笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチの子と自閉症(かわいそうな少年2)

2014/03/12 20:31|自閉症.AUTISMの真相TB:0
「あのヤブ医者を訴える!」
高機能自閉症と診断されたデールの母ミッシェルは顔を紅潮させて言った。
「そ、そうかい…」
私と嫁があいまいに頷く。
彼女はデールが小学生の時にノーマルと診断した精神科医を告訴すると言っているのだ。
訴えるのは本人の自由だが私は正直感心しなかった。
非は母親のミッシェルにも多分にある。

まず自閉症の専門医ではなく一般の精神科医に診断を委ねた事。
自閉症はまだ本格的な研究がなされてから日が浅い。
その存在が広く世間に知られ実質的な治療が開始されたのは実に1990年代に入ってからである。
専門医でもあやふやなヤブが多いのに、専門知識の無いタダの精神科医に子供の将来を左右する診断を託すのは無責任ともいえるだろう。
次に、そのタダの精神科医一人の「ノーマル」診断に有頂天になり、それっきり我が子はノーマルであると信じ込んでしまったこと。
普通、家の修理をする時や、引越しの時でさえ見積もりを三つ以上取るのである。
それが子供の一生の問題となると、最低でも専門医三人以上の診断を仰ぐのは常識であろう。
うちの場合は、最初からロイヤルチルドレンズ ホスピタルの小児科医を通していたため、アセスメントは自動的に3人の専門医を経ることになったが、もしそうでなくても複数の専門医に相談したと思う。
そしてもう一つは、彼女がノーマルを信奉するタイプであったこと。
そのタイプは自分の子が障害児であるとは認めたくない。
だから多少不審に思っても、子供だからとか、大人になれば落ち着く、とか希望的観測に陥りやすい。
よってなんら適切な処置も施さず、時だけが容赦なく過ぎていく。
人生において最も貴重な成長期が…。

私はミッシェルには気の毒だが、彼女の息子デールはその犠牲者であると思っている。
自閉症にも色々ある。重度の場合は普通の社会生活は難しいといわれているが、中軽度の場合はアーリーインターベンションを施すことにより、普通の社会生活は十分可能といわれ、実際に一般社会で活躍しているものも多い。(下記参考参照)
アーリーインターベンションとは要するに幼少期からその特殊な才能を伸ばしつつ一般社会に適合させようとする専門の治療システムである。
そして、早期にこのプロセスを経たものとそうでない者とはその後の人生に大きな違いが生じると専門医は言う。
「方や社会の大成功者、方や生活保護に依存する障害者といった具合に…」
と。
であるから、ちょっと変わった子を持った親は、勇気を持って現実を直視し、その子の将来のために最善を尽くす義務があるのだ。
それをせずに後になって誰のせいかれのせいなどと責任転嫁するのは、下衆の極みとでも言おうか、とても良識ある人間のする行為ではない。

デールはアスパーガスシンドロームと診断されたあと、自分が何者なのか知った。
遅まきながらも専門精神医の治療を受け、徐々にではあったが回復していった。
そして今は学校にも復帰して、ウチの子が行っていた優秀高めざして猛勉強している。
彼もアスパーガンのご多聞に漏れず数学と音楽が異常にできるらしい。
ぜひ合格してもらいたいものである。

参考
http://www.disabled-world.com/artman/publish/article_2086.shtml
http://www.aspergerssyndromeparent.com/famous-people-with-aspergers.html
http://www.abc.net.au/science/articles/2008/05/22/2252608.htm
日本語
http://www.characterlibrary.com/handy/320_1.html
http://matome.naver.jp/odai/2138665215979186201
↑信憑性は疑わしいが一応…
スポンサーサイト

うちの子と自閉症(かわいそうな少年1)

2014/03/10 18:00|自閉症.AUTISMの真相TB:0
マッシュの小学校の頃からの友達にデールと言う子がいる。
今はもう中学生だが、そのデールが登校拒否になり、自殺を仄めかす発言をしていると彼の母が深刻な声音で言う。
「デールは友達が一人もいない。やはり彼は自閉症だったのかしら?」

デールが初めてうちにきたのは小学校一年の時だった。
その彼を一目見て私も嫁も、自閉症?と強い疑いを持った。
視点が定まらず、話しかけてもそっぽを向き、突然奇怪な行動に出る。
例えばテーブルで食事中にいきなり席を立ち庭に向かって走り出すとか…。
とにかく彼はどう見ても普通の子ではなかった。

その後もデールはしばしばウチに来た。
そして来る度に
間違いない…自閉症やわ…
との思いは強くなった。
だが私も嫁も面と向かって
「自閉症や。間違いおまへん!」
とは彼の母親に言いにくい。
だから遠まわしに
「ウチのマッシュと似てるなあ…」
としつこくリピートしたりした。
実際のところデールの変人度はマッシュを大きく凌いでいた。
母親のミッシェルもやはりその事は気になっていたのだろう。
ある日のこと、彼女は思いを決し、デールを精神科医に連れて行った。

結果は…すべてノーマルでったらしい。
「よかった!私の子はノーマルなのよ。デールはちょっと変わってるだけなのよ!」
彼女はうちにデールを連れてきて飛び跳ねんばかりに言う。
そのあまりに嬉しそうな顔を見て私も嫁も
〈ノーマルじゃないと思うよ…〉
とは、どーしても言えなかった。

それから8年。
デールは中学生二年になった。
孤独、登校拒否、ひきこもり、自殺願望。
「デールは普通の子なのに!お医者様がそう言ってくれたのに!」
母親のミッシェルの不安は募るばかりだった。
そしてとうとうたまりかねてウチに電話してきたのだ。

「マッシュはどこで診断されたの?」
ミッシェルは聞く。
「ロイヤルチルドレンズ ホスピタル」
嫁が答える。
「で、どんな検査したの?」
「まず、三人の専門ドクターに診断されて、その後血液検査やCTスキャン、脳にワイヤーも繋いだわよ。」
「え?三人の専門医?脳にワイヤー?」
ミッシェルの声が上ずった。
デールの診断は精神科医一人による口頭面接式であったらしい。

その後すぐにミッシェルはデールをロイヤルチルドレンズ ホスピタルに連れて行った。
そして彼は Hi function Autism(高機能自閉症)と診断された。
アスパーガスシンドロームである。

つづく

うちの子と自閉症10

2014/03/05 13:00|自閉症.AUTISMの真相TB:0
ビクトリア州政府のセレクティブスクールには元々はマックロバートソン(通称マクロブ、女子)とメルボルンハイ(男子)しかなかったのだが、この老舗二つでは不足と言う事で、2010年にノサル(男女共学)とジョンモナッシュ サイエンス(男女理数専門)が新設された。
その翌年にはスザン コリーが新設され、また音楽芸術の専門校としてはビクトリアン カレッジ オブ アーツ セコンダリースクール(VCASS)がある。
上記はいずれも成績優秀、もしくは特殊技能がないと入学は不可で、金持ちならある程度まで入学できる私立とはその点に置いて大きな差がある。
特にマクロブ女子はここ何年もトップの座を維持し、2013年VIC州統一テスト(VCE)公立校平均スコアランクでは一位マクロブ38点、二位メルボルンハイ37点、三位ノサル35点、同三位ジョンモナッシュ サイエンス(JMS)35点…六位VCASS 33点と政府セレクティブ スクールが上位を占めている。
JMSとVCASSは本来専門高であるから、国語(英語)が必修のVCEでは不利なのだが、上記スコアは健闘といえるだろう。
また11年生(高2)のみの受験である為かリストには名を連ねてないが、スザン コリーも平均点36である。
この上記六校が今のところビクトリア州のエリート高として優秀生を受け入れている。
ちなみにマッシュと中学でトップを競っていた女の子はマクロブに入学した。
マクロブは基本的に4年制でイヤー9から入校させている。

さてアスパーガンのマッシュはその優秀高の一つに9年生を飛ばして入学したわけであるが、飛び級入学は全部で4人いたらしい。
うち一人は、な、なんと中学を完全に飛ばして小学校から大ジャンプして入ってきたという。
小学生と言えば、まだ毛が生えたか生えてないか。
『朝起きて パンツごわごわ 病気かな』
といったレベルだろう。
私が小学生の頃には、そんなのは想像もできなかった。
友達には、洟を垂らしている奴もいたし、一年中半袖半ズボンの奴もいた。
「カンチョー」とかやって指の骨を折った奴もいたし、チンポ丸出しで女の子達を追い掛け回し全校集会で衆目に恥をさらした五人(私もその一人)もいた。
私達がそんな事をしていた頃、彼は優秀高目指して黙々と勉強していたのだ。
いくら時代が違い、国も違うとは言え、その差はあまりにも大きい。
いやはやとんでもないガキがいるもんである。

だが世の中上には上がいくらでもいる。
入校生の一人には飛び級では無いが、スカウトされ無試験で入ってきた奴もいたらしい。
「へええ、スカウトねえ…」
今度は自分の中学の頃を思い浮かべた。
私の周りにはスポーツでスカウトされた奴はいた。
しかし学業優秀でスカウトされたなんて聞いたことは無い。
ま、私の周りは私も含めて馬鹿ばっかだったからそれは当然なのだが試験は平等に受けさせるべきであろう。
意外と馬鹿だったということもありうる。
だがその生徒は、マジで天才であったらしい。
ウチのマッシュは数学ではトップを競る事が出来たが、他の科目ではその天才に歯が立たなかったという。
「あいつは僕の半分の努力で僕よりいい点を取る」
とマッシュは言っていたが、彼の存在があったればこそ、一段と学業に気合が入ったのは否めない。
何事も伸張するにはライバルが必要である。

ところで小学校から飛んできた少年は結局中退したらしい。
勉強についていけなかったのでは無い。
苛められたとか仲間はずれにされたとかでも無い。
やはり、ちん毛が生えたか生えてないかの少年が、ボーボーでいつでもREADYの連中に混じって生活する事に無理があったらしい。

その高校はマッシュにとって素晴らしいものだった。
生徒は向上心にあふれ教師陣も皆優秀であったという。
変人に対する苛めもなかったらしい。
というか、勉強が出来る奴はえてして変人であるから、マッシュも大して目立たない存在になった。
前の学校では超変人扱いされたマッシュも、所変わればちょっと変わった人扱いで居心地も大変よかったと言う。
また人種による差別もまったく無かったらしい。
あるはずが無い。
70%がアジア系とインド系なのだから。
その比率はその高校に限った事ではなく、他の優秀高でもほぼ同じであると聞く。
多くの白人高校生がファックに明け暮れている間に、真面目なアジア人は勉強に励んでいるのだ。
いずれ豪はアジア人に乗っ取られるであろう...というか現時点でほとんど乗っ取られている。

しかし私のような大アホの息子が優秀高に入ってさえトップを競る。
それすなわちアスパーガンゆえにである。
今後世界はさらにコンピュータによる管理と機械によるオートメーションが進むであろう。
そうすれば私のような大アホは必要とされなくなる。
その事に私の金玉の中の精子は気付いたに違いない。
その危機感が私のアホ遺伝子を最大限に進化させ、息子をアスパーガンにしたのだ。
今彼は大学生だ。親の口から言うのもなんだが大学でも優秀だ。
この先どうなるかは分からないが、私は子供がアスパーガンでよかったと心から思っている。

参考
http://en.wikipedia.org/wiki/Selective_school
http://bettereducation.com.au/Results/vcePublicSchoolRanking.aspx

うちの子と自閉症9 

2014/03/03 10:00|自閉症.AUTISMの真相TB:0
話は随分前後するが、そんな事を気にしていてはブログなんて書けない。
今回の分は『自閉症.AUTISMの真相』http://melozy.blog.fc2.com/blog-category-9.html
に綴られている『うちの子と自閉症8』の続きである。
どの辺が真相なのかは知らないが、とにかく事実を回想したものである事は確かである。
そこには自閉症の子供の特徴、対処、医療などがふんだんに盛り込まれている…はず。
だから、読め。


ウチでは、高機能自閉症、アスパーガスシンドロームであるうちの息子の事をアスパーガンと呼んでいた。
「お前はアスパーガンやからのう…」
と。
専門書等ではアスパージアン(Aspergian)とか書かれているが言いにくいのでウチではアスパーガンにしている。
アメリカ人をアメリカンと呼ぶようなもので、日本語にすればアスパーガー人である。

さて、そのアスパーガンのマッシュは中学二年になった。
相変わらず残忍な不良のキャメロンとの争いは続いていたが、既に豪は白人絶対優位の国では無い。
キャメロン一派はすべてアンサク系白人で、アジア人黒人をはじめ全ての移民系、加えて白人でもデブは差別するといった具合であったから、その系列がすべてマッシュの味方についた。
体育の時間に争いになってもマッシュ側の応援が数で圧倒し、キャメロン一派を駆逐した。
そういう学校生活が続いていたが、マッシュの成績のほうは常に理数ではトップ、総合でも一位か二位だった。
二位のときは決まって同じクラスの中国系の女の子がトップだった。
数学は小学校高学年から元高校数学教師の家庭教師についてもらっていたが、その先生が病気で入院した為、中学一年からは元大学数学教授についてもらっていた。
ギリシャ系で今の世なら間違いなくアスパーガンと診断されるような変わり者の先生であった。
声が馬鹿でかく、同じく声の馬鹿でかいウチの子とは変人同士ナイスマッチだった。
声音の調節が出来ないのはティピカルなアスパーガンの特徴で、同じく史上のアスパーガンと推察されている織田信長も声が馬鹿でかかったと記録されている。
マッシュはその先生のもとで中二でありながら高校の数学をやっていた。
「中三などやる必要は無い。飛ばして優秀高の試験を受けなさい」
中二の後期に入ってすぐその先生が言った。

豪の教育システムでは普通中高一貫で6年間を同じ学校で過ごすのだが、優秀生の多くはセレクティブスクールと呼ばれるエリート高に9年生前後から進学する。
ここビクトリア州にはその政府セレクティブスクールが六つある。そのうちの一つにと先生は勧めるのだ。
私もその意見には賛成だった。
私はこれでもTAFEで落ちこぼれ用の高校教育を受けた。イヤー10,11,12であるが、そのイヤー10のあまりのレベルの低さには絶句したものだった。
とくに数学のレベルはひどいものだった。
日本の高校ではハクション大魔王(数字を見るとじんましんが出る)と自他共に認め、数学のテストでは赤点すれすれであった私が、クラスでアインシュタインと呼ばれNSW州でトップだったのだから。(もっともイヤー11,12では化けの皮が剥がれトップではなかったが)
イヤー10でそうであるからイヤー9は推してしかるべきであろう。
「おう、イヤー9なんか飛ばせ!時間の無駄じゃわ!」
と私も大いにプッシュした。
セレクティブスクールの情報に関しては在籍中の高校は優秀生を逃さないために極力秘匿する傾向にある。
であるからその情報収集は基本的に自分でしなければならない。
ウチの場合は全てマッシュが勝手にやった。

そして春、彼はその優秀高の入学テストを受け難なく合格した。
一年遅れで小学校をスタートした彼は、この時点でその一年の遅れを取り戻したのである。

参考
http://www.characterlibrary.com/handy/320_1.html

ビクトリア州統一試験(VCE)ウチの子の成績

2012/12/19 17:19|自閉症.AUTISMの真相TB:0CM:2
「父ちゃん、99.80だ!やったぞ!」
とウチの子が月曜の朝早くにガッツポーズで叫んでいた。
「一番かっ!?一番なのかっ!?」
と私も同じようにノリノリで聞き返した。
子供の成績にさほど興味の無い私ではあるが、子供がノリノリの時はノリノリで返す。
それが健全な子育てというものだろう。
「いや、一番じゃないよ…」
「なんだぁ、がっかり…」
と私のノリノリは一瞬で終わった。
「でも、トップ0.2%に入ってるぜ。スカラシップだ!」
「なにっ!?」
私の目は再びノリノリに輝いた。$$
なんでも大学に行ったら年6000ドルほどもらえるかも知れないという。
「よくやったぞ!お前の親は甲斐性無しの貧乏人だ。それをよく分かってるぢゃないか、ええっ!!」
と勢い良くバシンと息子の背中を叩いた。

ビクトリア州では月曜VCE(12年生(高3)州統一試験)の結果が発表されたわけだが、ウチの子は、大学希望学科入学の目安となるATAR(Australian Tertiary Admission Rank 豪大学入学ランク、アターではなくエイターと読む)で好成績を収めたらしい。
このATARというのは、VCEの結果を元に、必修の英語(国語)と専門の3教科、プラスその他2教科の10%を加えたトータルでランクされる。
最高ランクは99.95で、もちろんランクが高ければ高いほど希望学科に入りやすい。
最低は30以下で、大学入学には最低30ランクが必要とされる。

ウチの子は高機能自閉症、アスパーガスシンドロームのせいかその頭脳は大きく理系に偏っている。
であるから文系は苦手で、今回のテストも英語(国語)に大きく足を引っ張られた。
彼は7教科選択したわけであるが、英語以外の6教科のうち5教科は理系、それにLOTE(Language other than English 英語外言語)で日本語を選択した。

日本語(第二言語)は最初苦戦を予想していたが、本人のヤル気と優秀な美人日本人教師に恵まれ満点。
その他5教科も全てトップかトップクラスで、もし英語が必須でなければ他の6教科どれをどう組み合わせても99.95であった。
それを思えば残念ではあるが、勉強アレルギーであった私と嫁の子供にしてこの結果は上出来としか言いようが無い。
馬鹿と馬鹿の子供が馬鹿とは限らない、世の中も捨てたものではないと言えるだろう。

尚最高ランクの99.95は今年の総受験生82465人の内37人がマークしている。

優秀高ランクについてはまた載せるかもしれないが、新聞ヘラルドサンはエリート公立高の老舗マクロバートソン女子の受験者平均は96.8、同じく老舗メルボルンハイ男子受験者335名の平均は95.45と伝えている。
その他の公立では新鋭理系のジョンモナッシュサイエンス、ボルウィンハイ、私立ではザビアーカレッジ、メルボルングラマーなどが優秀高に挙げられている。

本来子供の成績等は、人様や世間に晒すもので無いのは重々承知しているが、他にネタがないのと匿名だから別にいいだろうと思って事実をそのまま載せた。
しかしもちろん「何でワシは家庭の事情をわざわざ世間様に公表しているのか?アホだ…」といつもながら呆れ果ててはいる。

参考
ヘラルドサン(メルボルン紙)18、19/12/2012

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。