笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の価値が突然2倍に!!

2015/06/25 12:29|オーストラリアの株、不動産ニュースTB:0
私は約二年前に今の家を買った。
平均的な地区の角地で土地は約800平方メートル。
本来ならばデベロッパーが絡んできて高値がつくはずだったが、前庭の端に下水パイプがかかっているためコベナンツと呼ばれる制約がかかり、お蔭で嘘のような安値で買えた。
この場合の制約とはその下水パイプの上に建物を建ててもよいが、工事の時邪魔になったら容赦なくぶっ壊すというものだった。
だから当然、土地いっぱいにマンションを建てたいという強欲なデベロッパーは見向きもしない。

私の家はモナッシュ大学の近く、モナッシュ地区にあり、マウントウェーバリー、グレンウェーバリー、クレイトン、オークリーなどが同地区に含まれる。
オークリーはギリシャ系が多いがその他は圧倒的に中国系が多い。
その中国人がもう豪州を乗っ取らんとの勢いで不動産を買い漁っている。
シドニーなどは新築物件の25%が中国人に買われていると今日のTHE AGEの記事にもなっているが、モナッシュ地区もそれに負けず劣らず、いやそれ以上にすさまじい。
中でもグレンウェーバリーは、もはやグレンではなく紅蓮の中国旗に制圧され、夕暮れ時には黒髪のアジア人がそこらじゅうを散歩し、同地区の新築マンションにおいては90%が中国人に買われているとラジオは伝えている。
そのせいで同地区の不動産は平均以上に暴騰し、マウントウェーバリーはつい先日ミリオンダラーサバーブに名を連ねた。
私の近所の家もオークションで軒並み凄い値段がつき、飛ぶように売れていく。
特に土地のでかい家は「んなあほな。。。」というような価格で落札される。

しかし、私の家には絶対にそんな値段はつかない。
なぜなら私の家の土地はコベナンツだからだ。
「ああ、周りの土地はどんどん値段が上がっていくのに、わしの土地だけは。。。猫の運動場。。。それと芝刈りが大変なだけだ。。。」
P2070113.jpg

と思っていたある日、不動産屋のおっさんがぜひ見積もりをさせてくれと電話をかけてきた。


私は、売る気無しと断ったのだが、その後もしつこくかかってくる。
基本的に、しつこい勧誘、訪問販売、テレマーケター、怪しい手紙などは塩をまいて即却下だ。
しかもグレンウェーバリー周辺は、老人や英語のまともでない移民者を狙った押し売り的訪問サービスが横行しているとニュースにもなっている。
同地区に長く住んでいる人はどういう手口か既に知っているとは思うが、簡単に言うと、いきなり家に来て、家屋や庭の欠点を指摘し、強引に修理やサービスを請け負い法外な値段をふっかけるというもので、うちにも色の浅黒い奴が木を切らせてくれとやってきた。
だからそのしつこい不動産屋も本来なら塩まきもんなのだが、不動産屋の場合は見た目も世間の評判も極悪、あそこまではっきり顔に極悪と書いてあればむしろ安心、ということで「売らないけどそれでもいいのなら」という条件で来てもらった。

小太りの不動産屋のおっさんは家をたいして見もせず、「この線は堅い」と、もの凄い値段を提示してきた。
「あははは、あははは、サンキュウ、サンキュウベリーマッチ」
私は満面の笑みで軽くあしらったあと、
「知ってる?この家の土地コベナンツついてるんだけど。だからそんな値段は逆立ちしてへをこいてもつかないと思うよ」
と言うと、おっさんは自信に満ちた顔で
「ふふふ、私を誰だと思っているのだ。プロの不動産屋だ。その程度のこと知らないとでも思っていたのか。そのコベナンツだが、実は解除されているのだあ!」
「な、なにーっ!」

今や技術の進歩でたとえ工事となっても横堀でできるらしい。
ま考えてみれば、地下3000メートルの石油やガスを横堀、ななめ堀で採掘できるわけだから、足元に埋まっているパイプくらい何とでもできるわな。
ということで、私の家の価値はわずか二年で二倍に跳ね上がったのであった。

むかつく?
いや、あなただって。。。
今ならまだ間に合うかもしれない。
コベナンツの家を探すんだ。
もっとも、永遠にコベナンツかも知れんがね。


中国人豪不動産買い漁り記事(この手の記事は最近毎週一回は掲載されている)
http://www.theage.com.au/business/the-economy/chinese-demand-for-a-home-in-australia-as-strong-as-ever-20150624-ghx2tq.html
スポンサーサイト

極悪非道な株の世界

2015/05/19 19:46|オーストラリアの株、不動産ニュースTB:0
株式市場、一般には上場企業の資金調達手段として知られている。
しかし実際は、一般投資家をカモって食い殺す悪魔の狩場。
今日もまた多くの人が食い殺されたことだろう。

『足ひきの 山鳥のおのしだりおの 長々し夜を 一人カモねむ』

歌意は、『びっこをひいた山鳥の尾を目当てに追いかけ次第に追いつめて殺して食ってやったわ。でも山鳥じゃ腹ははらないぜ。夜が長くてしょうがねえ。明日は俺一人で鴨でもぶち殺して食うか―と思いながら眠ったよ』 というものだが、これはまさに奴らの歌だ。
奴らは株式市場という狩場に餌をまき、小鳥や鴨をおびき寄せては罠を仕掛け殺して食う。
生かさず殺さずではない。殺すのだ。しかし世界に70億いる小鳥達はどんなに殺しても尽きることはない。ちょっとブルマーケットを仕掛け、暴騰株の撒き餌をまき散らせばいくらでもまた飛んでくる。

私はびっこをひき、羽をもがれ、くちばしの折れた小鳥。
その鳥は虫の息で考える。
どうやったら、あんなに意地悪な動きが思いつくのだ?
なぜあそこまで一致した陥穽操作ができるのだ?
いったい奴らはいくら金を持っているのだ?
人の金を合法的に巻き上げて生き血をすする極悪非道のぬすっと、株職人。
果たして奴らに勝つ道は残されているのか?

いや、ぶっちゃけた話、奴らに勝てるはずなどはないし、勝つ気もない。
私のやっていることは、テニスで言うなら、ドヘタの素人がプロと試合をしているようなもの。ランクの低いプロでも絶対に勝てないのに、へデラやナダル、ジョコやニッシーなどのトッププロ相手では球にかすることもできないだろう。
問う。身長169センチ、小太りで、手足が短く、走るのが遅い中年アジア人が、ちょっと練習したくらいで、へデラやナダルに勝てると思うか!?
勝てまい。どう考えても。
私の目指しているもの、それは彼らの球拾い。
つまりおこぼれを頂戴して生きる、市場のコバンザメ。
奴らの動きに同化し、その残飯を食って生きるしか私に残された道はないのだ。

だが、奴らは極悪だ。
自分達だけが儲けようとし、他人にそのチャンスを与えない。
常に大衆の逆を打つ。
メディアが「ニューヨークもロンドンも最高値を更新!先物も騰がっている。今日のASXは騰がるぜ!」
みたいな記事を書くとどうなるか。
たいてい下げる。朝そんな記事が出た今日も下げた。
じゃあ、絶望的な記事が出ればどうなるか。
騰がる。。。事が多い。
最近では$2.8ビリオンの損失発表した途端暴騰したカンタス。当時一株$1、現在$3.5。
豪蔵相、曲げ師ジョー ホッキーの「鉄鋼価格$35予想」発言が出た翌日から暴騰を始めた鉄鋼価格と鉄鋼株(フォーテスキュー、BCアイロンなど。BCアイロンは一日で52%あげた)。
そして昨日予想値以下のデビューをし「あんなもんBHPの残りかす。ろくな鉱床はないし、可採年数も短い」みたいな記事が出たにも拘らず今日13.66%暴騰したサウス32(BHPのスピンオフ。所有資産に南緯32度以南の鉱山が多いことからその名がついた)。
など、殺したくなるくらいに逆手を打ってくる。
ならば悪いニュースが出た時に買えばいいのではないかと思われるかもしれないが、時にそのまま素直に大暴落する場合もある。
その辺の駆け引きがプロフェッショナルに極悪なのだ。

極悪と言えば、私が去年の一時期毎日のようにいじっていた株にフォーテスキュー(FMG)という鉄鋼開発会社がある。鉄鋼系では市場価値においてBHP,RIO,VALE(ブラジル)に次ぐ世界4位であるが、この株など極悪も極悪、極悪非道の極みだ。
この株を私がいじらなくなったのは、完璧な下降トレンドに入ったのと、あまりにも動きが極悪で何度か大負けを食らったからだが、やや上昇トレンド(だましかも知れないが)に入った今も極悪を続けている。
なぜそんなにも極悪なのか。
噂では、とある超極悪ヘッジファンドが筆頭株主兼CEOアンドリュー フォレストの所有する33%の株を狙っていると聞く。
嘘かホントかは定かではないが、鉄鋼価格下落以来、この株が空売りパラダイスと化していることだけは間違いない。

アンドリュー フォレスト、正確にはジョン アンドリュー ヘンリー フォレストという遠山左衛門のじょう景元なみに長い名前なのだが、景元が金さんのように彼もトゥイギーという綽名で表記されることが多い。そんなことはどーでもいいが彼は中国発の資源ブーム時、豪長者番付の一位に輝いた男。
その彼でさえ狙われる。。。。
株式市場とは冥府魔道に百鬼夜行する無間地獄であることよ。

『株』私はハゼ

2015/05/06 21:12|オーストラリアの株、不動産ニュースTB:0
子供の頃のある日,私は瀬戸内海を臨む波止場で釣りをしていた。
狙いはカレイ、しかし竿がしなって上がってきたのはハゼだった。
「ラッキーなやつめ逃がしてやろう」
私はそのハゼの口からブチッと針を外してまた海に戻してやった。
するとその後ものの3分もたたないうちにまた竿がしなって上げてみると、口からだらだら血を流した見覚えのあるハゼだった。
「またお前か…」
私は、そのあまりのアホさ加減に、憐れみを感じまた逃がしてやろうかと思ったが、
(いや、これほどのアホ逃がしても無駄だろう)
と、結局家に持って帰って食うことにした。

哀れハゼはそのアホゆえに私に食われてしまったのだが、今の私はこのハゼと何ら変わらない。
相手がハゼならば私のほうが偉いだろう。勝てる!
しかし相手が人間では。。。私がハゼ。。。負ける。。。
「ああ、世の中の人間がみんな私よりアホだったらどんなに素晴らしいだろう」
何度思ったことか。

豪株式市場、ASXという海において私は何度も同じ餌で同じ仕掛けで同じタイミングで釣り上げられているハゼである。
「あははは、このアホまたかかったぞ!」
相場を動かしている大口の仕手屋どもは、それこそ大口を開けて馬鹿笑いしているに違いない。
かつてハゼを馬鹿にした私のように。

なぜ負けるのか?
こんなに本を読んで、ネットで研究もしてるのに。。。
本にはゴールデンクロスで買いましょう、と書いてある。
短期の移動平均線が長期の移動平均線を、まさに下から上に突き抜かんとするとき、
「おおお、ゴールデンクロスじゃあ!」
私はマウスを右人差し指でクリックする。
DONE VOLUME の横に私の買った銘柄の株数が表示される。
「ようし、そこだ、下からズコーンとズコーンとぶち抜ぬけえ!」
だがなぜか私が買った直後に、あらら、短期の線が突然萎びてしまうのだ。
これをオーアオの急性インポクロスと呼ぶ。

「ようし、ならばぶち抜いた直後に買ってやれ!」
私は今度は、短期線が長期線を抜いてから買う。
「ようし、ぶち抜いたぞ!そうだもっと突け!もっと力強く突き上げるんだあ!」
だが、その直後「へ?(目が点)」突然ヘタレてまた長期線の下に戻ってしまう。
これをオーアオの出ちゃった早漏クロスと呼ぶ。
「ええい、本の嘘つきめ!俺が買ったら即デッドクロスじゃねえか!」

私はゴールデンクロス戦法に愛想をつかし、次にボリンジャバンド戦法に切り替えた。
ボリンジャバンドとは前世紀にジョン ボリンジャとかいうアメリカ人が開発したもので、株価は大体そのバンドの範囲内で動くという建前になっている。
その範囲は基本的に三本の線によって形成され、中線が21日の移動平均線、そして上線に当たったら下がる、下線に当たったら上がると本には書いてある。
「ようし、下線に当たったぞ!」
私は喜び勇んでマウスをクリックする。
するとどうだろう。。。
「下線が、下線がああ!」
どこまでもどこまでも下に伸びていくのだ。
「これじゃあ、アントニオの顎じゃねえかっ!」

そう、所詮ボリンジャの下線も上線も株価に沿って無限に伸びていくのだ。
ASXにストップ高とかストップ安とかは無い。
前場も後場もない。
ボリンジャの下線は休むことなく延々と下に伸びていく。
朝買った株が、一日中ぶっ続けで下がりっぱなしということもある。
かつて一日で90%以上下げた伝説のセントロ株、リオティントほどの大企業でも一日20%以上下げたこともある。
「ボリンジャのアホ~!」
何度私は叫んだことだろう。

その他私は、RSI、MACD、ストキャス等も試してみたが、すべてがすべて騙しの巣窟。
そりゃあみんながみんな同じテクニカルチャートを見ているわけだから、騙すほうはそれを利用しない手はない。

ならばファンダメンタルをチェックして長期のバフェット戦法かっ!
P/E 、P/B、PE/G、ROE、売上、配当、借金比率。。。 
いや。。。
そのやり方は過去10年やった。
確かにあれは金があれば勝てる。
大暴落した時に持ちこたえられるだけの金があれば勝てるし、そこでナンピンできればボロ儲けもあるが、なければ振り落とされて終わる。
「金持ちはより金持ちに。貧乏人はより貧乏に。」
いつの時代も変わらぬ世の鉄則だ。

では、スイングか!?
これは五日前後で売買するもの。
はっきり言って、当たればこれほど効率のいいものはない。
多くのトレーダーがこの手法を使ってはいるが、逆を突かれた時のダメージはかなりでかい。
それにオーバーナイトしなければいけないから、根性も座ってなければいけない。
私のように資金に乏しく、肝っ玉だけでなく金玉もけつの穴も小さい貧乏小心者には辛いものがある。

そこでデイトレなのだ。
これは最もリスクが低いし、朝一で乗れれば結構稼げる。
手数数は嵩むが、たいていの場合大企業のマーケットセンシティブなアナウンスメントはオープンの10時前に発表されるから、それが悪くてもうろたえることはないし、キャピタルレイズ(株式増発)のためのトレーディングホールト(取引一時停止)を食らう率も大きく下がる。
大型株でも時には5%下げた後5%上げる、10%下げた後0まで戻す、といったようなこともあり、特に資源株は動きがでかい。
だが、そうは簡単に勝たせてはくれない。
また本に書いてある通りやればかなりの確率で負けるだろう。
なぜかって?
当たり前だ。
必勝法なんてあったら誰にも教えるはずがないっ!!
本に書く時は、そのやり方がバレバレになって通用しなくなった時。
だから本やネットのタダ情報は、あくまで予備知識以外の何物でもないということ。
ネットなんて、麻雀放浪記のドサ健のインチキ麻雀教室と同じようなのがある。
嘘ではないけれども、その通りにやってくれると大口がかもりやすい。
世の中タダほど高いものは無いのだ。

さて、今日は恥じらいもなく、知識的にはド素人の生兵法をひけらかしてしまったが、書いてよかった。助かった。
というのは今日昼前、私はもう少しでコモンウェルスバンク(CBA)とうウールワース(WOW)を買いそうになった。
ASX200は朝からマイナス1.5%以上の大暴落。
特にCBAとWOWはのっけからマイナス3%のギャップダウン(寄りの大窓下げ、大窓上げはギャップアップ)で始まった。
四半期の決算報告が悪かったからだが
「どうせ午後からはバーゲンハントが入って戻すだろう」
ともう少しで買いそうになった。
その時、ふとTHE AGEのライブレポートを見ると「午後からはバーゲンハントが入るだろう」と同じことが書いてある。
「やばい。。。」
AGEの記事に従うのは地獄にネギをしょって飛び立つ鴨と同じ。
「でも買いたい!やっぱり買いたい!」
私はその葛藤を紛らわすためにブログを書くことにしたのだ。

結果、現在16時13分。
引け後のシングルプライスオークションも終わり、CBAはなんとマイナス5.85%、WOWはマイナス5.03%! オールオーディナリー(ASX500)はマイナス2.15%、ASX200はマイナス2.3%!
もし買ってたら。。。
「はいちゃらばーい」
いつものようにハクション大魔王が壺に帰る時のノリで損切する羽目になっていただろう。

有難うブログ。
有難う読者のみなさん。
でも株の話題なんてなあ。。。やっぱシモだよな。。。シモはみんなわかるもんな。。。

つれづれなるままに…

2015/03/31 12:32|オーストラリアの株、不動産ニュースTB:0
つれづれなるまゝに、日暮らし、硯(すずり)に向ひて、心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、怪しうこそ物狂(ものぐる)ほしけれ。


とは兼好法師とかいう昔の人が書いた随筆らしいが、今の時代、書道でもやってないかぎり硯になど向かわないだろう。
向かうとすればコンピューターの画面だ。
その画面に映りゆく怪しいサイトを見ていると、物狂おしくなって手がつれづれなるままにそこはかとなく動き出す。
私だけではあるまい。

ブログを休止していたのには理由がある。
私は今、猛烈に忙しい。
株のデイトレに命を懸けている。

今まで長期中期短期とやったがトータルで負け。

それで検討を重ねた結果残ったのがデイトレだ!
デイトレなら寝ている間にニューヨークやロンドンで何が起ころうと知ったこっちゃない。
夜は「よ~し明日はぼろ儲けだ!」と非現実的な夢に浸って熟睡だ。
あのゴルフの前夜にスコアが69くらいになってしまうのと似ている。

だが世の中そんなに甘くない。
ゴルフの1ホール目がトリプルボギーなように最初の30分でギャフンと言わされる。

そして勝てない私はフラストレーションの塊となり喚き散らす。
「なぜ勝てないんだよおおお!」
「なぜ俺が買ったら下がって売ったら上がるんだよう!」
「なぜ俺が買わなかったら上がって売らなかったら下がるんだよう!」
「畜生、本に書いてあるじゃねえか!この通りやったら必勝ってっよ~!」
「その通りやったら必敗じゃねえかよ~!死ねボケっ!あほーっ!」

そして負けた時、怒り狂った私は、怪しいサイトにアクセスし、怒りの負けズリで気晴らしするのだ。

そんな私もたまには勝つ。
そんな時は嬉しくって嬉しくって勝利の勝ちズリ。

しかし、毎日毎日株を買うわけではない。
たまには買わない日もある。
そんな日は、退屈しのぎの暇ズリ。

ようするに負けても勝っても買わなくても行きつく先はずりせんなのだ。
今の私は40代だが高校時代をはるかに凌ぐずりせんをしている。
おかげで病気になった。
「このままではいけない!」
と思い久しぶりにブログを書いてみたのだ。

も~誰も読んでないわな……

豪で巨大油田発見される!

2013/01/24 15:25|オーストラリアの株、不動産ニュースTB:0CM:4
資源開発会社リンク エナジーが南オーストラリア州のクーパーピーディー周辺に推定230ビリオンバレル以上の石油が存在すると発表した。
埋蔵量の信憑性に関しては現時点では不明な点が多く、さらなる調査、試掘が予定されているが、もし上記数字が事実であると、その価値は$20トリリオン(約2000兆円)以上、豪は一躍石油輸入国から輸出国に転換することになるという。

尚リンク エナジー株は昨日10%、今日約30%の上昇を見せている。
同株は昨年八月は$0.46、それが今日午後は$2.70前後で取引されているが、2008年9月には$5.39の最高値を記録している。
402821-oil-search-map.jpg

コメント
豪は2020年には世界最大の天然ガス輸出国になるといわれていますが、これにもし230ビリオンバレルの石油が加わると、石油に置いても一躍世界のトップクラス。
サウジに次いで二位とか…。

まだお得意の「な~んちゃって」の可能性も高いそうですが、なんせちゃらんぽらんな豪の事ですからね、もしや見逃していた!?なんて期待を持てなくもありませんね。

879738-world-oil.jpg

リンク エナジー カンパニーアナウンスメント
http://imagesignal.comsec.com.au/docserver/01375453.pdf?fileid=01375453&datedir=20130123
&edt=MjAxMy0wMS0yNCsxNjowNzowMCsxMjArMCtjb21zZWMrcmVkaXJlY3QrL2ltYWdlc2lnbmFsL2Vycm9ycGF
nZXMvUERGVGltZW91dC5odG1sKy9pbWFnZXNpZ25hbC9lcnJvcnBhZ2VzL3BkZmRlbGF5ZWQuanNw

関連記事
http://www.news.com.au/business/companies/trillion-shale-oil-find-surrounding-coober-pedy-can-fuel-australia/story-fnda1bsz-1226560401043

http://bigpondnews.com/articles/TopStories/2013/01/24/South_Australia_the_new_oil_hub_for_Aus_838578.html

http://www.theage.com.au/business/20-trillion--not-reality-check-for-linc-oil-find-20130124-2d8zf.html

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。