笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


生まれたままのパツ金…と俺(2)

2014/02/07 15:33|オーストラリアの風俗TB:0
KS寄稿
「こんな店二度と…いや二週間はこねえからな!」
俺は、コリアンの店の受付のおっさんに教育がなってないと文句を言って店を出たんだ。
なんせ、その女はチチがゴムマリだけでなく、超無愛想で、しかも生舐めしねえんだ。
ゴムつけるとか抜かしやがって。
おいおいそれはないぜ。
一体誰のために俺がチミポをきれいにしてると思ってんだ。
コリアンガールズのためじゃねえか。
その優しさと思いやりを踏みにじりやがって…俺の心は傷ついたぜ。
何故コリアンガールズがサウスメルボルンを風靡しているか?
それは自らすすんで生で舐めるからだ。
人は皆その真心こもったおもてなしに感動して再び足を運ぶんじゃねえか。
みんなみんな生舐めの生舐めのメルトダウンを夢見てやってくるんじゃねえか。
その期待を裏切るなんて…ひどいぜ…残酷だぜ…
コリアンガールズの風上にもおけねえ。
これが文句の三つ目だ。

俺はその店を出てから激しい思い出しムカツキに襲われていた。
「ちくしょう、あのくそ女!なめんなよ…いや…ちゃんと生で舐めやがれ!」
唾をぺっぺと飛ばしながら車のフロントガラスに向かって叫ぶ。
後口が悪い。

「口直しのデザートが必要だ…」
俺はそんな時、決まってはしごするんだ。
俺は久しぶりにピンクパレスの門を叩いた。
すると
いたんだそこに…
絶世のパツ金美女がああああああああああ
名前はイーデンと言った。
俺の目は瞬きを忘れ、彼女に見入った。
そして一回転してくれと頼んだ。
彼女がくるりと回る。
モンモンが一つもない。
そして…ケツが若い。
俺は女の年齢を判断するのに必ずケツを見る。
売春婦や芸能人は大抵年齢を誤魔化しているが、俺のケツジャッジに誤魔化しはきかねえ。
ケツは女の年輪だ。
21歳と見た。
彼女に続いて階段を上る。
ぱんつ一枚のケツがプリンプリンと揺れる。
白人特有の超プリケツだ。
俺はもう我慢できなかった。
階段の途中でそのケツに鼻をつけ、くんかくんかしてやった。
すると彼女はにこっとしてくれた。
お、愛想もいいじゃねえか…。

部屋にはいった。
彼女が一時的に部屋を出て行く。
その間に俺はシャワーを浴びる。
この店のパターンだ。
シャワーを終えてキングベッドに転がっていると再び彼女が現れ、俺の横に座った。
「脱がして…」
と寄り添ってくる。
うおおおおおお、男心をわかってるじゃねえか。そうだ自分からぬいじゃ駄目なんだ。駄目なんだよおおおおお。
俺はブラジャーをむしりとるように剥がし、そのたわわな乳房にかぶり付いた。
「おいちいいいーっ」
ああ、なんとナチュラルな…マシュマロのような感触…ゴムまりとは雲泥の差だ。
俺は俺はもう涙が出そうになった。
そんな俺の耳元で
「キスしたくない?50ドルで…」
とイーデンちゃんが囁いた。
「ふんがふんがふんが…」
俺は鼻息で頷いた。
そして椅子にかけてあるズボンのポケットから50ドルを取り出し、投げるように渡すと、彼女の唇に吸い付き、舌をねじりこむように押し込んだ。
「ああ、なんというまったりとした…」
俺は舌の裏側までよく舐め、彼女の唾液をゴクゴクのんだあと、舌を這わせ、左右の乳首を吸い、臍を舌先でレロレロし、さらにその下のピンクリをこれでもかというほどにねぶり上げ、吸引し、ちょっと噛み、それでも彼女は何も言わないから、けっつぁなまで嘗め回してやった。
彼女はかすれた吐息を漏らしている。
だが…濡れてない…
さすがはプロだ。
「まだまだああ」
俺はその股間を嘗め回した舌をまた口に持って行ってやった。
もうその頃には、野獣の鼻息で、人間の理性は吹っ飛んでいる。
俺は生で入れようとした。
だが…彼女の柔らかい手が、俺の狂おしいチミポを、優しくとめた。
やはりプロだ。
「いいだろ。な!」
俺は彼女に懇願した。
だが駄目だった。

ゴムをつけられた俺のチミポをパツ金の美女が咥えている。
俺は天井の鏡に映ったその姿を見て一層興奮した。
「こんなブ男のチミポをこんな美人が…」
サラサラの金髪が俺の下腹部の柔らかい部分をさわさわと撫でる。
もう我慢できそうにねえ。
彼女の口の動きを止め、まず後ろから入れた。
そして出そうになったところで、抜いて前から…。
その前からの態勢で、彼女の顔を両手で挟み、舌を吸い、唾液を飲みながら、俺のムスコはビクビクビクッと痙攣し果てた。
はしごなのにスゲー出た。
最高だった。
最高だったぞおおおおお!

俺は当分ここに通うかもしれない。
そしていつか…生で…
病気?
俺は、イーデンちゃんのためなら、死ねる。

ピンクパレス
http://www.pinkpalace.com.au/

追記
言って置くが、ピンクパレスとハーレムはめったに当たらねえ。
だから努力の足りない奴らはお化け屋敷とも呼んでいる。
が、当たればでかい。
要は君の心がけしだいだ。
日頃からマメに通い、はずしてもくじけない。
継続は力だぜ。
スポンサーサイト

生まれたままのパツ金…と俺(1)

2014/02/04 17:56|オーストラリアの風俗TB:0
KS寄稿
おーあおのおっさんがよ、不動産の話ばかりじゃつまらないからネタよこせとか言いやがって。
当たり前だぜ。
家なんか買ってどうすんだよ。
そんな金があったら女買え!あほ。
俺の今週の給料なんて全部サウスメルボルンに消えていったぜ。
人生が幸せかどうか?
それはな気持ちよくなった回数で決まるんだ。
だから俺は誰よりも幸せなんだよう!!!

ところでよ、ここんとこずっとトープストリートのコリアンガールズだったんだけどよ、ちょっとむかつくことがあってな。
ま、聞いてくれよ。
まずその一つ目はゴムまりだ。
3連続であたっちまってよ。もううんざりだぜ。
ゴムマリってえのはよ、ほら胸にシリコンぶち込んでる女だよ。
あれ、揉むとすげー不自然で、舐めるとゴムの味がするんだ。
モデルとかのビジュアル系はわかるけどよ、実際肌を触れ合うタッチ系があんなんしちゃだめだぜ。
俺の周りの奴もみんな言ってるぜ。
いやだって。
チチは自然が一番なんだ。
まな板に梅干でもよ。
いいんだよ。
梅干は舐めれば舐めるほど甘みが出てくるだろ。
チクビも同じだ。
それによ、貧乳は決して悪くねえんだ。
ひんぬープラスつるまん(剃る)でロリコンの欲望が満たされるんだ。
俺も昔は巨乳派っだったけど今はどっちかといえばひんぬー派だ。
でよ、店の待合室で出会う他のひんぬー派とひんぬーを取り合ったり、ひんぬーを語り合ったりするうちにわかったんだ。
いかに世の中にひんぬーラヴァーが多いかということを!
だからよ、貧乳の女どもはもっと誇らしげにすればいいんだよ。
年取っても垂れねえし、赤ちゃんだってきっとおいしいはずだ。
ゴムチチになんかしてみろ、俺が赤ちゃんだったら拒食症になっちまうぜ。

二つ目はよ、コリアンガールズの多くは整形している。
細い目を大きく、低い鼻を高く、頬骨を削り、えらを切り落とす。
それはいい!!
だが、つけまつげをやめろ!
あれはもう笑けてしまってセックスどころじゃないんだよ。
バカボンパパの鼻毛だ!
images (25)
「これでいいのだ」

よくねーよ!こんなんが一瞬でも頭に浮かんだら、チミポが立つはずねーじゃねえか。
コリアンガールズだけじゃねえ。
日本のAV女優もそうだ。
君たちはあれが可愛いとでも思っているのか?
思わず、魁クロマティーみたいに
「それはひょっとしてギャグでやっているのか」
って突っ込みたくなっちまうぜ。
これは俺だけの注文じゃねえ。
サウスメルボルンに通う多くの同胞、時にはライバル達も言っているんだ。
よろしく頼むぜ!
そして三つ目は…
〈つづく〉

〈予告〉
次は凄いぞ、俺が絶世の美女とはめくるうんだ。
気持ちよくなりたかったら必ず読め!
君はがまん汁に耐えられるかっ!?

同じ風俗屋にばかり行っている俺

2012/09/11 23:40|オーストラリアの風俗TB:0CM:2
KS寄稿

最近よお、行くとこ決まっちゃってんだな~。
いつもサウスメルのTope39番だ。
それでメルボルンにいる男ならわかるだろ?
だから新鮮味がなくなって来てさ、最近はアボッツフォードやコリングウッド、ノースメルボルンあたりの店から回ってみるんだけど…そりゃあひでえもんさ。
昔はそんなこと無かったんだけどな~。いまやお化け屋敷だな、ありゃ。
暑い夏の夜のキモだめしにぴったりだぜ。

で北から下ってきて、結局最後はサウスメルボルンに辿りついちまうんだ…。
ま、満足してるから贅沢は言えねえんだけどよ、なんかさ、環状線の決まった駅で降りるサラリーマンのようで、刺激がねえんだ。
こんなことじゃあいけねえ!このままじゃあ何も成長しねえ!…と実はここんところちょっぴりメランコリーなんだ。

気分転換に、今度の休みはシドニーにでも行ってみるか?
あそこさ、カンパーダウンにメガソープが出来るって聞いたけどもうできてんのかな?
ほら風俗界のウェストフィールドとかいわれているやつ…。
できてるんなら行きたいけど、ウェストフィールドというからにはもっとバラエティーに富んだサービスを心がけてもらいたいね。コスプレとか電車シチュエーションとかは当然としてさ。

俺さあ、風俗屋って、男の夢をかなえる場所であるべきだと思うんだ…。
ほら現実社会じゃ痴漢とかできないだろ?
でも男はやりたいんだよ。
女子高生とかOLとかさ。
だからそういう男達の欲求を満たしてやると、彼らの荒んだ心も和やかになり、犯罪も少なくなるんじゃないかな…。
そう考えると風俗屋の社会貢献度って大きいよな、もっともっと増やせばより安全で住みやすい街になるのにな。

シドニーにはもう随分と行ってないけど、一人鮮明に記憶に残っている女がいるんだ…。
彼女はボンダイジャンクションにある手抜きマッサージパーラーにいた。
金髪の物凄い美人で、ボデーは峰ふじこだったんだけど、ちゃんと拭いてなかったんだろうな、ケツの穴が臭かったんだ。
ほら尺八の時、女が腹の上に後ろ向きに乗ると丁度ケツの穴とまむこが目の前にくるだろ、あの態勢だ。
その時は臭いなあ…と思いながらいっちゃったんだけど、その匂いが妙に鼻から離れなくてね。
それ以来、風俗屋に行く度に匂ってるんだ…。
そんな俺ってちょっと変ってるかい?
でもみんなやるよな? ぺろぺろ舐めるし…。
それに犬はさ、相手が犬にしろ人にしろ必ずケツの穴に鼻くっつけて「クフン」ってやるだろ。
犬畜生に理性は無いから、やっぱあの行為は動物の本能の為せる業なんだよ。
それを犬は白昼堂々とやれるからいいなあ。

俺がやったら、やっぱ新聞のトップかな?
そしたらオー青のオヤジ(このブログの管理人)が訳してコメントつけてさ。

『変態日本人ケツ匂って捕まる!』
≪コメント:日本人の恥さらし!でも気持はわかるぞ…≫

な~んて。
ははは…
折角外国に住んでるんだ、いつか新聞の一面を飾るのも悪くねえなあ。

マダムレオナはマゾの味

2012/05/21 23:00|オーストラリアの風俗TB:1CM:0
KS寄稿
最近韓国系にはまっててよ…。
でも、この前紹介した39 Tope Stは、いっぱいだったんだ。
空き室も無い上に、狭いお見合い室に8人もむさくるしい男がいてよ。
椅子に座れなくて立ってる奴もいたぜ。
まったく、そこまでして女と寝たいのかよ。
「恥ずかしくないのか?親が泣いてるぜ!」
ブツブツ言いながら店を出たんだ。
俺はこう見えてもプライドが高くてな、待つのは嫌いなんだ。
それから男のこもった匂いも嫌いだ、吐き気がする。女の匂いは鼻で深呼吸だがね、フフフ。

で、久しぶりに『マダム レオナズ』って店に行ったのよ。
そしたらさ、店の前に明らかに心の迷っている白人がいてさ、俺に
「ここみんなアジア人なのか?」
って聞くんだ。
「そう思うぜ」
って答えると、
「俺も入るよ」
と俺の後に続いて入ってきやがった。
顔つきから見て、典型的なアジア人フェチだな。
もうアジア女無しでは生きていけないって奴だ。
多いんだよな、こーゆー奴。
でも俺も最近こいつらの気持ちが分かってきたぜ。
ベトナム人のおっさんがよお
「白人は見て楽しむもの、アジア人は触って楽しむもの…」
って言ってたがその通りだと思うようになって来た。

で、この店も韓国系なんだけど、一年以上前に来た時の印象が悪くてさ、その間、違法営業で摘発されたりして、俺の足も遠のいていたのさ。
法律なんて俺の知ったこっちゃねえが、店の雰囲気の悪い所は良くねえ。
俺は悲しげな顔をした女を見ると胸が痛むんだ。

だけどよ、そのデブの白人と一緒に店に入ると雰囲気が以前と全然違うのよ。
なんか明るくってさ、以前はヤクザみてーなガラの悪い奴がカウンターに座ってたんだが、それがマヌケ面の若僧に変ってたんだ。
そいつもニコニコしてたが、出てきた韓国人の女の子五人も愛想がよかったね。
だけど、言っちゃあ悪いがみんなイマイチだったな。
〈どーしーよーかな〉
と俺が迷っていると、隣の白デブは血走った目でその中で一番ブスなの選んだね。
そんで嬉しそうに俺にウインクして奥の部屋に消えて行ったよ。
〈世の中こーゆー奴がいて上手く回っていくんだな…〉

結局さ、迷った末、その店に居残ったのよ。
最近俺も受けが広くなってな、ちょっとくらいブスでも愛想が良かったら妥協しちまうんだ。
人として成長してるのかな…ヘヘ。
昨夜選んだのも、魔女っぽい顔をした飛び抜けて明るい女だった―。
部屋に入ってからも満面の笑みでよ、またその笑い顔が志村けんに似てるのさ、俺もつられてウププと笑っちまったね。
彼女の体から発散されるハッピーオーラでみすぼらしい部屋は一面のお花畑―えへへえへへ…俺はそのお花畑で子供のように蝶を追ったね―。
こんな楽しい気分にしてくれるなんて、彼女きっと心の底からセックスが好きなんだろーな。
たまにそういうのいるんだ、俗に言う天職ってやつさ。
だからテクもスゲーのよ、フンフンサワサワと、好きこそ物の上手なれって、まったくその通りだと思ったぜ。

ま、そこまでは普通なんだけどさ、そこからがかなりアブノーマルだったのさ…。
上に乗った彼女はスポーツみたいに大暴れしてよ、大声で何か叫んでは俺の体をドラムみたいにバシバシ叩くのさ。
何なんだこいつは!?
と最初はビビッたけどよ、慣れてくるとスゲー興奮するのよ。
「もっと、もっとぶってくれよ~」
俺は自らを贄に差し出したね。
俺はどっちかと言えばSなんだけどよ、今回は自分の中の秘められたM気質に気付かされたよ。
それによ、彼女は志村みてえにおもしれえんだ。
でっかい声で韓国語と英語のチャンポンで叫びまくってよ、まるで祭囃子さ。
あんなゲラゲラ笑いながらイッタのは初めてだったぜ。
こりゃ癖になりそーだわ。
次は鞭と蝋燭持参で行くか―。

Madam Leona’s
59 York Street, South Melbourne, 3205.
Phone: (03) 9690 5977

IMG_3054.jpg

コリアンガールズ専門風俗店

2012/04/18 19:47|オーストラリアの風俗TB:1CM:0
K.S寄稿
最近よおノースコリアとかサウスコリアとかよく聞くじゃん。
ミサイルだかロケットだか発射したとかしねーとか。
俺は新聞なんか読まねえんだけどよ、倉庫のおっさんが読んでた新聞にこんなんが載ってたぜ。
358550-mark-knight-15-4.jpg
From HERALD SUN Mark Knight Cartoon

「9センチのロケット花火か…しょうがねえ、俺のICBM*でもぶちこんでやるか…」
そう思った俺はコリアンガール専門の店に向かっていた。
場所はご存知サウスメル、前にアナザーエイジアンで紹介したメルコロの隣の隣さ。

39 Tope St South Melbourne

メルボルンにいる男ならみんな知ってるだろ?
ここはよお、何故か俺はあまり行かねんだけど、いつ来ても平均して質がたけ~んだ。
日曜日も、六人出てきたけどブスはいなかったぜ。
ま、顔は整形してるのかもしんねーけど、みんな足も細くてなげーの。
でよ、3番目に出てきたのがスッゲーいい女でさ、俺はその女と寝たかったんだけど先客がとっちまった…と思ったらそいつの連れが誰も選ばなかったから一緒に出て行きやがってよ、お陰でその女が俺に回ってきたのさ。
やっぱあーゆーとこは一人で行ったほうがいいな。

ここは部屋に入ってすぐ女と一緒にシャワー浴びんだけど、肌もキムチのせいかすんげースベスベでよ、もう俺のICBMは最初っからこんなんなっちまったよ。
url34.jpg

それにだな、ここは生尺なんだ。
アジア系はその辺うるさくないからな。
あれはヘタだと痛いけど、中には吸盤みてーなタコ舌がいる。
その女がそうだったんだ…。
もう気持ちいいなんてもんじゃなくてさ、俺のミサイルは本番前から暴発寸前。
「俺が口なんかで…」
と油断してたらマジやばくなっちまってよ、あわててキタのヤングデブを思い浮かべたんだけど…。
fireworks_057.jpg

遅かった。
大爆発しちまったよ。
俺のICBMはキタの9センチ花火よりも早かった―。

ま、たまにはそーゆーのもいいんだけどよ、実は俺の連れがここでクラミジアもらったことがあるんだ。
心配な奴は最初からゴムつけたほうがいいぜ。
俺はつけねえけどよ。
俺は気持ちよくて病気になるのと気持ちよく無くて安全なのとどっち取るかってーと気持ちいいほう取るんだ。
もっとも、本番の時は被せられるがね。

今回は早く終わっちまったからさ、ちと話し込んじまったんだ。
俺が永住権あるって言ったら、「ビジャ欲しい…」って涙目になってさ、思わず「結婚するか?」って言いそうになったぜ。
あーゆーとこであんまり話し込むもんじゃねえな。

しかし…俺としたことが本番前にいっちまうとはな。不覚…。
30分 $140
高いヘッドジョブになっちまったよ。

*ICBM:Inter-continental Ballistic missile(大陸間弾道弾)、時に鋼鉄ちんぽの代名詞ともなる。

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.