笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


超くさい部屋に住む美少女と便器の水

2017/06/07 21:30|メルボルンライフTB:0
私の家に17歳の美少女がホームステイしている。
国籍はインドネシア。今まで私が見たインドネシア人女性の中で一番美しいと言ってもいいだろう。
その美少女が最近部屋がくさいと言った。
どれどれと私は彼女の部屋に入りくんかくんかしたかったが、ホームステイのエージェントがホストファーザーには絶対気を許すなと少女たちに伝えているため気軽に入るのは気が引けた。
そこで嫁にチェックしてもらったのだがやはりくさいという。
ただし匂いの元はよくわからないとのこと。
とりあえず私は家の中のすべての排水口、便器などに除臭ペレットをまき、ドメストス、パインオクリーンなど除菌剤を流し込んだ。
彼女の部屋には小さな流しがついている。
そこは嫁にやってもらい、また嫁が彼女の部屋と隣の部屋に芳香蝋燭を炊いた。
その後、彼女は匂いはだいぶ良くなったとは言ったが完全に消えたとは言わなかった。
しかし
「もう気にならないわ」
とにこりとした。

それから一週間ほどたった頃、
「おい、あの部屋むちゃくちゃくさいぞ」
と息子が私に言った。
「なにっ!お前が匂うだとっ!?」
息子の鼻はぶっこわれている。
私が車の中で殺人級のすかしっぺをしても奴の鼻はピクリともしない。
その嗅覚のほとんどない息子が臭いと!?

もはや一刻の猶予もならない。
私は彼女のいない時、部屋に入ろうとした。
だが私が一人で入ったらパンツの匂いを嗅ぐためだと疑われてしまう。
そこで私は嫁と一緒に入った。
ドアを開けた瞬間。。。
「なんじゃあこりゃああああ」
私はそのあまりの悪臭に吐き気を覚えた。
その匂い、なんと形容すればいいのだろう。
まるで屁とゲロと歯くそとチンカスの混じったような、そんなおぞましい匂いだった。
「彼女はこの部屋で寝ているのか?いやどうやったらここで寝られるのだ!?」
この部屋にこれ以上彼女を住まわすことはできない。
丁度その時、もう一人のホームステイの少女が中国へ里帰りしていた。
「かまわん。その部屋に寝てもらおう。この部屋は絶対にアカン!」
嫁は、もう一人のホームステイの少女の部屋を手早く片付けベッドのシーツを替えた。
そうこうしているうち、くさい部屋の美少女が帰ってきた。
「あの部屋はダメ。匂いの元を断ち切るまでここで寝てもらう」
と私が言うと彼女は
「そんなの嫌よ。私はあの部屋がいいの。他人のベッドでなんて眠れないわ」
とあの悪臭部屋で寝ると言ってきかない。
「病気になるぞ!」
「ならないわ。もう慣れたし。多分下水パイプが漏れてるのよ」
と彼女は軽く言った。
そしてその夜もその激臭の部屋で眠った。
「これはまずいぞ。。。彼女が死んでしまう。。。」

私は翌朝床下に潜り込み、ゴキブリのようにはって匂いの元を探そうとした。
しかし床下の幅は狭く、セントラルヒーティングのパイプが大蛇のようにのたくっていて、どうしても肝心の台所周りと彼女の部屋の下までたどりつけない。
あと5メートルと言うところまで近づいた。
しかし床下の土は乾き、匂いは全くない。
いったいなぜ彼女の部屋だけあんなに匂うのだ?

事は急を要する。
その日の午後早速プラマー(配管工)に来てもらった。
「ん、この匂い、以前も嗅いだことがあるぞ。。。」
若くて男前のプラマーはそう言いつつ彼女の部屋の隣にあるバスルームを開けた。
但しそこはバスルームとしてではなく物置として使われている。
「水がないじゃないか!」
プラマーは、そのバスルームの洗面台をのぞき込んで言った。
「あ、そうか!」
そう言われて私も気づいた。
なんとうかつだったのだろう。
長い間使われてなかったバスルームの二つの排水口の水溜は空になってしまっていたのだ。
しかもそこだけは除菌剤も流し込んでいない。
ああ偉大かな水。
その水が下水から上がってくる匂いをブロックしているのに、今の今まで気づいてなかったとは。
何という観察力の無さ。
なぜ便器に水が常に溜まっているのか。
それは硬いうんこを溶かすためだけではないのだ!
あの水がないと下からうんこの匂いが上がってくるのだ。
ごめんよホームステイの美少女。私のアホさゆえに君に不快な思いをさせてしまった。
しかし彼女のというか人間の鼻の順応性には正直驚かされたよ。
それとも、彼女の鼻もまたぶっこわれているのだろうか。

原因不明の悪臭。
ただ水を流せばよかっただけなのにプラマーに150ドルも払ってしまったよ。
皆さんはこんなバカな奴の真似はしないでくださいな。
スポンサーサイト

【豪】法外な光熱費の請求書が送られて来た…

2016/08/28 20:22|メルボルンライフTB:0CM:0
それは今年の夏の事だった。
南半球の豪では夏の盛りの一月末、私の家に法外なガス代の請求書が送られてきた。
二か月分(63日)、$976.44
一日の平均使用量は 1065.28MJ

「おいおい冗談はやめようぜへへへ」
封筒を開けた瞬間私はそう呟いた。


昨年同時期の一日平均使用量は 80.80MJ
実にその13.2倍である。

ありえない数字であった。
なぜなら今年は去年の同時期に比べ、居住者が極端に少なかったからである。
息子は一か月ほど日本に行き、ホームステイの内一人は二か月の里帰り、残りの一人も旅行に行ったりして、その請求期間二か月の平均居住者は大体三人だろう。

それに比して昨年は、イギリスから嫁の親戚二人が泊まりに来ていて、それにホームステイの二人、家族(わし、嫁、息子)の三人を足して実に七人が同居していた時期が一か月あった。
うちは、料理台、熱水、ヒーターがガスで賄われているから、当然居住者が増えればガスの使用量も増える。
だから普通に考えれば今年の方が去年よりはるかに安くなければならない。
しかも真夏である。 当然ヒーターは一度として使用されていない。
であるのに、なんじゃこの数字はああああ!!!


私は普通にメーターが壊れていると思った。
そこでAGL(うちの電気ガスエージェント)に電話してメーターチェックをしてもらうことにした。
メーターが壊れていれば無料、そうでなければ有料$150と言う条件だが、私はメーターが壊れていると確信していたのでやってもらった。
ところが結果は。。。
『異常なし。よって請求額は正しい。かつテスト料$584も払うこと』
との通知が来た。
「な、なんやとお! それになんでテスト料が$584なんやねん?」
私はうろたえると故郷の関西弁に戻る。
「こんなもん払わんぞ!絶対払うもんか! おいお前ら常識をもって判断せえ!こんなん一般家庭の使用量ちゃうわい!工場やないかい!三人しか住んでない家のしかも夏場に、誰がこんだけも使えるんじゃい!おうっ」
と言った感じで何度もAGLのクレイムレゾリューションデパートメントに電話した。
断っておくが豪において本来ならばいかなる場合においてもこういう頭ごなし的な態度で臨んではいけない。それは自分の立場が上であっても下であっても同じこと。軽蔑され、逆効果になるだけなのであるが、今回の場合ちとあまりにも対応が遅いかつ調査の度合いが疑わしかったのであえて意識的にそういう話し方をした。
それでもAGLの回答は変わらない。
私は再調査、再々調査を依頼し、その間ガス代は保留、六か月たった時点で$1755になっていた。
しかし、その法外な請求額の後、使用量は4か月連続で去年までの水準に戻っていた。
AGL側は払え、私は払わん、を続けていたが、AGL側がテスト料は無料にする、オンタイムペイメントディスカウントも全て適用する、だから払えと多少折れた。
それでも骨のある奴ならば、払わんと突っぱねたり裁判に持ち込んだりするだろう。
だが私は骨がない。骨なしクラゲのような人間だ。それにその時点でかなり面倒くさくなっていた。
「じゃあ、あと20%負けてくれたら払うよ」
と言ってしまった。
AGLは呑んだ。
そして不本意ながら、その額を払ってしまったのだ。
ああ、なんというヘタレ。だから何をやってもダメなのだろうなあ。

だが話はここで終わらない。
そしてこの冬。また法外な請求書が送られてきたのだ。
今回は二か月で$441.90。 
使用量450.22MJ。
前年同期76.82MJ のほぼ6倍。
前回ほどではないにしてもでかすぎる数字だ。
「ぬううう、もはやこれまで!」
私は、光熱水道オンバッズマンにそれまでのいきさつを詳述したメールを送った。
すると早速その翌日にピーターさんという感じのいい男性から電話がかかってきて、何が希望であるかと聞く。
「希望は法外な請求額を棄却し、請求額は去年までの平均使用量を元に算出してもらいたい。新しいメーターを無料で設置してもらいたい」
と二点を伝えた。
するとピーターさんは「今回の請求額はいくらくらいが適切であるか?」と聞く。
「冬場でヒーターも使っているから$150くらいかな。。。」
「では$150だけ払いなさい。あとはまかせておきなさい!」
とかなり自信ありげに言った。
「大丈夫かいな。。。」
正直言って私はこの時点で何も期待はしていなかった。そして彼のアドバイス通り$150だけ払った。

その二週間後今度はエイミーさんと言う女性のスタッフから電話がかかってきた。
「請求額は去年までの平均使用量が適用されました。従ってこれまでの超過支払い分は払い戻し。現在あなたのガス口座は$1250のプラスです。尚新しいガスメーターの設置はプロによって正常機能が確認された直後と言うことで却下されました」
と優しい口調で伝えてくれた。
なんと、私があれだけ食い下がってもダメだったものが、オンバッズマンに頼むとあ~ら不思議、ものの見事にほぼ希望通りに解決されてしまったではあ~りませんか。
実はオンバッズマンに連絡する前、AGLの人にも周りの知り合いにもオンバッズマンに言っても無駄と言われていたのだが、いやあ、人の言うことがいかにあてにならないかまた実証されてしまったよ。
ということで、今回の件はめでたしめでたし。
ぼったくられることなく渋々払った金も返ってきて、オンバッズマンのピーターさんやエイミーさんに心から感謝する次第となったのだ。
もっとも根本的な原因が何か突き止める作業は残っているが。。。
尚オンバッズマンは無料であった。

要は何が言いたかったか。つまり法外な請求書を食らったらオンバッズマンに連絡したが良いということ。 一行で終わるがな。
それを、長々と400字詰め原稿用紙4枚ほどもかけて書いてしまったよ。ご精読お疲れ様でごぜーますだ。

Energy and Water Ombudsman (Victoria)
http://www.ewov.com.au/
Ring us: 1800 500 509 (Freecall)
If you are calling from a mobile, tell us and we will call you back

If you have a restricted service:

call 12550 (Telstra reverse charges)
quote 0386724460
we will accept the reverse charges and call costs.

Lodge a complaint online: Online complaints form

Email us at: ewovinfo@ewov.com.au

Write to us: Reply Paid 469 Melbourne VIC 8060 (we accept letters in Braille)

Fax us: 1800 500 549 (Freefax)

Interpreter service: 131 450 (you can call us on 1800 500 509 and we will organise an interpreter for you).

Finding Dory 星5つってマジ?

2016/06/20 18:29|メルボルンライフTB:0
私は滅多なことで映画館には行かない。
最後に行ったのは5年前の事だ。
今時映画なんかなんぼでもネットで見られるのになんでわざわざ映画館に行って椅子に座ってじっとして見なければいけないのか。
それにみたいと思う映画が殆どない上に映画自体が年々面白くなくなってきているというのも理由だ。
特にディズニーは嫌いだ。
昔っから嫌いだったが今はもっと嫌いだ。ディズニーの映画と聞いただけで虫唾が走る。
そんなディズニーを憎悪する私がなぜディズニーの映画を見てしまったのか。
それには深い理由が。。。あるわけないじゃん。
がしかし、たいした理由ではないがそれなりの些細な小市民レベルの理由があるのだ。

私の家には、一年以上ホームステイしている18歳の少女がいる。
彼女が初めてうちに来たのは17歳の時。
その彼女と私の間に、愛が芽生えた。。。わけではない。
そんなことになったらヘラルドサン(メルボルン1の新聞)の表紙になってしまうし、今後ホームステイが来なくなってしまうからね。あ、その前に嫁に殺されるわ。
だから私も自重はしている。
せいぜい青空にひらめく若々しいパンツを見て、「ああ生まれてきてよかった。。。」と両親に感謝する程度だ。

そのホームステイの彼女がついに我が家を出ることになった。
私がヨバッタ。。。からではない。
やはりホームステイは高いし、友達とシェアして新たな環境に暮らしたいというのが理由だが、もしかしたら彼氏ができたのかもしれない。
もしそうだったら残念だ。そして悔しい。
なぜこんな気持ちになるのか。
実はこの子の前のホームステイも20歳の女の子で、その子も半年ほどうちにいたのだが、彼氏ができたとたんうちを出ていった。
家を出る前に彼氏を連れてきたのだが、その時も胸の焼けるような不快感に襲われた。
私はその子が特別可愛いと思ったこともないし、ましてやズリネタにしたことも一度もないのだが、何とも言えぬ切なさを感じたのを覚えている。
なんだこの不快感は?とその時は分からなかったが、後から考えてみると、あれぞまさに父親の気持ちだったのだろう。
「よくもワシの娘をこんなクソ野郎に!」
娘を持つ父親は皆こう心の中で叫ぶのだ。
もっともその娘が30歳を超えたらガラリと態度も変わるだろうがね。
「捨てたら殺すぞ!」
みたいに。

さて話を戻すが、その一年以上うちに住んでいる18歳の少女のお別れ会をすることになった。
最初は家でパーティーをという話だったのだが、はにかみ屋の彼女は、そんな事されたらはずかしいと言うのでレストランにいくことにした。
メンツはうちの家族三人と、これもうちに一年以上いるホームステイの25歳の男、そして彼女の5人だけだ。
グレンウェーバリーのキングスウェイスクエアの漢字(かんじ)という日本食レストランに行った。最初は和屋(わや)というレストランに行く予定だったのだが、満席且つ行列ができていたのでやめた。
私は絶対並ばない主義でね。すぐに座れてそこそこ見栄えのいい店ということで「漢字」という二階にある店にしたのだ。

その店、スタッフは殆どが中国人だったようだが味は悪いとは思わなかった。値段もそこそこだったし、まあいいんじゃないのと言った印象だったのだが、前菜を皆が食べ終わった後、18歳の少女が、やや思いつめた顔をして席を立った。
(かわいそうに。。。うんこなんだな。。。)
私は素直にそう察し、そんな彼女からそっと視線を離した。
その後彼女が席に戻ってきて皆メインミールを食い終わった後、うちの子と(もう大人だが)、ホームステイの男が「たこ焼きを食いたい」と言ったので、追加でそれを頼むことにした。
するとウェイトレスが。。。
「支払いはもう終わっていますが。。。」
と言ったのだ。
「何っ!?どういうことだ!?」
と私が言うとウェイトレスは、18歳の少女を見た。
「私が払ったんです。これまでお世話になったお礼です。。。」
彼女は涙ながらに言うではないか!
彼女はあの席を立った時に誰にも言わず支払いを済ませていたのだ。
ああなんという可憐!何という奥ゆかしさ!
私は感動した。
そして恥じた。
そんな彼女の純情(こころ)を知らず。。。うんこだと、自分のレベルで決めつけてしまっていたのだから。。。
ああ、私は何というダサい男なのだろう。ダサいダサすぎる。
こんなことじゃいけない。
私は18歳の少女に人の道を教えられ、自らを深く反省した。

「いやあわりいなー、おごってもらって、ありがとー」

ってやったら、私は人間失格だろう。
もちろんその分は、後で彼女に払った。

さて店を出てから、まだ時間も早いし、どこかへ行こうということになった。
男のホームステイがカラオケを主張し息子がそれに同意したから、最初はカラオケ屋に行くことになったのだが、どうも女二人は乗り気でない。
道を歩いていると「Finding Dory」の映画の宣伝板が映画館の外に立っていた。
「あ、これ見たい」
18歳の彼女がそう言った。
今日の主役は彼女だ。彼女がそう言えば、みな従わなければならない。
「お、いいね!」
私は心にもないことを言った。
心の底では死んでも見たくねと思いつつも、彼女の優しさに打たれた今、そんな態度はおくびにも出せない。
映画は3Dだった。
実は3D映画を見るのは初めてで、その映像は、まあすごいんじゃないのと思ったが、内容は予想通りカスだった。
特別なメガネを1ドルで買わされて見たのだが、その立体感。映画の間中ずっと私は、これもしかしてAV女優も仕事が無くなるんじゃねえの?と彼女らの心配ばかりしていた。

映画を見た後、嫁が「キュートな映画だったねえ」と満足げな声で言う。
18歳の少女も「うん」と笑顔で頷いた。
その笑顔に嘘はなかった。
「あんたもよかったと思うでしょ?」
今度は嫁が私に聞いた。
「おおお、おうっ」
私は歯をにっと見せ満面を皺にして笑った。
その笑顔は全て嘘と言ってもいいだろう。
25歳の男ホームステイが私のそばにつつつと近づいて耳元で
「本気でそう思う?」
と囁いた。
「んなわけねーよ」
二人は目をニカッと合わせて頷いたのだった。

家に帰ってから、私はネットでFinding Dory のレビユーをチェックした。
「え、嘘?」
どれもこれも、4スター、もしくは5スターになっているではないか!?」
世の中どこか狂ってる!
最近こう思うことが多いのは私だけだろうか。
もっとも少女の純情をうんこと勘違いするような奴が言っても説得力はないがね。

日常の些細ではあるが妙にむかつく事象

2016/05/11 12:58|メルボルンライフTB:0
世界には水もまともに飲めない人たちもいるという。そんな人達と比べると日本や豪で暮らす私たちは「ああなんと幸せなんだろう」と感謝しなければならないのかもしれない。
がしかし、下には下がいて上には上がいる。
欲しいものは何でも手に入る。女も毎晩とっかえひっかえより取り見取りだ。
なんて大金持ちと比べると、なんか人生不公平だなあと思ってしまう。
よって、下とも上とも比べず、今の自分のあるがまま、ごく自然に心の赴くまま、むかつくものはむかつく、それでいいじゃないか。

以下は私の日常における、些細なむかつきリストである。

1. カチョラリー(ナイフやフォーク)が床に落ちた時。
そのナイフにべっとりとソースとかがついていて、それが床に散らばるとムカつき度もひとしおだ。

2. ドアノブに袖が引っかかって引っ張り戻された時。
あれ狙ってもなかなか引っかからないのに急いでいる時とか妙に引っかかるんだよな。


3. シャワーを浴びた直後にうんこがしたくなった時。
若い頃はシャワーを浴びなおしたりしていたが、40も半ばを過ぎた今、これは以前ほどムカつかない。最近はケツを拭くのもテキトーだ。

4. 電気やネットなどのトラブルでクレームの電話をしたらオートアンサーでそのオートに「何を言ってるのかわかりません」と言われた時。
私は素直に殺してやりたいね。


5. そのオートアンサーはクリアしたが繋がった先がフィリピンやインドで結局何を言っているのかわからない時。
この前テルストラに電話したらフィリピンにつながって何を聞いても5分10分待たされて、後ろで子供の泣き声がした。「なめとんのかワレ」って日本語で言って切ったよ。

6. エロサイトを見ている時、さあビデオ見て抜くぞとクリックしたら突然青い画面になって「このコンピュータはウイルスに感染しています。今すぐアクションを」と大騒ぎして画面右上のxを押しても絶対消せない時。 
許せない。

とりあえず、そんなとこかなあ。
皆さんはどうですかな?

しかしなんだ、こんなこと書いて、一体何の意味があるんだろうね。

駐車違反の罰金『無駄な抵抗はやめて金を払いなさい』

2015/08/04 14:14|メルボルンライフTB:0
便器に座る前にプスッとやると、座った後ちょうどその空域に鼻の位置が来てとっても臭い。
特にその日は「これなら人を殺せるかも」というくらいの殺人級だった。
そんなやばい匂いの土曜日、私は嫁と嫁の友達を載せてエッセンドンのマーケットに行かなければならなかった。
車の中、私は歯をくいしばって耐えた。
そして嫁と友達を下した後、ケイラ―ロードのマックへ行き、その駐車場で思いっきりブオオオオッと放出した。
しかし問題はその匂いの元を絶たねば解決しない。
そこで私はきつめのコーヒーを飲み、食いたくもないのにベーコンエッグマクマッフィンにハッシュブラウン、アップルパイを食い、強引に出そうとした。
しかし出ない時はなかなかでない。
私は2杯目のコーヒーを飲み、新聞を読みながらその機を待った。
待つこと一時間弱、とうとうその時が来た。
「ふう、これでちょっとくらいスカしても大丈夫だ」
下腹のすっきりした私は、意気揚々とマックを出た。
ふと車を見ると、ワイパーに紙のようなものが巻かれてある。
「まさか。。。」
駐禁切符を見た時の嫌な感覚が私の脳裏をよぎった。
近づいて確認してみるとやはり駐禁切符だ。
$76払えと書いてある。
「なんだと!あんなまずいもんに10ドル以上とっておきながら、まだこんだけも払えだと!」
その時私は心からマックが憎くなった。
黄色いMをじっと睨み「おぼえてろよ」とならず者の捨て台詞のように叫んだ。
たかが$76で40過ぎたおっさんがそんなに怒らなくても。。。と思われるかもしれない。
しかし、私にはそれだけの理由があった。
その土曜の朝、広いマックの駐車場はガラガラだった。
占有率は三分の一以下だっただろう。
しかも駐車時間はせいぜい一時間ちょっと。
規定駐車時間は45分となっている。
それをたった15分越えただけで。。。しかもこんなにガラガラなのに。。。
だいいち、子供の誕生パーティーとかやってたら45分で出られるはずないではないか!?
「何考えとんじゃ、アホマックは!?」

罰金の発行元はムーニーバレーカウンシル(市役所)となってある。
「カウンシルか。。。」
豪カウンシル、善良な市民から搾り取り、怠け者に分け与える理不尽な代官所。
また警察と違い、罰金には無慈悲と知られている。
しかし私はあきらめず、上記の内容を文章にし、再考を願うとメールを送った。
あ、もちろん屁が臭すぎてうんこを出す必要があったと、そこまで正直には書いていない。
ただ腹の調子がおかしく、車に乗れた状態ではなかった―と書いた。大体あってる。

そしてその返答が今日送られてきた。
メールを送ってからわずか一週間。早い。
私は封筒を開けた。

『無駄な抵抗はやめて金を払いなさい』

ぬうううううううううう。。。
「許さん!」
img_0.jpeg

おのれマックめ!
今度からうんこしても何も食ってやらないぞ!

検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.