番号は紙に控えるのが普通だった。
学校のフォイヤーは国ごとのグループに分かれていた。
日本人は日本人で、韓国人は韓国人で、と言う風に大抵の者は同類で固まり母国語で談笑している。
望詩は日本人から無視されていた。
そのせいでやたらと異国人に愛想を振りまき、電話番号を聞きまくっているのである。


「憐れな…」
全然言葉の通じない連中に混じり意味も分かってないのにケラケラ笑う空しさ。しかも英語でもない。
路男磨はそんな彼女を憐憫の目で眺めていた。
この間はっきり言い過ぎたことに少なからぬ罪悪感も感じていた。
もう少し傷つけない言い方も出来たはずだ。
彼はタイ人グループの方へ歩いていった。
そこに彼女もいる。

「ボウシって、どこ住んでんの?」
彼女の横に立ち、月並みに切り出す。
「あなたと付き合う気は無いわ!」
望詩は鼻よりも高い頬骨を強ばらせて路男磨を睨んだ。
「ああ、もう君の事はあきらめたよ」
半月クラスメートとして接しているうち彼女の性格は大体掴んでいる。
「ところでさ。この土曜日に皆でブルーマウンテンに行くんだ。望詩もこないかい?」
その一言で彼女の強張った頬が弛み目つきが穏やかになった。
彼女は救われたようにニコリとした。
相変わらず醜いが慣れると結構愛嬌がある。
〈誘って良かった-〉
それからは望詩も路男磨達と一緒に過ごす様になった。

彼はもう一人声をかけようかどうかと迷っている。
言わうまでもない、アスオである。
彼のクラスの日本人は5人。
内4人が一緒に出かけるのに彼のみに声をかけないのは悪いといういかにも日本人らしい考えからであった。

昼休み、アスオはミランダと共に近くのテイクアウェイ屋に一緒に出かける。
その図々しさ、全く頭の下がるものがあった。
中には不快に思う者、呆れる者もいたが彼は周囲の目などは全く気にしなかった。
学校は3時に終わる。
その帰り際、学校の入っているビルの前で路男磨はアスオに声をかけた。

「行かねえよ。俺は目的があってここに来ている。お前らのようなアホに付き合っている暇は無い」
それだけ言うとアスオは路男磨に背を向けた。
「おい…アホとは何だ!?」
路男磨はややすごんだ。
アホにアホと言われるほどムカつく事は無い。
「英語学校に入って日本語ばかり話してる。お前らのやっている事は100%金と時間の無駄!だからアホと言ったのさ。」
気になっている所を衝かれ路男磨は絶句した。
「いいか今後二度と俺に話しかけてくるんじゃねえ!どうしても話したいなら英語にしな!」
アスオはきつい口調で路男磨の目を見据えていった。

「う~む」
路男磨は立ち止まり腕を組んで考えこんだ。
その時後ろから聞き慣れた声がして日本人の集団が階段を下りてきた。
同クラスの者もいれば違うクラスの者もいるが皆中級以下のクラスに属していた。
その彼らと並んでセントラルの駅に向かう。
最初の頃はバスに乗る事もあったが、彼らと仲良くなってからは喋りながら帰るのが楽しいので歩いている。

ふとブロードウェイの向こう側を見るとアスオが一人でバスを待っていた。
「あいつ…」
路男磨の回りには人がいる。
が、誰も回りにいない彼の方が何故か華やかに見えた。

日本政府調査捕鯨継続を判断

2011/10/01 22:26|調査捕鯨TB:0CM:1
日本が今シーズンも南極調査捕鯨を継続する旨、読売新聞に掲載された。
日本国内には震災復興費捻出の為、経費削減が叫ばれ、捕鯨評議会の中にも継続反対の声はあるが、日本政府は「停止は日本の国益に反する」として調査捕鯨継続を判断し、乗組員保護費として既定予算に新たに$27ミリオン(約22億円)上乗せする―と読売新聞はレポートした。

コメント
まだ正式発表の段階では無いようだが既にABC(豪国営放送)はレポートしている。

そうか今シーズンもやってくるのか? 正直驚いた。
と言う事は私もこの人気の無い、打てば必ずアクセスの激減する捕鯨記事を打ち続けなければならないと言う事か。

まあよろしい、乗りかけた船だ。
沈没するまで付き合ってやりましょうず。

それにしても野田政府、予算も上乗せですか!?
海上保安庁にも同行を要請してはねつけられたとか?
しかも停止は国益に反すると?
正気か??と疑ってしまうのですが。

ここまでズレてるともう筆舌に及びがたしの域ですな。

日本の皆さん、調査捕鯨なんて日本では殆どニュースにならないでしょう?

でもね、この国際問題、海外では大きく取り上げられ離島の領有問題と並んで日本人を判断するテストになっているんですよ。

そのテストの結果は近年の日本近隣諸国の態度が如実に語っているでしょう。

捕鯨は餌、離島は体。

逆の対応に、日本人の欠点が透けて見えてますよ。

記事原文
Japan's whale hunt to resume: reports
North Asia correspondent Mark Willacy
ABC September 30, 2011 18:30:09
Media reports in Japan say the country will go ahead with this season's whaling hunt in the Antarctic.
Today's Yomiuri newspaper is reporting the annual hunt, described by Japan as research whaling, will go ahead later this year.
A panel had been set up to discuss the future of whaling after the militant Sea Shepherd group disrupted the hunt for the past few seasons.
There were also calls for spending cuts to pay for the reconstruction in the tsunami devastated north-east.
A minority of the panel had recommended ending the program, but Yomiuri says the government decided scrapping the hunt would be against the national interest because it would giving in to obstruction.
Reports suggest the government will even boost the whaling budget by about $27 million to better protect crew members preparing for this year's hunt.
1945562-3x2-340x227.jpg

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。