FC2ブログ

笑顔の下の本音をさらし、心の奥底の情念をむき出しにし、意のままにならぬ世間をぼやき、たいしたことも無い日常をご報告するブログです。

オーストラリアの青い空
http://melozy.blog.fc2.com/ presented by おーあお

プロフィール


おーあお

Author:おーあお
1990年より在豪、6年シドニーに住んだ後、メルボルンへ。
嫁は英国人、息子はオージー。そして私は日本人。国籍もバラバラなら思想もバラバラ、何もかもバラバラなまとまりのない家族です。
唯一の共通点は、猫好き♥


最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カレンダー


11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク


全ての記事を表示する


スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひどい肩こりもこれで解消 簡単無料自宅で数分 自作画像付き

2018/11/05 20:11|医療関連TB:0
私は小学生の頃から肩こりがひどく、父は
「お前子供のくせに肩がこるようじゃ。。。」
とよく言っていた。
父は「長生きせんのう」と続けようとしたのであろうが、さすがに子供に面と向かって「早死にじゃ」とは言いにくかったのであろう。
だが日頃の父の言動からその続きの言葉は容易に推測ができた。

そうか僕は長生きしないんだな。。。
と私は子供の頃から常々思っていた。
そんな私もなんやかんやでもう50が近い。
昔なら死ぬ年頃だ。
人間50年下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり。。。
と信長公はうたいかつ舞った。
しかしなすこともなく生きてきたこの私がメルボルンの中古物件の一室でうたい舞ったところで誰が見てくれるだろう。
ユーチューブにのせてもアクセスは20も行くまい。

しかし50が近づいてきたのは体でわかる。
肩こりがひどいのだ。
朝起きるとこの肩こりのせいで気分が悪い時もあった。
若い頃はサロンパスやエレキバンのようなものでも結構効いていたがもう効かない。
最近はマッサージも何度も行った。
指圧もうけたしディープティシューマッサージとか言うのもやってもらった。
指圧は多少効くが一時的だ。
三日もすれば元に戻っている。
ディープティシューはぜんぜんディープではなかった。
オイルを塗って表面をなでなでしただけだった。
当然効かない。
ハービィーノーマンで買った電気按摩器も効かない。
2KGの鉄アレーで肩をばっこんばっこん殴っても効かない。

肩こりのせいで憂鬱な日が続く。
指圧マッサージは効いてもせいぜい三日、しかも金がもったいない。
一体どうすればいいのだ。
カネがかからず、簡単に自宅で短時間で治せる方法はないのか?
そんな時、ふと父が子供の時伝授してくれた肩こり解消法を思い出した。
「こうしたらなあ、肩のこりがほぐれるんぢゃあ」
その方法はいたって簡単。
両腕を思いっきり開き手首をグルグル回す。
Drawing.jpeg

そのうち肩から首の付け根にかけて焼けるような痛みが広がってくる。
それでも続ける。
限界まで続ける。
そうすると腕を降ろした後、肩がふっと軽くなるのだ。
私はそれを一日二回。もう一週間以上続けている。
まだ完璧に凝りが取れたわけではないが随分と楽になった。
夜は良く寝れるし、朝の不快感もない。
これは私の勝手な推測だが、肩こりというのは俗にいうインナーマッスル、つまり内側の筋肉が凝り固まって不快をもたらしているのだと思う。
だから外からいくら押しても効果は限定的なのではないか。
それよりも内筋を動かす運動。
それが大事なのではないかなと勝手に納得している。
生兵法は怪我の元と言うがこの程度の運動では怪我もへったくれもない。
肩こりにお悩みの方、試してみられては。
スポンサーサイト

消えた痔(ぢ)

2018/10/03 12:11|医療関連TB:0
皆様大変お久しぶりです。お元気ですか?
僕は痔です。
もう十年以上ケツの穴のすぐ横に痔ができていたのですが、それが最近巨大化してかなり痛かった。
出血も時々あって将来はガンになるのではないかと危惧していました。

色々な薬を試しました。
日本ではボラギノールを使っていましたが、豪ではRECTINOL と ANUSOL という市販薬を使っていましたが、RECTINOLは全く効果がなく、ANUSOLは多少効きましたがケツがかゆくて夜眠れないほどになり、かき過ぎてパンツが破れたりしたのでやめました。
その他、薬屋に売っているものは全て試しましたし、1チューブ40ドル以上もする処方箋も試しましたが全くダメでした。
この処方薬はドイツ製でドクターがよく効くと太鼓判を押したのですが駄目でした。
一体どうすればこのしつこい痔を退治することができるのでしょう、それともやはり手術して切らなければならないのでしょうか。
言っときますけど僕は20才で痔の手術をしました。
その病院からの帰り、タクシーを拾ったのですがその運転手が、痔は切ってもすぐ出てくるよ。と絶望的なことを抜かしました。
その予言通り、痔はすぐに復活してきました。だから切っても意味がないのです。

ところで僕は水虫でもあります。
足の小指と薬指の間がぐじゅぐじゅしてかゆい。
これも色々薬を試しましたが駄目でした。
随分悩まされましたが、最近風呂の後にドライヤーをやけど寸前まであてるようにしてから、なんと治ったのです。
「もしや同じ原理で!」
僕はドライヤーをケツの穴に向かって吹かしました。
「熱っ!」
思わずケツの穴がつぼみますが、これはやけど寸前でないと効果はないのです。
日本にはどこの家にもケツ洗い機がついていますがあの程度の温風では駄目です。
やけど寸前、それがテクニックですね。

吹かすこと約二分、僕はそれをつづけました。
すると一週間後、なんと痔がきれいに消えているのです。
どんな薬も効かなかったのにわずか二分風呂上りにドライヤーを当てるだけで治ってしまうなんて。
僕だけなのでしょうか?
それとも医者は知っていて黙っているのでしょうか?
皆さんもよかったら試してみてください。
女性の人はまんこをやけどしないよう特に気を付けてくださいね。

嫁のいない日々

2018/02/26 22:01|メルボルンライフTB:0CM:0
タイトルが紛らわしいがまだ別れたわけではない。
嫁のいない日は、私が料理しなければならないのだ。
もし家に私と息子しかいなければ、息子には勝手に食えと伝え、私自身は出前一丁を食う。
非常に簡単なのだが家にはホームステイガールズが二人いる。
その二人に出前一丁や、たまごがけごはんばかり出すのはちと気が引ける。
そこで私もネットで色々とレシピを調べ今では結構作られるようになっている。
てんぷら、唐揚げ、かつ丼、牛丼、カレー、巻きずし、お好み焼き、焼きそば。そうめん などだがその全てがガールズには非常に受けがいい。
それはなぜか?
決まってるじゃないか。
私の料理の腕が上手いから。。。ではない。
その全てに化学調味料が入っているからさあ!
とはいえ私も若き学生に味の素を直接ドバドバというような反則はしない。
なにせ彼女らは二人ともなったばかりの18歳。健康にも気を配るのがホストファミリーの義務でもあるのだ。
しかし、間接的に入ってしまう分まで私は責任を持てない。
唐揚げ粉、かつ丼に使うめんつゆ、カレー粉、そばつゆ、すき焼きのたれ、焼き肉のたれ、ブルドッグソース。
裏をよく見ると日本のソース、タレにはそのほとんどに化学調味料なるものが入っているではないか。
だからうまい!
私が作ろうと誰が作ろうとそれらを使いこなすかぎりそこそこの料理ができるのだ。
ところが困ったことになった。

ガールズの一人がレントに入ったのだ。
Rent?家賃?
ではない。
Lent だ。
一行に要約すると、
一部のキリスト教徒がイースター前の46日間、食生活に制約を加えること。
となる。
うちにいる二人のガールズはどちらもインドネシア人でどちらも敬虔なクリスチャンであるが、一人はこれをやり一人はやらない。
その一人が今年の制約として、一日一食、肉は食べないと宣誓した。
但し卵と魚は食えるとのこと。
「去年は肉を食わないだけだったのに今年は一食かい?」
と私が訊ねると
「18歳になったから」
との答えが返ってきた。
色々と事情があるのだなあ。
ということで私の料理の材料にも制約がかかる。
肉料理が主な私のレシピには大変なハンデだ。
最も彼女は心優しいから、自分は食えるものだけ食うから気にしなくていいと言う。
しかしおぢさんそうはいかない。
出来るだけのことをしてやろうと思い、マグロステーキとサケの切り身とエビを大量に買った。

そして嫁のいない一夜め。
みんなの大好きなてんぷら。
昭和の天ぷら粉のお蔭で、マグロも鮭も鶏も野菜もうまい。いつもながらの大成功だ。
二夜め、名前は知らんが半透明のエビとイカのバター焼き。でもそれでは腹がはらないから野菜をたっぷり混ぜた焼きそばをそえる。そばは焼きそば学校と書かれた袋のそばでソースがついている。そのソースのお蔭で中に何を入れてもうまくなるというかそのソースの味しかしない。だがみんな喜んで食う。
問題は三日目だ。
先の二日で私の海鮮料理のレシピは終わった。
あとは煮るか焼くか。おおそうだ、今度はフライにしてやろう。
そう思った私は、残っていたマグロをダイスにし、鮭を横に切った。
それに小麦粉を付けとき卵に浸しパン粉を付けて煮えたぎる油にぶち込む。
マグロは成功、味はてんぷらの時と同じく鶏の唐揚げとほぼ同じ。
さて次は鮭だ。
私はなぜかこの鮭に大量のパン粉をこれでもかというほど付着させた。
揚げること五分、どうも見た目が良くない。
P2220062.jpg

この長くて黒っぽいのだ。何かに似ている。食べ物のことだから汚い表現は使いたくないから巨大なかりんとうににているとしておこう。

さて味もかりんとうのように見た目は何かにそっくりでも実はうまかったりするのか?

私は大箸でつかみ口にいれた。
「うわあああ」
それは今まで私が食った魚料理の中で最もまずいものだった。
外はごわごわ内はぐじゅぐじゅ。鮭の風味は飛び焦げたパン粉の味しかしない。
食えたものではなかった。
私は一瞬捨てようかとも思ったが1キロ$30も払って買った鮭をごみ箱に捨てるのが、せこい私にはためらわれた。
まてよこの味。。。その時私の中に過去の記憶がよみがえってきた。
かつて一緒に働いていたオージーのおっさんが内陸(バララットの近く)の湖でとったというウナギを同じように油で揚げて会社へ持ってきた。それを私も食ったわけだが、その激まず、今私が作った鮭フライにそっくりだった。
しかしおっさんはそのウナギフライをうまいうまいといってバリバリ食っていた。
もしかしたら彼女たちもそうかもしれない。また私の息子もなかなかのゲテモノ食いだ。

でもせめて内のぐじゅぐじゅだけはなんとかしようとさらに5分ほど揚げなおした。
味見をすると一段と焦げて一段とまずいが身は硬くなっている。
よし。
私は晩飯レディーの鈴を鳴らした。
すると各部屋から若者たちが出てくる、といっても二人のガールズと息子だ。

息子は座ると同時にバリバリと食い始める。
ガールズはまず皿に盛られた料理を前に手を合わせ目をつむりお祈りをする。
その終わるのを待って
「いやあ、これ失敗だけど試しに食ってみてくれ。無理して食わなくていいよ」
と私は焦げた鮭を指さした。

ところが。。。
レントのガールはマグロより鮭の方が旨いと言い、マグロを返還してあの黒焦げの鮭を何本も食いまくった。
もう一人のガールも結構うまいと言い、息子もまずくはないと言った。
だから10本以上あった焦げ鮭は写真にある通り二本しか残らなかったのだ。
蓼食う虫も好き好き。
いやそれとも今の若者はマックのフィレオフィッシュとかフィッシュアンドドチップスの古い油で揚げた半腐りのサメばかり食ってるからどんな魚でもうまく感じるのか。
確かに、先に今まで食った魚料理の中で最もまずいとは書いたが、よく考えたらフィレオフィッシュよりはうまい。
あれは人間の食い物ではない。

私は瀬戸内の漁師の子。
とーちゃんは魚を捕るだけでなく牡蠣に、エビ、海苔の養殖もしていた。
思えば私は幼少より最高の魚貝の旬の美味をなんの有難味も感じず食べて育ってきた。
しかし豪に長年住み、パサパサのカレイや腐った海苔巻きを食わされて、いかにそれが贅沢であったか思い知らされている。
もし私が漁師の子でなかったら、今私が作った焦げ鮭も旨く感じるのかもしれないねえ。

うんこのくさい季節

2018/01/06 19:25|メルボルンライフTB:0
私は今まで何度も思ったことがある。
なぜ、食べ物のことは誰しもが話すのにうんこはシカト?
「今朝何食べた?」
とは聞くけど
「今朝どんなんでた?」
とは聞かない。
ブログでも
「こんなん食べましたあ」
と写真付きなのはよく見るが
「こんなん出ましたあ」
というのはあまり見ない。

食えば必ず出る。
飲食と排泄は表裏一体、切っても切れない関係になるのに、なぜ片方はあんなにちやほやされるのに片方は完全無視なのだろう。
かわいそうなうんこ。
せめてこの私が、今のこの時期だけでもささやかな、Kマートで買ったソーラーパワーのクリスマスライトのような、スポットライトを当ててあげようじゃないか。

なぜこの時期なのか。
それは一年で一番うんこがくさいのがこの時期だからだ。
と言っても、日本いる人にはピンと来ないだろう。
なぜなら、年越しそば、雑煮、おせち料理を食っても、うんこの匂いは普段と同じ、臭いことはくさいが、とくべつくさいということはないからだ。
でも、オーストラリアでは、いや英国アングロサクソン系の国ではこの時期のうんこがずばぬけてくさいのだ。

それにはちゃんとした理由がある。
この時期、クリスマスから新年にかけて、こっちの人は、大量のチョコレート、チーズケーキ、クリスマスプディン、ミンツパイなどを食べる。
どれもねっちょりもっちゃりした食べ物で重い。
だからなかなか腹が減らず、 腸の中に粘土のように居座る。
であるから当然うんこも濃密度のべっちょりしたものとなる。
ほら上からしょんべんをかけてもなかなか落ちないのあるだろ。あれさ。
あ、失礼、女の子にはちょっとわかりづらいかな、でもちょっと努力すれば狙えるはず。ガンバ!

その便器に張り付いたにちゃにちゃうんこが醸し出す匂いもまた、体に張り付くかのように濃く重い。
そして匂いは格別だ。
またにちゃ便は便秘になりやすく、腸壁にへばりついてでもいるのか数日後でもまだ匂う。
私なんて、今日新年六日なのにまだくさいからね。

もし付き合い始めて間もない恋人でもいる人は、気を付けられた方がいい。
百年の恋も冷めるような匂いだからね。
それから豪に来たばかりのような人は、病気かと思うかもしれない。
違うんだよ。
上記の食べ物に加えてゆで卵を3つ4つ食うともっとすごいのが出る。
腸が腐っているとしか思えない匂いだ。
でもそれは病気じゃない。食いもんのせいなんだ。
だから心配しないで。

でもその臭さ、時に家の中じゅうの空気が、すべてあなたのうんこ。
それが友達の家ででもたれようなら大変だ。
わたしみたいなキモおやじになってしまうと誰も驚かないが、若くてきれいな人だと「あの人がこんな!」とかなりのイメージダウンになってしまうだろう。
そんなのイヤという若くて綺麗な人達のために、何を食ったらその激クサうんこをいち早く放出しきれるかということまで教えておこう。
やはりフルーツだ。
プルーンにバナナ、リンゴ、ミカン、サクランボ、パイナップル、それに豆類、強めのコーヒー、なんかを食えば、しゅるしゅるとはいかなくともかなり早くなる。
屁の匂いの薄れも早まる。
だからこの時期、くさいうんこに悩んでいる美少女や貴婦人は早めに対策を。
私なんかはもうどうでもいいからね。
どこまでくさくなるんだろう?と追い打ちをかけるようにまだ重いもの食ってるよ。(残り物が多くて)

しかし、正月早々、オーストラリアでこんなん食べたらあんなん出るよって。。。しかもその解決法まで。。。ここまで気配りの行き届いたブログが他にあるだろうか。
我ながら、なんという思いやり。

ただ一つ気がかりなことがある。
それは私以外の人のうんこを嗅ぎまわったわけではないということだ。
もし激クサなのが私だけだったら。。。
いやそれはない。
嫁もそうだと頷いた。
嫁の友達のおばはんも頷いた。
そして最近家の中の空気をうんこにされた。
だからみんなもきっとそうなんだ。
そうだと言っておくれよ~。


新年のご挨拶 二千十八

2018/01/01 14:12|未分類TB:0
昨日は大晦日、そして今日は元旦。
日頃付き合いのあるかたには末永いお付き合いを多少疎遠になった方にも久闊を叙する。
それがこの年末年始のあわただしい風物詩。
だからきっと私のブログにも過去お付き合いのあった方や、読者の方が。。。

ユニークアクセス 大晦日 14 元旦 1

ゴーン。。。

私の中に除夜の鐘が鳴った。

あの華やかなシドニーやメルボルンの花火の音は私の心には響いてこない。

わびしい、むなしい、貧乏くさい除夜の鐘の音。。。それが私のブログにはふさわしいようだ。

しかも元旦1ってあんた、これワシじゃないのか?

ということは元旦メルボルン時間午後二時現在、私のブログにアクセスしたのは他ならぬ私一人。

世界に70億人もいるのにこの私のブログは私以外には見向きもされていないのだ。

なんとむなしい。。。やるせない。。。不治の病にでもおかされていたならもう生きる気もせんだろう。

ではランキングはどうなんだろう?

オセアニア 昨日3位、今日11位

たった14のアクセスで3位とな?

ということは、もう誰もやってないのかあああああ!?

最近巷でブログという言葉が聞かれなくなった。
というかニュアンス的には死語に近づいている。
ああ、ブログはこのまま過去の遺物となってしまうのであろうか。

逆にフェイスブックはどこのサイトに行ってもくっついている。
私は、フェイスブックが大っ嫌いだ。
もちろんアカウントも持っていない。
だが誰かや会社のフェイスブックのページに行くと必ずでかでかとページの半分くらい使って入れと催促してくる。
その傲慢さが許せない。
そのにっくきフェイスブックを根絶やしにするためにブログを絶滅させてはいけないのだ!

だからみんなもっと書こうぜ!
毎日書いたらオセアニアでトップになれるかも知れないぜ!
無敵って呼ばれるかもしれないぜ。

無敵。。。ああなんという心地よい響きだろう。

私の人生一度たりとも無敵と呼ばれたことは無い。
常に有敵だ。
どこに行っても何をやっても私より優れた奴がいる。
わんさかいる。
私が無敵になるには、世界中の人々を皆殺しにするしかないっ!

あ、話がそれちゃったね。
ようはさ、一年に一回くらい何か書いてみたかったのさ。
もう誰も読んでないし。。。
どーだっていいんだよおおお。
バカやろう!


皆様にとって素晴らしい年になるよう心より祈念しております。

でも個人的に恨みのある人や嫌いな人には素晴らしい年になってほしくないですね。






検索フォーム



おすすめ記事



フフフ、この謎が解けるかな?


良い習いは地歩地歩

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


リンク


このブログをリンクに追加する


RSSリンクの表示



QRコード


QR


 |  未分類 | メルボルンライフ | メルボルンのニュース | オーストラリアの風俗 | オーストラリアのニュース | オーストラリアの日本関連ニュース | オーストラリアの株、不動産ニュース | おーあおの不動産売買 | 自閉症関連ニュース | 自閉症.AUTISMの真相 | 調査捕鯨 | 海外から見た日本の領土問題 | 面白人間 | 腰抜け物語 | 下痢腹男の苦闘シリーズ | 私立探偵中出好男 | 中年ボロボロフリーターの日記 | 連載小説ワーホリの覚醒1 | 連載小説ワーホリの覚醒2 | 連載小説ワーホリの覚醒3 | 連載小説ワーホリの覚醒4 | あしたのペニ子 | 世界のニュース | 観光関連 | 宇宙関連 | 医療関連 | 教育関連 | ウチの猫 | 国際結婚 | 言語関係 | メラちゃんのジュエリーマーケット | 絵画 | 豪の鳥 | 豪の動物 | 豪の食いもん | サバーブ遊歩日記 | 家の修理 | これから豪に来る人の為に | テニス | ゴルフ | Japanese News (Australia related) | Reserch | おーあおの株取引 | 
Copyright(C) 2008All Rights Reserved. オーストラリアの青い空
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。